企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12431件   回答数25793

パートの採用について

いつもありがとうございます。
今回、パートで1名採用いたします。
年齢は60歳前後で、勤務時間は4時間です。
完全週休二日で勤務していただきます。

採用においては1年契約で更新していきますが、
①5年経過後は本人の申し出により無期に転換となるのですか。
②採用時の年齢が60歳前、60歳後では違いはありますでしょうか。

ご教示いただきますようよろしくお願いします。

  • 投稿日:2017/08/08 09:39
  • ID:QA-0071897
専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/08/08 11:30
  • ID:QA-0071904

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働契約法に示されている通り、当人の申し出により5年経過後は無期雇用へ転換させる義務が生じます。また60歳以後でも無期雇用転換については同様に発生します。

  • 投稿日:2017/08/08 14:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

仮に60歳で採用し、5年経過して65歳になった場合、この法律であれば本人が辞めるまでは雇い続けないといけないのでしょうか。それを防ぐ方法はあるのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/08 11:43
  • ID:QA-0071906

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について
 5年経過後は、無期転換対象となります。

②について
 違いはありません。

  • 投稿日:2017/08/09 11:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/08 11:57
  • ID:QA-0071907

代表者

パート(短時間労働・有期雇用)の無期転換

▼ 質問 ① はい、無期労働契約への転換ステップは、「本人の申込み」⇒「転換」⇒「無期労働契約」となります。但し、「5年経過のカウント開始」は、H25年4月1日なので、最も早い場合でも、 H30年4月1日となります、
▼ 質問 ② いいえ、法は、採用時の年令に制限を設けていません。(詳細を知りたい場合は、厚労省ネット、「無期労働契約転換」で検索して下さい)

  • 投稿日:2017/08/09 11:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
厚労省のネットを検索してみます。

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/08 22:49
  • ID:QA-0071915

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「仮に60歳で採用し、5年経過して65歳になった場合、この法律であれば本人が辞めるまでは雇い続けないといけないのでしょうか。それを防ぐ方法はあるのでしょうか。」
― この問題につきましては、残念ながら高年齢者を念頭に置いた法整備がなされなかったこともあって、当掲示板上でも度々ご相談がございます。それ故現状では法令上明確な定めがございませんが、労働契約法改正の主旨(継続的な有期雇用契約者について正社員並みの雇用安定の確保)からしましても、無制限の半永久的雇用まで認めているものではないと考えるのが妥当でしょう。但し、これについては異論もございますので、あくまで一人の専門家としての私見とお考えください。仮に高年齢者の採用が多いようであれば、混乱を防ぐ為あらかじめ無期転換社員についての新たな定年を定めておかれるとよいでしょう。
ちなみに、御社に定年制があれば、定年を超えて引き続き雇用される有期雇用契約者につきましては、雇用に関する計画書を労働基準監督署へ提出し労働局長より認定を受ける事で無期転換権を発生させない事が可能になりますので、所轄の監督署へご相談されることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2017/08/09 11:32
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
丁寧なご説明までいただきまして大変感謝しております。
高年齢者のパート社員は現在1名でもう1名高年齢者を採用はしたく、無期転換権がありますが働いていただけるうちは働いていただこうと思います。

お忙しい中、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...