無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

社宅有無の割合

お世話になります。
新卒および第二新卒採用を考えているのですが、社宅の有無がポイントになると思っています。
社宅保有を条件としている会社の割合はどの程度なのでしょうか。
もし、お分かりになる方がいらっしゃたら、ご教示いただきたいと思います。
よろしくお願いします。

投稿日:2012/12/26 10:23 ID:QA-0052633

濱田さん
東京都/その他メーカー

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

社宅の保有率ですが、財団法人労務行政研究所による2008年調査データによりますと、会社規模別で従業員1000人以上では55.8%,300~999人では35.5%,300人未満では8.1%となっています。

ちなみに、新卒採用で社宅有無が必ずしも重要ポイントとなるとまではいえません。遠隔地への転勤有無等事業の特性にもよりますし、また社宅の代わりに住宅手当等の支給を行なうことも考えられます。近年社宅廃止を検討または実施している会社も増えてきていますので、そこは企業方針や運営コスト等も考慮した上で判断されることが重要です。

投稿日:2012/12/26 12:21 ID:QA-0052637

相談者より

ありがとうございました。大変参考になりました。社宅の保有率は想定以上の数字でした。コメントの通り、社宅以外の選択肢も考えていきたいと思います。

投稿日:2012/12/26 12:49 ID:QA-0052641大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

保有率は漸減、ネット検索を活用

数年前の某調査では、企業規模によって違いますが、保有率は、ザックリ言って、独身寮 5割、社宅 4割という感じでしたが、その後、老朽化、維持管理コスト、不公平感、福利厚生施策としての存在意義などの観点から、廃止・縮小により、それぞれ、1割程度低下しているものと推測しています 。期近の調査資料は見当たりませんが、 「 独身寮 」・「 有無 」 で、ネットサーチされると、気に入った情報が入手できるのではないかと思います。

投稿日:2012/12/26 13:07 ID:QA-0052643

相談者より

ありがとうございました。
早速、確認します。

投稿日:2012/12/26 13:25 ID:QA-0052644大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

減少傾向

国土交通省の統計では、法人所有福利厚生施設は年々減少傾向を示しており、社宅・従業員宿舎は1993年の165.9百万m2から、2008年には92.6百万m2まで減少とのことです。単純に率だけでなく、実体として、大手企業でも減少傾向にあると考えられます。小職の担当経験上、退職問題等への対応でかなり手間がかかるデメリットもありますので、採用の決定的要素とは言えないようにも思えますので、ぜひじっくりとご検討いただければと思います。

投稿日:2012/12/26 22:28 ID:QA-0052656

相談者より

ありがとうございました。アドバイスの内容を踏まえて採用のスタンスを考えます。

投稿日:2012/12/27 08:41 ID:QA-0052663大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート