企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

応募者の入社意欲や面接満足度をどう
高めればいいのか
テクノロジーで採用面接の
コミュニケーションを“見える化”した
村田製作所の取り組み

株式会社村田製作所 企画管理本部 人事グループ 人事部 部長

畑尾直哉さん

畑尾直哉さん(株式会社村田製作所 企画管理本部 人事グループ 人事部 部長)

人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビューに終始することが多い面接は、客観的に検証することが難しいのも事実です。こうした現状に一条の光を差し込むのが、自社開発したセンシングデータプラットフォームを活用する株式会社村田製作所の取り組みです。面接時の非言語コミュニケーションを可視化する「NAONA×Interview」の仕組みを通じて自社の面接傾向を分析、応募者の入社意欲向上や面接官のスキル向上につなげています。同社人事部 部長の畑尾直哉さんに本取り組みを通じた採用面接の変化や、今後の展望などをうかがいました。

Profile
畑尾直哉さん
畑尾直哉さん
株式会社村田製作所 企画管理本部 人事グループ 人事部 部長

はたお・なおや/1991年に自動車関連会社入社後、2000年に株式会社村田製作所へ入社。関係会社(生産事業所)出向や本社での人事業務を経て、2013年に海外(中国)現地法人、2016年に国内関係会社の管理部門長を経て、2018年より人事部長(現職)を担当。

「幅広い年齢層に1対1で向き合う」中途採用ならではの課題

貴社における採用活動の現況をお聞かせください。

当社の事業領域の拡大を受けて、ここ数年はグループ各社で採用が盛んになっています。グループ全体では新卒採用と中途採用でそれぞれ年間250人ずつほど、多いときには300人近く採用しています。私自身も中途入社者の一人ですが、新卒採用と同程度の採用規模になったのは最近のことです。

中途採用は一昔前まで、買い手市場の印象が強くありましたが、ここ数年は完全な売り手市場。能力のある魅力的な人材は、引く手あまたの状況です。特にエンジニアなど技能職の採用では、まったく異なる業種ともバッティングするようになりました。

新卒採用にはない、中途採用ならではの課題はありますか。

選考過程で辞退する応募者が多いことが、一つの課題でした。採用活動では、応募者に自社のビジネスの将来性やビジョンを伝えていくことが重要です。しかし、大規模な説明会などでメッセージを伝えられる新卒採用とは異なり、中途採用は応募者とのコミュニケーションの場が面接や入社後のオファー面談など、1対1の場に限られがちです。また、中途採用者の年齢層は、以前であれば20代から30代前半が中心でしたが、現在は20代から40代までと年齢層が広がっています。併せて、さまざまな職種での募集であることから、一律の説明ではなく、応募者一人ひとりに向き合う必要もあります。

現在、当社の中途採用チームは10人弱。各事業部門やスタッフ部門などから面接に参加してもらっていますが、採用活動における対応が増えていることは間違いありません。

面接は、応募者の入社意思決定における重要な場。面接を通じて応募者の入社意欲を向上させるアプローチは重要で、コミュニケーションが一方通行ではうまくいきません。これは新卒採用でも同じことで、入社後に「思っていた仕事とは違う」と感じることがあれば、その後の定着にも影響を与えます。入社後に長く働いてほしいのであれば、面接の場で可能な限り、応募者に対して動機づけをすべきでしょう。

それでは、どのような工夫が必要なのか。例えば、面接官から応募者に「伝える中身」は当社でも考え続けていましたが、その中身の「伝え方」はあまり検証できていませんでした。こうしたタイミングで始まったのが、当社のセンシングデータプラットフォーム「NAONA」を活用した実証実験でした。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった2
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ2
最新順 | 人気順 | 古い順
蓉子さんが参考になったでオススメしました
東京都 その他業種 2020/04/17

いいこと書いてあるわ

*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 その他業種 2020/03/17

 

2件中 1~2件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載
株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載

関連する記事

酒場学習論【第12回】八戸「OLD SHOES」と転職者の受け入れ対応
気持ち的になかなか旅には出られないので、つい地方の酒場に想いを馳せます。今月ご紹介するのは、八戸「たぬき小路」にある「OLD SHOES」。素晴らしいバーです。
2020/09/18掲載編集部注目レポート
真田茂人さん(株式会社レアリゼ 代表取締役社長 / NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長):
人が変われば組織が変わり、組織が変化すれば社会がよくなる
心理学を学んだことで人・組織・社会の課題を解決できると確信した
従業員のためにさまざまな研修を実施しているのに、なかなか目に見える成果があらわれない。人材開発に関わる多くの人事パーソンにとって、切実な悩みではないでしょうか。...
2020/09/14掲載HR業界TOPインタビュー
中途採用の面接官トレーニングには消極的? 「今後も実施の予定はない」が約半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、中途採用の面接官トレーニングについての結果を紹介します。
2020/07/21掲載人事白書 調査レポート
尾形真実哉さん:
リアリティ・ショックの扱い方がポイントに
新入社員の組織適応を促す要素とは
この4月に、新入社員を迎えた企業は多いでしょう。昨今の労働力不足を考えると、採用した人材が組織に定着し、長きにわたって活躍するしくみを整えることは、企業にとって...
2020/07/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”
新卒採用の裁量には「人事部門の計画」が最も影響する
『日本の人事部 人事白書2020』から、採用に影響を与える要素の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


ビジネス界の重鎮が提言!<br />
 語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

ビジネス界の重鎮が提言!
語学力偏重にモノ申す~日本人のグローバルリーダーはまず日本語から育てよ~

日本のビジネスパーソンが海外で活躍するためには、何が必要なのでしょうか...