無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

キャリア人材よりも難しい「若者の転職相談」
職種を変えたい若手からの問い合わせ増 未経験が採用のネックに……

人材紹介の手数料は、採用された人材の年収に連動するのが基本だ。つまりキャリア豊富なベテランを紹介すると紹介手数料は高くなるが、20代の若手だと手数料はそれなりの金額ということになる。しかし、「やりたいこと」と「できること」が一致しているケースが多いキャリア人材は、求人案件さえあれば転職支援活動そのものは比較的シンプルなので、キャリアコンサルタントにとっては若手の転職相談のほうが手間がかかることが多い。

営業職以外にキャリアチェンジしたいのです

「今の仕事が営業職なので、どこの紹介会社に行っても営業を勧められることが多いんです。でも、私としては20代のうちにキャリアチェンジをしたいと考えています。30代になってからでは絶対に無理だと思いますし……。未経験からチャレンジできる管理系の仕事を紹介してもらえませんか」

若手人材に多いのがこうした「キャリアチェンジ」志向だ。特に、新卒で営業職として入社したものの、やはり自分には合っていなかったと考えて、違う職種を希望して訪ねてくる人は多い。そんな時には、まず転職市場の現状を理解してもらうために、厳しい話から始めることになる。

「若手の方へのスペックの要求はそれほど高くない求人もありますが、まったくの未経験だとかなり数が限られてしまいます」

これでも表現は多少やわらげている。「かなり数が限られる」どころか、未経験者の募集は「一件もない」場合も少なくないからだ。

人材紹介はもともと経験豊富な管理職や希少価値の高いエンジニアを採用する手段として利用されてきた歴史が長い。人材紹介が扱う人材のすそ野が広がってきた現在でも、「高い紹介手数料を払うのだから即戦力採用しか考えていない」という企業が大多数だろう。未経験者の場合、一人あたりの採用コストが比較的安い求人広告(インターネット転職サイト)や費用のかからないハローワークなどを利用するのが一般的だ。

ところが、近年「若年層の雇用環境」がますます厳しくなるのと比例して、人材紹介会社を利用する20代人材は増加する傾向にある。転職サイトは多くの人の目に触れるので、魅力的な求人の競争率は非常に高くなる。またハローワークには大手や人気企業の求人はほとんど出てこない。そのため、転職希望者一人ひとりに対して丁寧なキャリアアドバイスや活動支援を行い、多くの「非公開求人」の情報を持っているとPRしている人材紹介に注目する若手が増えているのだ。

そこで「念のため……」と前置きして、営業職での転職の可能性はないのかを確認することになる。

「ご経験のある営業でしたら、キャリアアップする形での転職が十分可能だと思います。商品力や競争力の強い企業での営業にチャレンジしたいとはお考えになりませんか? 年収も上がるかもしれませんし」

こうした話に関心を示してくれる人もいるが、多くはやはり営業職以外を希望する。

「営業だとネットでいくらでも探せますし、実際来てほしいと言われた企業もあります。ですから、人材紹介会社には営業以外の仕事の紹介をお願いしたいのです」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ジョブホッピング
アルムナイ
パラレルキャリア