企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「逆指名」からの紹介ルート開拓
進めやすい場合もあれば、そうでもない場合も

募集の有無を見きわめるところから

「では、A社とB社に確認をとっていただけないでしょうか。どちらの会社も前職と同業界の成長企業で、非常に注目しているんですが、ネットでいくら調べても求人情報がなくて困っていたんです」

Fさんは、前職の経験を生かして転職をしたいと、企業を逆指名した転職希望者だった。早速私はA社とB社について調べたが、二社とも、確かにネット上には求人募集が出ていないようだ。

いざ「逆指名」をもらっても、そこから苦戦することもある。新興企業や日本進出から日が浅い外資系企業の場合、求人の開拓の際にはまず、採用の権限を誰が持っているのかを確認するところから始まる。特に採用情報を表に出してない企業の場合、トップの頭の中には採用予定があっても、それ以外の社員は誰も知らない、ということもある。そのため、できるだけトップとコンタクトをとることが重要だ。

知人にあたってみると、たまたまA社の社長と知り合いだという。社長を紹介してもらい、直接Fさんのことを相談してみたが、A社ではしばらく採用を控えるそうで、紹介が難しいことが分かった。

次に、B社に連絡してみた。採用担当者がいるというので電話で相談してみたが、別の業務と兼務で採用を任されているらしく、とても忙しそうだ。

「うちを希望してくれている人材がいらっしゃるんですね。前職で○○のエンジニアをされていた方ですか。興味はありますよ。ただ、明日からまた出張なんです。とりあえず、先にFさんの資料をメールで送っておいてもらえますか」

「逆指名」からの紹介ルート開拓:人材採用“ウラ”“オモテ” 

「いえ、実はですね……」

人材の資料といえば個人情報の最たるものだ。それを見てもらうには、まず相手先企業を訪問し、会社の実態を確認して、紹介のためのしかるべき契約書や確認書を取り交わす必要がある。特に採用に慣れていない人が担当している場合は、基本的な人材紹介の説明から始めなくてはならない。

「そんな手間がかかるんだったら、すぐには厳しいかなあ」

そう言う担当者に、できるだけやり取りの負担を減らせるように協力すると約束し、何とかFさんを紹介できた。その後、Fさんは無事面接に合格し、B社に入社することになった。

なかなか門戸を開いてくれなかった企業でも、採用の実績ができると、紹介会社に協力的になってくれることは多い。これも、難しい新規開拓をやる気にさせてくれる理由の一つだ。

「新しい求人情報をお送りしたので、ぜひご紹介ください」

以前は募集の有無さえ秘密にして教えてくれなかった企業から、毎週のように求人依頼が送られてくるようになることも珍しくない。

非常にありがたいことだが、それが特殊な求人内容であれば、同時に「もししばらく紹介できなかったら、契約を見直されるかも」という、新たな心配が浮かび上がってくるのだった。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載

関連する記事

「ひとまず採用」では成功しない。
定着・活躍を実現する障がい者雇用支援サービスの選び方
2018年4月、障がい者の法定雇用率が引き上げられました。重要な戦力として積極的に障がい者を雇用する企業も増え、実雇用数は上昇傾向にあります。一方で、障がい者の...
2020/06/05掲載人事支援サービスの傾向と選び方
ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載人事・労務関連コラム
酒場学習論【第8回】千葉「奈種彩」とリファラル採用
千葉駅から15分は歩くでしょうか。蓮池という粋なエリアに「奈種彩(なたねいろ)」はあります。初訪した日は、今ではめったにない三姉妹そろい踏みの日。店名の「奈種彩...
2020/05/20掲載編集部注目レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...