企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
第54回 リクルートグループ・株式会社リクルートホールディングス

人材輩出企業・リクルートグループの人事施策【第1回】

「起業家精神を持ち、成長し続ける人材」をいかに育てていくか?[ 1/4ページ ]
人事統括室 室長 今村健一さん
2014/12/24
リクルートグループは「人材輩出企業」あるいは「新規事業創造企業」として、広く認知されています。これも創業以来、さまざまなサービスにおいてイノベーションを生み出すために、従業員一人ひとりの「当事者意識」「起業家精神」を引き出し、「個の可能性に期待する場」を提供し続けてきたリクルートならではと言えるでしょう。今回は3回シリーズで、リクルートグループの人事施策を紹介します。第1回にご登場いただくのは、リクルートホールディングス。グループ全体に関わる「人事マネジメントポリシー」と「求める6つのスキル・4つのスタンス」、さらにはグローバル化やIT化への対応など、リクルートならではの「ヒト作り」について、人事統括室室長の今村健一さんにお話を伺いました。
プロフィール
株式会社リクルートホールディングス 今村健一さん プロフィール写真
今村健一さん
株式会社リクルートホールディングス 人事統括室 室長
いまむら・けんいち ● 1999年4月株式会社リクルート(現・株式会社リクルートホールディングス)入社。旅行情報事業部で「じゃらん」等の営業に従事。その後、経営企画室、首都圏FMカンパニー等を経て、2010年にHRエリアカンパニー企画統括室カンパニーオフィサーに就任。その後、2012年に経営企画室室長、2013年からは人事統括室室長も兼務し、2014年4月より現職。

リクルートグループにおける人事の基本的な考え方
~「当事者意識」と「起業家精神」

―― まず、リクルートグループ全体の人事施策に対する考え方について、お聞かせください。

リクルートグループの人材に対するベースとなる考え方は、「当事者意識」「起業家精神」を引き出すところにあります。(図1)にも示したように、採用をはじめ、育成、評価、配置など、さまざまな人事に関する場面において、本人の当事者意識と起業家精神を引き出すことを人事の考え方のコアに置いています。

「圧倒的な当事者意識」という言葉が、リクルート内ではよく使われます。日々、仕事を進める中で、「お前はどうしたい?」と問うのです(WILL)。これは、入社初日の新卒社員や中途採用社員でも同じ。「まず、あなたは、どう考え、何をするべきだと思っているのか、それを教えてください」と問いかけます。まさに当事者意識を意識した、リクルートならではの会話です。

これが、トヨタさんで言うところの「なぜを5回聞く」と同じように、DNAとして染みついています。社員もそのように問われることが当たり前だと思っていますし、上長もそれを問うことは、育成の責任者として当然やるべきことだと理解しています。当事者意識に一番スポットを当てたサイクルであることが、リクルートの人事の考え方の一番のポイントです。

それから、従業員全員に求めるスタンス・スキルです。「6つのスタンス・4つのスタンス」、社内的には「6・4」と呼んでいますが、その中で一番大事なのが4つのスタンスの中の「圧倒的な当事者意識」です(図2)

図1:「当事者意識」「起業家精神」を引き出し、「個の可能性に期待する場」を提供する
図表:「当事者意識」「起業家精神」を引き出し、「個の可能性に期待する場」を提供する
図2:グループ横断 求める「6つのスキル・4つのスタンス」
図表:グループ横断 求める「6つのスキル・4つのスタンス」

―― 当事者意識に関して、リクルートらしいエピソードをお聞かせください。

典型的なのが、採用のシーンです。多くの企業では、学生に対して志望動機など同じような質問を投げかけますが、その質問の深さ、掘り方がとてもしつこいのがリクルートの特徴です。とにかく、その人に当事者意識があるのかどうかが分かるまで、徹底して聞きます。

例えば、履歴書に「ボート部のキャプテンだった」と書いてあれば、「どういう活動をしていたのですか?」といった質問をするのが一般的でしょう。しかし、リクルートでは「なぜキャプテンになったの?」「それは他薦なの自薦なの?」「自薦だとしたら、手を挙げたきっかけはどこにあったの?」「組織の状態として、前のキャプテンをどう思っていたの?」「前の状態を、どう改革しようとしたの?」「具体的にはどの辺までどういう行動をして、どのように変えたの?」など、関連した質問を1時間以上続けます。主体的に物事をとらえ動ける人物かどうかを、採用面接の入口で確認しているのです。これは採用の場面において、何よりも力を入れていることです。分社してからは新卒採用、中途採用とも各事業会社で行っていますが、この点に関してはどこも同じDNAが受け継がれています。

そして、入社してもすぐに、新卒・中途を問わず「あなたはどうしたいの?」「この仕事をどうしたいと思っているの?」とたずねます。一般的には、「それは上司が考えること」と思われるかも知れませんが、リクルートでは意思のある人を尊重して、とにかくやらせてみる機会を提供します。そういう当事者意識を持った人を、できるだけ応援しているのです。

―― そのようなことが、日々の会話やコミュニケーションで当たり前に行われているわけですね。

制度としても、本人の意志を支援するものがいくつかあります。例えば、自分のやりたい仕事が自分の部署にない場合、自ら手を挙げて「別の事業に異動をする」または「新しい事業を創っていく」ことを支援する制度があります。異動については「Career Web」という制度があります。年に1回、異動したい先の事業に直接面接を申し出ることができるというものです。直属の上司への事前の報告は不要で、成立した場合にも拒否権はありません。そして、新規事業の提案制度である「Recruit Ventures(New RING)」です。これは毎月応募のチャンスがあり、最大1年で12回応募することが出来ます。これまでは新規事業の提案制度は1年に1回だったのですが、昔と違って、ネットビジネスの市場の動きは高速ですし、立ち上げもすぐにできることを考慮し、今年の4月からリニューアルしました。

これらの制度は、分社をした現在でもグループ横断で引き続き行っている施策です。また、各事業会社内でも同様の制度を設けているところもあります。当事者意識があり、起業家精神を持っていて、何かをやりたいと考えている。そういう人たちには「MUST」としての機会をどんどん与えていくのです。

そして、学ばせる「CAN」。リクルートでは、「表彰する」ことを大変重要視しています。各事業会社や各部署でも個別の表彰制度を設けていますし、その中でも特に素晴らしい活躍をした営業やプロダクト開発で素晴イノベーションを起こした人たちを、1年に1回全社で表彰したりするなど、大きな成果を上げた人たちは大々的に表彰します。例えば、「TOP GUN AWARD」(営業の全国表彰)は、有楽町にある東京国際フォーラムの一番大きな会場を借りて実施します。約2000人が観衆として、表彰者の話を聞きますが、実は表彰することの裏に狙いがあります。話を聞いている側にも、そのスピーチを通じて学んでもらっているのです。「この人はこういう当事者意識を持って事業や営業の手法を変えた。その結果、この場に立っている」というようなバックボーンやプロセスを知ってもらうのです。つまり、聞いている聴衆が主役でもある、ということです。

「お前はどうしたい?」は「WILL」(意思を問う)。短期的なものから2~3年後、自分は何をやりたいかというキャリアの話もそうです。そこに向けていまやるべき仕事、与えるポストはこれだという「MUST」(機会を与える)。そして、各人のスキルをどう伸ばすのかという「CAN」(学ばせる)。このWILL・CAN・MUSTを回し続けているのが、リクルートの人材育成の特徴です。

そして、これを半期に1回、仕事を管理する「WCMシート」に反映させています。本人が実現したいこと(Will)、強み課題(Can)、ミッション(Must)の項目からなる目標管理シートです。Willには、いまの仕事におけるWillと、2~3年後のキャリアイメージのWillを記入します。それに対してCanでは、いま自分ができること・できないこと(強み・課題)を記入します。Mustでは、それを克服するためにどの仕事に注力していくか、能力開発につながるミッションを設定します。これらを上司と相談しながら、しつこく回していきます。

図3:WCMシート
図表:WCMシート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

サントリーホールディングス株式会社:
「やってみなはれ」で次世代リーダーを抜てき
グループの垣根を超えて世界をつなぐ、サントリーの人材育成とは
世界各国のグループ企業は312社・従業員数3万7000人超。真のグローバル企業へと突き進む同社は、いかにして「次代を担う経営人材」を発掘し、育成しているのでしょ...
2018/11/09掲載
株式会社ユナイテッドアローズ:
すべてはCSマインドから始まる リピーターを生み出し続けるユナイテッドアローズの「理念経営」とは
まもなく創業30周年を迎えるセレクトショップ最大手、ユナイテッドアローズ。その人気を支えている理由の一つが、徹底したCSマインドにもとづいたクオリティーの高い接...
2018/09/25掲載
エイベックス株式会社:
ベンチャーに負けない、スピードとイノベーションを。
創業30年、エイベックスが目指す構造改革とは?
今年で創業30年を迎えるエイベックスは、「第三創業期」として、大きな改革に乗り出しています。ベンチャーに負けないスピードとイノベーションを目指し、さまざまな改革...
2018/08/30掲載

関連する記事

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること
「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した「期待の新人」が辞めていくことは、会社にとって大きな損失である。なぜ、新人がうまく職場に定...
2015/02/16掲載注目の記事
株式会社リクルートキャリア:
ビジョン・ミッション実現につながるバリューに「社会起点」を掲げ、社員一人一人の進化に取り組む
リクルートグループの人事施策を紹介するシリーズの第3回は、人材採用広告事業、斡旋事業、選考支援事業などを展開する、リクルートキャリア。同社は、「人」を扱う事業ゆ...
2015/01/15掲載となりの人事部
株式会社リクルートライフスタイル:
成長を促すための風土づくりと、制度の独自運用がライフスタイルの特徴
リクルートグループの人事施策を紹介するシリーズの第2回にご登場いただくのは、飲食や美容、旅行、学び、通販・割引チケット共同購入サービスなど、日常消費領域に関わる...
2015/01/09掲載となりの人事部
奥本英宏さん(株式会社リクルートマネジメントソリューションズ):
「人と組織のソリューション」を提供することで、
個人と組織が相乗的に価値を高め合っている社会の実現を目指す
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ代表取締役社長の奥本英宏さんにインタビュー。企業理念や最近の取り組み、経営者としてのお考えなどについて、詳しくお話...
2014/12/05掲載HR業界TOPインタビュー
大久保幸夫さん
若手人材採用の「ミスマッチ」こうすれば防げる
若い世代の採用・就職をめぐって、「ミスマッチ」が起きるケースが増えています。限られた採用の工程の中で企業がいい人材を見きわめるには、どうしたらいいのか。職業人に...
2004/11/29掲載キーパーソンが語る“人と組織”
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 高尾の森わくわくビレッジ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...