企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは

小池 陽子さん(ライオン株式会社 執行役員 人材開発センター部長)
大山 展広さん(ライオン株式会社 人材開発センター 主任部員)

テレワーク推進やフルフレックス導入で、働きがい向上へ

2020年はどの会社も、新型コロナウイルスの影響を少なからず受けています。貴社の人材開発の側面からはいかがでしょうか。

小池:ライオンでは昨年7月に、社長が「働きがい改革宣言」を発信しました。働きがいを持つことが、生産性の向上へとつながるからです。

働きがいにつなげていくための二つのアプローチがあります。一つは多彩な能力発揮を最大化する「ワークマネジメント」、もう一つは多様な働き方を受け入れて自律性を重んじる「ワークスタイル」です。先ほど大山がお話しした「ライオン・キャリアビレッジ」はワークマネジメントの文脈ですが、これらのアクションを下支えするのが、従業員同士の関係性と健康経営です。「まずやろう」「互いを認め合おう」を合言葉に、昨年からさまざまな取り組みを始めています。その一つが「ワークスタイル変革」で、働き方の多様化に向けての取り組みです。

働きがい改革を2019年7月に宣言(LION株式会社)

昨今はテレワークの重要性が高まっていますが、当社では昨年から取り組みを行っていたことが功を奏し、スムーズにテレワークに移行することができました。スタッフ部門のテレワークから始め、徐々に部門を拡大。特に2019年夏に「テレワーク・デイズ」に参画したことで、利用経験率は12%から45%へと伸長しました。

また、服装の自由化のほか、フルフレックス制度の導入も検討しています。現在は10時から15時をコアタイムとしたフレックス制度を採用していますが、今後はコアタイムを設定しない制度への移行を検討しています。コロナ禍で、新しい働き方が生産性や働きがいの向上につながることを実感できたので、元に戻ることがないよう、進化を続けていきたいと思います。

今後、人材開発について企画されていることや実施を予定していることはありますか。

小池:コロナ対策とは別で、ワークマネジメント変革を進めています。「ライオン・キャリアビレッジ」をベースに、さらに強化していきたいのがキャリアデザインサポートです。個人がしっかりキャリア設計をできるよう、支援する窓口を設けました。「ライオン・キャリアビレッジ」はすべてのコンテンツがオープンになっているため、将来のための能力開発にも役立ちますし、受講したコンテンツが可視化されるため、人事部門としても受講状況によって異動希望者の本気度が分かります。

ワークマネジメント変革(LION株式会社)

また副業制度も、従来の許可制から申告制へと変更しました。多面的な能力開発をする場は、必ずしも社内とは限らないからです。人生100年時代といわれる現在、ライオンがキャリアの終点ではない社員が増えていくかもしれない。従業員自身がキャリアを自律的に切り開いていくために、会社としてサポートできることは何かという視点を持ちつつ、今後も新しい施策を考えていきたいですね。

人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり 自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは

(取材は2020年7月9日、オンラインにて)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった4
  • 共感できる2
  • 実践したい2
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ8
最新順 | 人気順 | 古い順
ふぁふぁふぁさんが参考になったでオススメしました
東京都 旅行・ホテル 2020/11/05

 

*****さんが共感できるでオススメしました
東京都 不動産 2020/10/22

 

*****さんが実践したいでオススメしました
兵庫県 機械 2020/09/13

 

*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 コンサルタント・シンクタンク 2020/09/01

 

*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 その他業種 2020/08/25

 

キングペンギンさんが参考になったでオススメしました
東京都 HRビジネス 2020/08/20

 

*****さんが共感できるでオススメしました
東京都 商社(専門) 2020/08/18

 

*****さんが実践したいでオススメしました
三重県 鉄鋼・金属製品・非鉄金属 2020/08/18

 

8件中 1~8件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

日本電気株式会社(NEC)、NECマネジメントパートナー株式会社:
「やり抜く組織」へとカルチャー変革を進めるNECグループ
BI・AIを活用した社員エンゲージメント向上施策とは
NECグループは、2018年度からスタートした中期経営計画において、「実行力の改革」を重要な課題の一つとして挙げています。「やり抜く組織」へとカルチャー変革を進...
2021/01/25掲載
株式会社ニトリホールディングス:
そのテクノロジーは何のため?
個人と深く向き合い成長を促す、ニトリのテクノロジーを活用したキャリア開発
ニトリホールディングスの躍進が止まりません。コロナショックで多くの企業が業績を悪化させる中、巣ごもり需要を追い風に、33期連続増収増益の記録を今期も更新しそうな...
2021/01/06掲載
カゴメ株式会社:
ウェルビーイング時代の人事のあり方
カゴメが推し進める、働き方の改革の先をゆく「生き方改革」とは
日本の人事部「HRアワード2020」企業人事部門 最優秀賞に輝いた、カゴメ株式会社。多くの企業の注目を集めたのは、多様な働き方を推進し、より良い働き方と暮らし方...
2020/12/24掲載

関連する記事

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第15回】
キャリア開発研修を「違反者講習会」にしないために、今こそ、刷新を!
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2021/01/15掲載編集部注目レポート
企業のシニア人材マネジメントに関する実態調査(2020)(パーソル総合研究所)
(1)日本企業がシニア人材マネジメントに対して抱えている課題感や制度・施策の実施状況・方針などの実態を明らかにする、(2)シニア人材の活躍を促す制度・施策や企業...
2021/01/08掲載HR調査・研究 厳選記事
職場のモヤモヤ解決図鑑【第12回】
資格取得やスキルアップ研修……
社員のキャリア開発支援、どんなものがある?
キャリア開発支援の導入について、社員からは「部署移動」や「資格補助」などさまざまな要望が出てきますが、すぐに手を付けられるとは限りません。会社が行うキャリア開発...
2020/12/23掲載編集部注目レポート
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第14回】
<2021年大予想>プロティアン型のキャリア開発が生産性向上の鍵を握る
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/12/23掲載編集部注目レポート
「従業員のキャリア開発支援」の必要性を感じている企業は約9割に及ぶが、「行いたいができていない」企業が約4割
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/12/22掲載人事白書 調査レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...