企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

株式会社リクルートホールディングス:
「起業家精神を持ち、成長し続ける人材」をいかに育てていくか?

株式会社リクルートホールディングス 人事統括室 室長

今村 健一さん

何事に対しても「しつこい」が、他社にないリクルートの大きな特徴

 評価についてはどうでしょうか。

「図1」の「評価する」という項目に全人開とありますが、これは「全社人材開発委員会」の略称です。「WCMシート」のCanの部分で、「誰々の強みは●●で、課題は■■だ。そのため、こういう仕事やこういったポストを与えたほうが、課題を克服して成長するのではないか」といった人材開発の会議を、全社で行っています。

特徴的なのは、一人のメンバーの人材開発の議論を、縦のラインの上司(課長・部長)だけでなく、隣のグループの課長・部長などを含め、組織の全ての課長・部長で議論すること。その結果、例えば、隣の部署の課長に対して、「彼とは1ヵ月に1回くらい接点があるけれど、この辺が少し弱いと思う」というような人材開発に対する責任感が出てきます。つまり、一人を皆で育てるという風土を形成しているんです。このような「人材開発委員会」を1年に2回、全従業員に対して実施しています。

今村健一さん Photo

また、執行役員候補の人たちに対する人材開発会議は、ホールディングスの社長から各事業会社の社長を含めた全執行役員20人が、2泊3日の合宿で行います。グループエグゼクティブと言われる次の役員候補の層がありますが、この人たちの中から次の役員にするのは誰がいいのか、役員になるためにクリアすべき課題は何か、そのためにはどういうポストを経験させるのがいいのか、といったような話し合いを、喧々諤々行うわけです。人事統括室が事務局としてファシリテーションを行いましたが、この会議もしつこさの極みでした。

 人事施策に関してのキーワードは、とにかく「しつこい」ということですね。

リクルートでは、人の採用、育成、配置、評価などに対する力の入れ方が、半端ではないのです。HRマネジメントを行うためには、しつこいことは当たり前だと思っています。裏を返せば、従業員一人ひとりが必ず成長するものであると信じ、期待し続けているとも言えます。

一つ補足すると、「お前はどうしたい?」という問いに対して意思のある人には、必ず一度は機会を与えてやらせてみる、という度量があります。仮に失敗したからといって、あれこれ言うことはありません。それよりも、次に新しいことをやろうと、再チャレンジするサイクルが早いことが特徴です。

 当事者意識と起業家精神を持った人を採用していて、それをさらに高めるDNAが組織の中に当たり前に内在している、ということでしょうか。

採用とは、「秘伝のたれ」みたいなものです。長年注ぎ足していると、うまくなっていきます。まず、自社独自の味を持った先輩社員がいて、そこに新しい人が加わることで、さらに味が良くなっていく。創業以来、その連続で採用のサイクルが回っていることを、採用部門を見ていると強く感じます。

もちろん、昔ほどビジネスがシンプルではなくなっているので、良い人材を採用すれば、それで終了とはなりませんが、入社後の育成のサイクルを強化することでうまく対応できているように思います。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社ニトリホールディングス:
そのテクノロジーは何のため?
個人と深く向き合い成長を促す、ニトリのテクノロジーを活用したキャリア開発
ニトリホールディングスの躍進が止まりません。コロナショックで多くの企業が業績を悪化させる中、巣ごもり需要を追い風に、33期連続増収増益の記録を今期も更新しそうな...
2021/01/06掲載
カゴメ株式会社:
ウェルビーイング時代の人事のあり方
カゴメが推し進める、働き方の改革の先をゆく「生き方改革」とは
日本の人事部「HRアワード2020」企業人事部門 最優秀賞に輝いた、カゴメ株式会社。多くの企業の注目を集めたのは、多様な働き方を推進し、より良い働き方と暮らし方...
2020/12/24掲載
株式会社湖池屋:
“働いてみたい注目成長企業”湖池屋が実践!
チャレンジする人材と組織をつくる「人事制度改革」
1962年に湖池屋ポテトチップスを発売、1967年には日本で初めてポテトチップスの量産化に成功し、その後も「カラムーチョ」をはじめとする数々のヒット商品を送り出...
2020/12/03掲載

関連する記事

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること
「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した「期待の新人」が辞めていくことは、会社にとって大きな損失である。なぜ、新人がうまく職場に定...
2015/02/16掲載注目の記事
株式会社リクルートキャリア:
ビジョン・ミッション実現につながるバリューに「社会起点」を掲げ、社員一人一人の進化に取り組む
リクルートグループの人事施策を紹介するシリーズの第3回は、人材採用広告事業、斡旋事業、選考支援事業などを展開する、リクルートキャリア。同社は、「人」を扱う事業ゆ...
2015/01/15掲載となりの人事部
株式会社リクルートライフスタイル:
成長を促すための風土づくりと、制度の独自運用がライフスタイルの特徴
リクルートグループの人事施策を紹介するシリーズの第2回にご登場いただくのは、飲食や美容、旅行、学び、通販・割引チケット共同購入サービスなど、日常消費領域に関わる...
2015/01/09掲載となりの人事部
奥本英宏さん(株式会社リクルートマネジメントソリューションズ):
「人と組織のソリューション」を提供することで、
個人と組織が相乗的に価値を高め合っている社会の実現を目指す
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ代表取締役社長の奥本英宏さんにインタビュー。企業理念や最近の取り組み、経営者としてのお考えなどについて、詳しくお話...
2014/12/05掲載HR業界TOPインタビュー
人と組織を生かす「マネジメント」とは
現場のマネジャーの役割は、部門・部署の業績向上のほか、部下のマネジメントや育成など、多岐に渡ります。組織を活性化し、業績向上につなげていく上で、マネジャーの能力...
2012/10/12掲載よくわかる講座

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

タレントパレット 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...