企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12317件   回答数25521

登記した住所と事業所について

はじめまして。
現在従業員を1名雇用しており、キャリアアップ助成金の正規雇用転換コースの計画書を提出済みです。

登記した住所で事業を行っていたのですが、業務や資金の問題で近々事業所を移転しようと思っています。事業所数は1つです。

事業所が他県に移る予定ですので、雇用保険や社会保険の管轄も変わるため変更の手続きが必要と思います。
また、助成金の対象の管轄も変わると思いますが、提出済みの計画書の内容や期間等は考慮して引き継いで下さるのでしょうか?

あと、登記住所と事業所の住所が異なり、都道府県も変わりますが、これにより助成金の受給の審査では不利となってしまうのでしょうか?

  • まーろんさん
  • 大阪府
  • 通信
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:助成金
  • 投稿日:2015/02/25 00:09
  • ID:QA-0061689

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2015/02/26 17:38
  • ID:QA-0061714

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

キャリアアップ助成金に関しましては、ご周知の通り「キャリアアップ計画」を作成して、それについて「管轄の労働局長の認定を受けること」が要件とされています。

こうした要件からしますと、移転先の労働局からも認定を受けることが必要ではと思われますが、レアケースですので、助成金の窓口であるハローワークに直接ご確認されるのがよいでしょう。

  • 投稿日:2015/02/26 22:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
事業所を移転するにあたり、事実上の本店所在地も変わっていることになるとは思いますが、金銭面を考え定款等を変えずにそのままにしようかと思ったのですが・・・

こういった内容を直接労働局やハローワークに聞いてもいいものなんでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/02/26 22:35
  • ID:QA-0061719

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問された定款の問題ですが、助成金受給はもとよりそもそも人事労務の問題ではございません。定款の制定や変更に関しましては、会社組織に関わる会社法務上の問題といえます。従いまして、ハローワーク等労働分野の役所や人事労務の専門家ではなく、会社法務に精通した弁護士・経営コンサルタントといった専門家にご相談されるのが適切です。

  • 投稿日:2015/02/28 14:46
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
法務ご担当の方に質問してみようと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
助成金の経理処理
お世話になっております。 助成金の受給をしたのですが、助成金の経理処理をどのようにすればよいでしょうか?仕訳を教えて頂ければ嬉しく思います。
継続雇用に関する助成金について
継続雇用に関する助成金について、質問させてください。  弊社では、以前から定年等の取決めは就業規則等で定めてはいなかったのですが、そういった事業所でも、受給資格はあるのでしょうか。
登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立 企業の“生の声”が聞ける
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>従業員サーベイの実態調査

注目コンテンツ


注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。



女性活躍推進特集

数ある多様な働き方の実現を支援するソリューションの中でも、特に女性の働き方に焦点を当てたサービスやセミナーをご紹介いたします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...