企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14899件   回答数31934

研修費用捻出方法について

現在、社員数500人程度の会社ですが、人事部発の、社員研修という研修が今まで皆無でした。
今回、階層別研修を軸に、コミュニケーション、リーダーシップ、コーチング関連の研修を確立すべく、現在奮闘中です。
この様に、過去の研修に関する社内データが全くない中で、提示された研修予算は、年間250万円強です。
これでは、何もできない。。と、少々後ろ向きになってしまっている状態ですが、人事部としての予算がないのであれば、各部門から費用を抽出しようという案をふと思いつきました。
そこでご相談ですが、企業研修を積極的に導入されている、中規模の会社では、この研修費用はどこから捻出されているのでしょうか?
人事部として力を入れていらっしゃるところもあれば、各出席者の部門へ支払い請求を行っているところと様々かと思いますが、現在の風潮として、他の会社がどんな形で、研修予算を確保しているかを知る事で、私の上司への提案も説得力が出ると思いますので、今回投稿させて頂きました。
どうぞよろしくお願い致します。

  • *****さん
  • 東京都
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2007/12/21 10:12
  • ID:QA-0010864
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/12/22 15:00
  • ID:QA-0010872

代表者

研修費用の賦課方法

■研修費用の《捻出》方法とありますが、人事部予算として使える、年間250万円強を超過する明示的経費の社内における《賦課》方式の問題だとお見受けします。社内経費についても、本社口や一般口などの名称で呼ばれる全社的勘定で持ちきりにすることは、会計の透明度を損なうとして、受益者負担の賦課方式への移行が要求されています。
■その意味では、研修経費の全額を受益部署の負担とすることが最も望ましいわけです。然し、このことは、目先、負担部署の予算達成を困難にすることになるので、研修内容の如何によっては、負担部署長から、異論が噴出することも珍しくありません。
■要は、そのような負担をしてでも、部下に受講させたいと負担部署長が考えるような魅力が、ご検討中の研修内容にあるかどうかにかかっていると思います。

  • 投稿日:2007/12/22 15:00
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/12/25 08:00
  • ID:QA-0010875

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

中期的な戦略性

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

■事業部門への賦課の考え方
 中堅企業においても、ビジネスモデルに直接関わるスキルに関する研修の主催及び費用負担を、事業部門主体としている例は多く見られます。
 ただし、その場合、事業部門にプロフィットセンターとしての独立性がなければ、結局財布は一つですので、会社としての経営上の意味は薄いといえます。

■社内リソースを活用する戦略
 ご検討中の研修内容(※コミュニケーション、リーダーシップ、コーチング関連)は、いずれも組織マネジメントの強化に関わる事項とお見受けします。
 そうであれば、研修運用を極力社内リソースによって自立的に進められる体制作りを目指すのが賢明でしょう。
 例えば、リーダーシップ強化のためのファシリテーション研修を行う場合、社内で候補者を募り、ファシリテーターそのものを並行的に養成するようにします。
 そうすれば、一時的に費用が多少嵩んでも、2年目以降の費用を削減できると同時に、チェンジエージェントとなって組織内への定着を担ってもらえるようにすることができます。

ご参考まで。

  • 投稿日:2007/12/25 13:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

「社内リソース活用戦略」のご提案、どうもありがとうございました。
実は、ある程度の研修を導入したら、そこから自身が講師となる様にー。という会社の方針が見え隠れしている状況なので、非常に脅威を感じながら研修に対する重要性について、予算も含め、専門のファシリテーターの必要性も含め、会社理解を得られないものかと模索しているところでした。
プロに任せないとできない!という思い込みは捨て、ファシリテーターの養成についても前向きに検討していきたいと思います。
視野が少し広がりました。
どうもありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成
new

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...