企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14260件   回答数30268

1箇月単位変形労働時間制の時間外労働について

質問させていただきます。
弊社は1箇月単位の変形労働時間制を採用しております。
1週について時間外労働になる場合の定めとして「就業規則等により、週40時間を超える時間を定めた週はその時間、それ以外の週は週40時間を超えて労働した時間」と定められておりますが、就業規則には「週40時間を超える時間を定めた週」に該当する項目が見当たりません。変形期間(1箇月)を通して週平均40時間以内とするという規定は存在します。「週40時間を超える時間を定めた週」といえるにはどのように運用すればよいのでしょうか。

  • *****さん
  • 大阪府
  • 保安・警備・清掃
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2009/02/05 15:26
  • ID:QA-0015064
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2009/02/05 22:57
  • ID:QA-0015066

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

1ヶ月変形労働時間制におきまして時間外労働となる範囲は広く、

・就業規則等により、1日8時間を超える時間を定めた日はその時間を超えて労働した時間、それ以外の日は1日8時間を超えて労働した時間
・就業規則等により、週40時間を超える時間を定めた週はその時間を超えて労働した時間、それ以外の週は週40時間を超えて労働した時間
・上記以外で、1ヶ月の法定労働時間の総枠を超えた時間

となります。

つまり、たとえ週平均で40時間以内の労働時間となっているとしましても、1日または週単位で時間外労働が発生することがありえます。このような場合、会社で時間外労働を認めないといった別の取り扱いをする事はできませんので注意が必要です。

文面では、「週40時間を超える時間を定めた週に該当する項目が見当たりません」とございますが、実際に週40時間を超える時間を定めた週自体が存在していないということであれば、その点につき時間外労働が発生しないということだけですので特に問題にはなりません。

但し、週単位での時間外労働に関する「規定自体が存在しない」のであれば明らかに規定上の不備ですので、早急に上記法的要件に合うよう当該規定の追加をされる事が必要です。

  • 投稿日:2009/02/06 09:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

重ねてとなりますが、質問させていただきます。
就業規則では「各日の勤務は毎月前月中に勤務予定表により当月1カ月分の勤務を指定する」という形で各日の勤務時間を定めています。当社は1週間を日曜日から土曜日と定めていますので、各日の勤務時間を定めれば「週40時間を超える時間を定めた週」といえるのでしょうか。
実際のシフト運用上、歴月カレンダーの土日の数を公休としています。祝日は公休としてカウントしていませんので、祝日を休と土日のいずれかに1日出勤しなくてはなりません。その場合、その週は8H×6日で48H勤務の週となってしまいますが、このようなシフトに対応するためには1箇月の勤務シフト以外に何か規定を設けなくてはならないのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2009/02/06 11:22
  • ID:QA-0015079

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事頂き有難うございます。

再度ご質問の件ですが、「各日の勤務時間を定めれば「週40時間を超える時間を定めた週」といえるのでしょうか」につきましては、ご認識の通りです。

つまり、各日の勤務時間を定めた結果、ある週の勤務時間が40時間を超えることになれば、文字通り「週40時間を超える時間を定めた週」を定めたことになります。

その点は勤務シフトを見れば明白ですので、敢えて「週40時間を超える時間を定めた週」について別に何かを定める必要はございません。

同制度の運用におきまして最も重要な事は、事前に週平均40時間以内になるよう各労働日・労働時間を定めておく事、及び時間外労働が発生した場合には割増賃金の支給を行なう事、この2点といえるでしょう。

  • 投稿日:2009/02/06 11:33
  • 相談者の評価:大変参考になった

迅速なご回答有難うございます。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人事課題」への対応で求められるものとは?<br />
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

「人事課題」への対応で求められるものとは?
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

2005年にバンダイとナムコが経営統合を実現した後、バンダイナムコホー...


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...