企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「逆指名」からの紹介ルート開拓
進めやすい場合もあれば、そうでもない場合も

人材紹介において重要な仕事のひとつが、紹介先となる募集企業の確保だ。求人情報は多いほどマッチングしやすいし、その時々の「旬」な求人をそろえるためにも、新規開拓は常に行わなければならない。新規の企業へのアプローチ方法は、公募情報を見て連絡したり、既存の取引先企業から紹介をもらったりするのが一般的だが、時には人材からのリクエスト、いわば「逆指名」をもとに新たな紹介ルートを開拓することもある。

紹介会社にもありがたい「逆指名」

「もし気になっている企業があれば、遠慮なくおっしゃってください。弊社の求人情報の中になくても、ご希望があれば私どもがアプローチして、採用の可能性があるかどうかを確認することもできますので」

「逆指名」からの紹介ルート開拓:人材採用“ウラ”“オモテ” 

転職相談の際にはいつも、転職希望者にそう伝えている。手持ちの求人情報だけでマッチングするのではなく、もし興味のある企業があれば新たな紹介先として開拓していくことも、人材紹介会社の仕事だ。

人材紹介の場合、採用が確定するまでは初期費用がかからない「成功報酬制」が一般的だ。そのため新規開拓も行いやすいと思うかもしれないが、そう簡単に契約を結べるわけではない。

「すでに多くの人材紹介会社さんとお取り引きしていますので、さらに増やすのは難しいですね」

中途採用に積極的な企業では、数十社、場合によっては百社以上の人材紹介会社と契約していることもある。充足しているところに食い込むのは決して容易ではない。

「弊社に紹介できるような人材はいるんですか? うちは、スペシャリストしか採用していませんからね」

高度な技術者や有資格者だけを狙っている企業の場合、そういった人材を集めることのできない紹介会社は、相手にもしてもらえない。

こうした新規開拓が難しいケースで、意外と効果的なのが「逆指名」だ。

「実は、貴社の話をぜひ聞いてみたいという人材がいらっしゃいまして……」

こういった切り口で話をもちかけると、「それはどんなキャリアの方ですか?」と興味を持ってくれることが少なくない。採用成功がミッションである人事としては、「候補者がすでにいる」「貴社を希望している」となれば、門戸を開かない理由はないのである。

このように、人材紹介会社にとっても「逆指名」をもらうのは実はありがたい話なのだ。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載

関連する記事

酒場学習論【第12回】八戸「OLD SHOES」と転職者の受け入れ対応
気持ち的になかなか旅には出られないので、つい地方の酒場に想いを馳せます。今月ご紹介するのは、八戸「たぬき小路」にある「OLD SHOES」。素晴らしいバーです。
2020/09/18掲載編集部注目レポート
中途採用の面接官トレーニングには消極的? 「今後も実施の予定はない」が約半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、中途採用の面接官トレーニングについての結果を紹介します。
2020/07/21掲載人事白書 調査レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
「ひとまず採用」では成功しない。
定着・活躍を実現する障がい者雇用支援サービスの選び方
2018年4月、障がい者の法定雇用率が引き上げられました。重要な戦力として積極的に障がい者を雇用する企業も増え、実雇用数は上昇傾向にあります。一方で、障がい者の...
2020/06/05掲載人事支援サービスの傾向と選び方
ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載人事・労務関連コラム

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...


「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、<br />
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正...