無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

労働組合活動による減額補てんの課税手続きについて

当社では、労働組合の非専従者の労働組合活動は欠業扱いとして、給与を減額しています。
一方で、労働組合は給与減額分を補てんしていますが、課税処理していません(源泉徴収していない)ので、本人が確定申告することになっています。
本来であれば、労働組合が源泉徴収義務者となり、源泉徴収すべきでしょうか?

投稿日:2017/09/13 13:58 ID:QA-0072509

*****さん
東京都/鉄鋼・金属製品・非鉄金属

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

労組から賃金を貰う場合の手間を極小にするには・・・

▼ 仰る通り、労組は、従たる給与支給者として、源泉徴収を行い、乙欄の源徴票を発行し、本人は、主たる給与支給者である会社発行の甲欄源徴票と合わせ、確定申告するのが常道です。
▼ 因みに、原則として、従たる給与については年末調整できませんので、所得者本人が確定申告することにより所得税及び復興特別所得税の精算を行う必要があります。
▼ 然し、主たる支給者側では、健康保険・厚生年金標準報酬月額の変更などの作業も加わり、関係者夫々に手間がかかり、歓迎されざる厄介な問題といえます。
▼ そこで、違法ではない、次の方式は如何かと思います。但し、あくまで、「労使交渉による取決め」が条件となります。
① 組合活動による欠業はないものとして、通常の処理を行う(カットせず、支払い、源泉徴収する)。
② 組合活動欠業扱いとして減額するべきだった金額を、会社が組合に請求する。
③ 一種の会社による立替払いなので、組合活動を事由とする健康保険・厚生年金の標準報酬月額の変更も避けられる。
④ 結果的に年末調整おいても、組合活動をしていない社員と同様の処理でよいことになる。

投稿日:2017/09/13 22:44 ID:QA-0072512

相談者より

ご回答ありがとうございました。大変わかりやすく、参考になりました。

投稿日:2017/09/15 06:57 ID:QA-0072530大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート