企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12972件   回答数27109

スマホ・タブレットを使用した採用選考について

 2016年卒の新卒採用の計画を進めている中小企業の人事担当者です。
 その中で、経営より来期の選考にスマホ・タブレット等を使用した課題を提出させ、選考の参考資料にしたいという意見がありました。
 具体的には、iphone、Android搭載端末から自社のアプリをダウンロードし、その使い勝手に対する感想をレポートにするというものです。
 これは極論すると、スマホを持っていない学生はその後の選考を受けることができないということになり、ただでさえ人集めが厳しい中、せっかく興味を持ってくださっている学生さんが、スマホがないだけで選考対象から除かれてしまいかねないことを非常に危惧しています。
 「採用の自由」の範囲内だとは思うのですが、このような選考が許容されるものであるのか、また懸念される点や注意点につきまして、ご教示いただけましたら幸いです。

  • kiyoさん
  • 神奈川県
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2015/01/17 17:49
  • ID:QA-0061299
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2015/01/19 09:42
  • ID:QA-0061304

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご認識の通り選考方法に関しましては原則会社側の自由裁量になりますのでスマホ・タブレットを使用した選考をされる事でも特に違法性はございません。また今日でのスマホの若い世代への普及拡大を考えますと実務上大きな支障まではないかもしれません。

但し、業務で必ずスマホ・タブレット使用が求められるというのであれば別ですが、そうでなければ所有無の学生がいる場合何らかの代替措置(別課題の提示等)を用意されている方が望ましいといえるでしょう。あくまで選考のツールに過ぎませんので、その辺は良い人材を確保するという主旨からも臨機応変な対応をされるのが賢明と考えます。

  • 投稿日:2015/01/19 11:33
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございました。
やはり代替措置は必要ですね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/01/19 12:43
  • ID:QA-0061311

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご質問の件は、目的が重要です。

今や大学生のスマホ所有率は98%、高校生でも90%といわれております。
採用しようする、業務内容にもよりますが、
代替措置までは不要という判断でもよろしいでしょう。

選考についても、おもしろい採用選考だと思います。
ただし、
一石二鳥でもあり、マーケティングの資料ともなりますので、
それが主目的となれば、トラブルともなりますので、
あくまで、採用判断が主ということが重要です。

  • 投稿日:2015/01/19 16:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございました。
目的が重要とのこと、再認識させられました。
その点を明確にして設計していきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2015/01/19 14:00
  • ID:QA-0061313

代表者

採用選考の要素とするには、適切とは思えないが・・・

2つの問題点が考えられます。 先ず、ご懸念のスマホ所有の有無による、 ダウンロードの可能性の問題です。 次に、 返信レポートの代筆の可能性です。 従って、採用選考の要素とするには、適切とは言えないと思います。 仮に、進めても、採用活動としての効果は如何がなものでしょうか。

  • 投稿日:2015/01/21 08:28
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。