企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部

異業種へのチャレンジが、個の力を伸ばし組織を成長させる!
社員の“主体的なキャリアチェンジ”をサポートする、ソニーの社内募集制度

ソニー株式会社
人事センター 人事1部 統括部長 北島久嗣さん
人事センター 人事1部4課 統括課長 堀田綾子さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビやオーディオなどのプロダクトから、音楽や映画といったエンターテインメント、金融まで事業を幅広く展開するソニー。新しい時代に対応できる組織へと構造改革を図り、成長のフェーズへと舵を切った2015年に、一人ひとりが主体的にキャリアを築ける施策をスタートさせました。ベースとなったのは、1966年から続く社内独自の社内募集制度。個々のチャレンジ精神とビジネスニーズに基づく求人のマッチングをより柔軟に行えるように、多様な仕掛けを設けています。運用開始から2年が過ぎた今、社内にはどのような変化や効果が見られたのでしょうか。施策に携わった人事センターの北島久嗣さんと堀田綾子さんにお話をうかがいました。

プロフィール
北島久嗣さん
北島久嗣さん
人事センター 人事1部 統括部長

(きたじま ひさつぐ)ソニー株式会社入社後、労務、人事、研修、採用、事業部人事、海外事業所人事を担当。2015年3月より本社組織の人事に着任。2016年2月より採用部に兼務し、リソースマネジメントを担当。

堀田綾子さん
堀田綾子さん
人事センター 人事1部4課 統括課長

(ほった あやこ) ソニー株式会社入社後、採用、国際人事、人材育成、組織開発などを経験。2014年度より社内募集等キャリア・リソース施策を担当。

50年以上続く制度を刷新し、成長フェーズを軌道に乗せる

ソニーでは、かなり古くから「社内募集制度」が根づいているそうですね。

北島:はい。創業者の一人である盛田昭夫が旗振り役となって1966年から導入し、50年以上続いています。新たなメンバーを求める部署が社内に求人を出し、社員が応募するという仕組みです。現在では大手を中心に多くの日本企業が採用していますが、ソニーの場合は、個人の意思を尊重し、組織風土の源泉の一つになっているところが大きな特徴といえるでしょう。応募にあたり、基本、上長の承認は必要ありません。応募した部署とうまくマッチングしたら、その時点で成立します。

マネジメント職には社員の成長をサポートする役割が求められますが、社員それぞれがキャリアを築いていく中で、組織は邪魔をせず、一人ひとりの想いに真剣に応えることも重要。それが社内の風通しをよくし、組織の推進力へとつながると考えられてきました。

その社内募集制度を、2015年にリニューアルしたそうですが、どのようなねらいがあったのでしょうか。

堀田:2015年、成長と変革のフェーズに切り替わる中、会社を軌道に乗せるために人事部門ができることは何なのかについてディスカッションを重ね、社内募集制度にフォーカスしました。これまでのべ7000人に利用され、新しいキャリアを築くきっかけとなってきた社内募集制度は、社員にとってもなじみ深く、ソニーのDNAであるチャレンジ精神の象徴ともいえます。それを発展させることで、さらに多様な挑戦の場を提供したいと考え、リニューアルを行うことにしたのです。

北島:ソニーの事業は、ハードウェアに始まり、ゲーム・ネットワークに半導体、エンターテインメント、それから金融と非常に多岐にわたります。私たちのビジネスも、新しいものの見方を取り入れた、今までの延長線上にはない展開を求められています。その実現には一人ひとりの社員が持つ“個の力”が問われるわけですが、考えてみればこれまでのソニーを支えてきたのも“個の強さ”があってのことでした。そこで社内募集制度のバリエーションを増やし、より個の力を引き出す環境を整えようとしたわけです。


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
※メールアドレスの登録のみで手続きは終了です。
ログイン/会員登録はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

となりの人事部のバックナンバー

異業種へのチャレンジが、個の力を伸ばし組織を成長させる!
社員の“主体的なキャリアチェンジ”をサポートする、ソニーの社内募集制度
テレビやオーディオなどのプロダクトから、音楽や映画といったエンターテインメント、金融まで事業を幅広く展開するソニー。新しい時代に対応できる組織へと構造改革を図り...
2018/06/14掲載
<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会:
人事が変われば、会社も変わる。
人生100年時代に求められる「チェンジドライバー」としての人事とは
「人生100年時代」の到来により、人々の働き方やライフスタイルが、大きく変化しようとしています。企業においては、AIやビッグデータの活用がさらに進んでいくでしょ...
2018/03/05掲載
森下仁丹株式会社:
オッサンも変わる。ニッポンも変わる。
第二の人生を賭けたチャレンジ求む 森下仁丹の「第四新卒採用」とは
2017年3月1日、一般新卒採用の解禁日に合わせて掲載されたある求人広告が、大きな注目を集めました。「オッサンも変わる。ニッポンも変わる。」というインパクトある...
2018/02/16掲載

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第66回
「社内公募制度」「FA制度」で適材適所の人材管理を実現する(後編)
ビジネスや仕事のあり方が大きく変化・進展している現在、「社内公募制度」「FA(フリーエージェント)制度」が注目を集めている。 『後編』は、大手電機メーカーA社の...
2013/08/26掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第65回
「社内公募制度」「FA制度」で適材適所の人材管理を実現する(前編)
ビジネスや仕事のあり方が大きく変化・進展している現在、「社内公募制度」「FA(フリーエージェント)制度」が注目を集めている。 『前編』では、「社内公募制度」「F...
2013/08/19掲載人事マネジメント解体新書
竹内健さん:組織の壁、実力の壁、言葉の壁――“壁”を突破し続ける思考が世界を広げる
半導体産業というグローバル競争の最激戦区で、ときに企業社会の慣習や制度の壁とも闘いながら走り続けてきた世界的エンジニアである竹内先生。今回のインタビューでは、多...
2012/07/30掲載キーパーソンが語る“人と組織”
ソニー株式会社:
「自由闊達な社風」を学生に伝えていく戦略
ソニー入社以来、10年間、ずっと人事部の仕事に携わってきた日置氏。11年目の現在、採用部で新卒の採用担当を行い、学生に「ソニーの良さ、ソニーらしさ」を伝える努力...
2006/04/24掲載となりの人事部
高橋俊介さん
「スローキャリア」人材をつぶす上昇志向型の人事
上昇志向を持ち、出世や報酬の目標に向かって計画的にキャリアアップしていくのではなく、自分なりの働き方などプロセスやポリシーを重視する――そんな「スローキャリア」...
2004/10/25掲載キーパーソンが語る“人と組織”
管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...