企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事担当者の現状と方向性
――調査結果から探る、これからの人事部と人事担当者の要件

企業を取り巻く経営環境が大きく変わる中、企業は待ったなしの変革を迫られており、それに伴い人事部門にもまた、変化が求められています。さらには人事担当者も、自らのキャリアを見直し、新しい時代、環境に適合した資質・能力を身に付けていくことが課題となっています。こうした状況下、人事担当者は時代にキャッチアップできているのか。また、その思考・行動様式は、さまざまな変化にどこまで対応できているのでしょうか――。

そこで今回、一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、人事担当者個人を対象にアンケート調査を実施。現在の人事担当者の実像とこれからの自己変革に向けた方向性を探りました。本記事では、その中から「能力・スキルの自己分析」「人事管理を取り巻く話題に対する感度」などを中心に取り上げます。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【調査要領】

◎調査名:「人事担当者に聞く! 能力とキャリアに関するアンケート」

1. 調査対象:マイボイスコム(株)の調査会員モニターの中から抽出した、民間企業等に勤務する全国20~59歳の人事・総務部門担当者420人(役員および非正規社員を除く正社員ベース。また、公務員は除く)。なお、本アンケートでは役職別の傾向を把握することを重視し、(1)一般社員(2)主任・係長クラス(3)課長クラス(4)部長・次長クラスの各役職につき、回収数を均一化する割り付けを行った。

2. 調査期間:2013年4月25日~5月2日

3. 調査方法:WEBによるアンケート

4. 集計対象:「調査対象」の420人につき実施(1社1人)。役職別の内訳は、(1)一般社員104人(2)主任・係長クラス106人(3)課長クラス106人(4)部長・次長クラス104人。

人事部門の役割

自社の組織風土の傾向

まず、各社の組織風土の傾向について見てみましょう。次の9項目において、勤務先は「A・Bのどちらにより近いか」を回答いただいきました【図表1】。

(1)A「ボトムアップ型」か、B「トップダウン型」か
(2)A「効率性重視」か、B「高付加価値・品質重視」か
(3)A「長期的な結果重視」か、B「短期的な成果重視」か
(4)A「攻めの姿勢重視」か、B「リスク回避・守り重視」か
(5)A「プロセス重視」か、B「成果重視」か
(6)A「チームワーク重視」か、B「個人の行動重視」か
(7)A「変革・革新的」か、B「保守的・安定的」か
(8)A「スピード重視」か、B「堅実性・確実性重視」か
(9)A「ビジネスライク」か、B「家族主義的、アットホーム」か

“A寄り”(「Aに近い」「ややAに近い」)、“B寄り”(「Bに近い」「ややBに近い」)を問わず、「どちらともいえない」を除き割合が高い項目順に並べると、次のようになります(下線を付した項目は、「どちらともいえない」が4割台のもの)。

※[ ]内は“当てはまらない”(「どちらかというと当てはまらない」「まったく当てはまらない」計)割合

(1)B トップダウン型:52.9%(A ボトムアップ型:17.1%)
(5)B 成果重視:41.4%(A プロセス重視:16.9%)
(7)B 保守的・安定的:40.0%(A 変革・革新的:20.7%)
(4)B リスク回避・守り重視:36.9%(A 攻めの姿勢重視:24.5%)
(8)B 堅実性・確実性重視:36.7%(A スピード重視:26.9%)
(6)A チームワーク重視:36.2%(B 個人の行動重視:26.9%)
(3)B 短期的な結果重視:35.5%(A 長期的な結果重視:26.7%)
(9)B 家族主義的、アットホーム:34.3%(A ビジネスライク:22.6%)
(2)A 効率性重視:33.3%(B 高付加価値・品質重視:23.8%)

A・B間の差を見ると、特に(1)(35.8ポイント)、(5)(24.5ポイント)、(7)(19.3ポイント)で大きい。(5)、(7)は「どちらと もいえない」も4割前後を占めるものの、今回の集計(回答)企業の組織風土として、「ボトムアップよりトップダウン」「プロセスより成果重視」「変化より 保守・安定」を一つの傾向と捉えることができます。

【図表1】組織風土の傾向(自社はA・Bのどちらにより近いか)

【図表1】組織風土の傾向(自社はA・Bのどちらにより近いか)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

新型コロナウイルス感染症への企業の対応アンケート
~在宅勤務の実施状況、社員が感染した場合の対応などを調査~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:猪股 宏)は、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)に企業がどのように対応したのかを調べるために、20...
2020/12/11掲載
【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増
労務行政研究所では、2020年4月入社者の決定初任給を調査。ここでは、4月7日までに回答のあった東証1部上場企業164社について、速報集計を取りまとめた。 今...
2020/10/19掲載
【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感
働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人...
2020/08/26掲載

関連する記事

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第15回】
キャリア開発研修を「違反者講習会」にしないために、今こそ、刷新を!
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2021/01/15掲載編集部注目レポート
企業のシニア人材マネジメントに関する実態調査(2020)(パーソル総合研究所)
(1)日本企業がシニア人材マネジメントに対して抱えている課題感や制度・施策の実施状況・方針などの実態を明らかにする、(2)シニア人材の活躍を促す制度・施策や企業...
2021/01/08掲載HR調査・研究 厳選記事
株式会社ニトリホールディングス:
そのテクノロジーは何のため?
個人と深く向き合い成長を促す、ニトリのテクノロジーを活用したキャリア開発
ニトリホールディングスの躍進が止まりません。コロナショックで多くの企業が業績を悪化させる中、巣ごもり需要を追い風に、33期連続増収増益の記録を今期も更新しそうな...
2021/01/06掲載となりの人事部
職場のモヤモヤ解決図鑑【第12回】
資格取得やスキルアップ研修……
社員のキャリア開発支援、どんなものがある?
キャリア開発支援の導入について、社員からは「部署移動」や「資格補助」などさまざまな要望が出てきますが、すぐに手を付けられるとは限りません。会社が行うキャリア開発...
2020/12/23掲載編集部注目レポート
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第14回】
<2021年大予想>プロティアン型のキャリア開発が生産性向上の鍵を握る
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/12/23掲載編集部注目レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人事課題」への対応で求められるものとは?<br />
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

「人事課題」への対応で求められるものとは?
~バンダイナムコHDの人事戦略と、IT基盤の果たす役割~

2005年にバンダイとナムコが経営統合を実現した後、バンダイナムコホー...