企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14344件   回答数30483

パートタイマーの定年延長について

高年齢者雇用安定法により、弊社では現在60歳の定年退職以降について選定基準を設けて、その基準に合致する者を「嘱託社員」として定年後の再雇用をしています。
この選定基準が廃止され希望者全員を継続雇用しなければならなくなった場合、パートタイマーも同様に60歳以降も継続雇用措置が必要でしょうか。
弊社ではパートタイマーの定年退職年齢は60歳となっています。
60歳だからそれ以降の契約更新はないということができなくなるのでしょうか。
お手数ですがご回答いただけますようお願いします。

  • *****さん
  • 愛知県
  • 商社(専門)
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2012/05/21 14:59
  • ID:QA-0049588
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2012/05/21 15:43
  • ID:QA-0049590

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

パートさんの定年延長

現在の高年齢者雇用安定法では、パートさんの場合でも、定年制度がある場合は、正社員と同じ扱いをすることになっています。
▲パートさんでも、期間雇用者には制度の適用はされません。
ポイントとしては、正社員であれ、パートさんであれ、期間の定めがあるかないかで区分されています。
希望者全員を継続雇用となった場合には、同じ傾向が予測されます。

  • 投稿日:2012/05/21 17:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/05/21 22:34
  • ID:QA-0049597

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

パートタイマーで有期雇用契約であれば、その性質上定年までの雇用自体が保障されているといえませんので、継続雇用措置を必ず採らなければならないといった義務まではないものと考えられます。

しかしながら、そうしたパートタイマーであっても契約更新を繰り返した結果定年にまで至った場合ですと実質的には契約期間の定めのないものと判断される可能性が高いですので、そうなれば当人が希望する場合には正社員同様に継続雇用を行う措置が求められるものといえます。

従いまして、選定基準の問題というよりは、パートタイマーの実質的な雇用の継続性により判断すべき事柄であるというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2012/05/22 09:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/05/21 22:49
  • ID:QA-0049598

人事・経営コンサルタント

契約期間

パートか社員かより、有期契約か無期かが分かれ目です。
パートであっても雇用期間を定めず、長期間継続して雇用がなされていれば正社員と同じ雇用への期待が発生します。「パートはすぐ雇止め出来る」という誤解が多いので是非ご留意ください。これを防ぐのであれば有期で確実に契約更新をすることになりますが、年齢はともかく、有能な方であれば、60歳以後でも雇用を続ける企業は少なくありませんので、御社のご判断によるところです。

  • 投稿日:2012/05/22 09:37
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...


究極の人事給与システムとは何か?

究極の人事給与システムとは何か?

優れた人材を採用し、働きやすい環境を整え、企業の成長に不可欠な人事戦略...