企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

失敗を成長のチャンスとする企業風土を醸成して
「全員活躍」を実現
いま注目の人事リーダーが取り組む、
カルビーの人事改革とは

「HRアワード2018」企業人事部門 個人の部 最優秀賞 受賞 / カルビー株式会社 執行役員 人事総務本部 本部長

武田 雅子さん

「採用」を通じて人事の仕事の面白さを知る

次に人事の仕事に就いたのですが、正直に言うと、最初は嫌でした。ただ、ショップマスターになったときもそうでしたが、「ベストではないかもしれないが、前任者よりは良い仕事をすることが私の務めだ」という意識は強く持っていました。まず担当したのは、採用と教育です。最初は採用の仕事にあまり気乗りがしなかったのですが、実際に担当してみると、非常に面白かった。採用には仕事の全てが入っているように感じたからです。

新入社員が10人入っても、それで会社が大きく変わることはありません。しかし、社員が採用活動に関わることによって、会社は変わっていきます。例えば10人の新入社員を採用するにあたり、社内の100人が関わったとして、それを何年も続けていけば、会社は大きく変わります。具体的に言うと、採用活動では社内のハイパフォーマーたちの協力が必要ですが、その人たちが採用活動を行う中で「共通言語」を持ち、会社のことをきちんと自分の言葉で話せるようになることで、社内の「景色」は大きく変わっていきます。これは、他の業務ではほとんど見られないことだと思います。

営業、人事と仕事を続けていく中で、武田さんの中に何か変化はありましたか。

営業の現場では月次で数字を追いかけていましたが、最終的には年間で全社の表彰式の壇上に上がれば良かった。毎月リカバリーが効くので、仕事のサイクルは営業の方が短いと言えます。一方、人事の仕事はどれも年に1回きり。リカバリーできるのは次年度以降になるので、基本的に失敗は許されません。そのため営業時代よりも、結果をきちんと振り返り、次の対策をきちんと立てるようになりました。

武田 雅子さん(「HRアワード2018」企業人事部門 個人の部 最優秀賞 受賞 カルビー株式会社 執行役員 人事総務本部)

また、営業のときは自分のチームのことだけを考えていればいいので、影響する範囲は限定的でした。しかし人事の場合、影響が全社に及びます。仕事をしていく上で、そのことをとても意識していましたね。営業から人事へと移って、全体が見えるようになったと思います。

クレディセゾンの最後の2年間は営業の責任者を務めましたが、最初に営業への異動を言われたときは、「困ったな、どうにかして人事に残れないかな」と悩みました。まだ男性社会の雰囲気が残っている会社で、特に営業部門では女性が事業本部長になったことがなかったからです。私は営業のときに係長までしか経験がなかったのですが、そういう人がいきなり本部長になったことで、多くの人が驚いただろうと思います。

ただ、実際に営業本部長となり、支店長や部長たちと面談をしていく中で、人事的なアプローチの側面から私にも役に立てそうなことがあると思いました。例えば、いろいろなルールを変えました。皆がその言葉を聞いたら同じように動ける「共通言語」を作ったり、新しいことに対するチャレンジを意識的に行ってもらうよう仕向けたり。その結果、営業の幅は一気に広がっていきました。

結果的に、当初は3年間くらいかかると考えていたことを、ほぼ2年でやり遂げることができました。これも予想以上に頑張ってくれた、みんなの努力の賜物です。今思うとクレディセゾンでの最後に、ビジネスパーソンとして総括的な仕事ができたと思います。私自身にとっても、大きな自信となりました。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 銀行業 2020/04/24

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

尾形真実哉さん:
リアリティ・ショックの扱い方がポイントに
新入社員の組織適応を促す要素とは
この4月に、新入社員を迎えた企業は多いでしょう。昨今の労働力不足を考えると、採用した人材が組織に定着し、長きにわたって活躍するしくみを整えることは、企業にとって...
2020/07/13掲載
中川功一さん:
「ダイバーシティ」と「経営理念・ビジョンの浸透」
ぶつかりあう二つの考え方を両立させるマネジメントとは
多様性のある職場は働きやすく、イノベーションを生み出すのにも効果的。もはや、企業にとってダイバーシティが重要であることを疑う人事パーソンはいないと言ってもいいで...
2020/07/03掲載
石黒圭さん:
そのチャットでは、本音が交わされていますか?
「非対面コミュニケーション」の時代に人事が取り組むべきこととは
2020年4月以降、多くのビジネスパーソンがオフィスを離れ、対面での会話ができなくなったことで、オンラインでのチャットのやり取りなど「テキストによるコミュニケー...
2020/06/24掲載

関連する記事

「ジョブ型」というマジックワードから制度議論へ(リクルートワークス研究所)
「リモートワークは仕事の進捗が把握しづらいので、職務を詳細に定めたジョブ型制度を導入して成果を評価していくべきだ」。そんな記事を目にする機会が増えた。たしかにリ...
2020/10/09掲載HR調査・研究 厳選記事
酒場学習論【第10回】船橋「増やま」と人事制度設計のオリジナリティ
かつて私は、非常勤で代表をつとめていた千葉にある子会社のオフィスに、1週間から2週間に1日の割合で勤務していました。長時間の残業はありませんが、職場の仲間には一...
2020/07/15掲載編集部注目レポート
酒場学習論【第9回】釜石「岬」と、会社は誰のもの?
ラグビーワールドカップの会場にもなった、釜石市の「鵜住居復興スタジアム」近くの海辺に一軒の旅館があります。名前は「宝来館」。ここの女将から、津波に襲われた際のお...
2020/06/18掲載編集部注目レポート
日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ
HRビジネスパートナー(HRBP)とは、企業の経営層や事業部門の責任者を人と組織の面からサポートし、成果・実績を創出する人事のプロフェッショナルを指す。数々のグ...
2020/06/17掲載イベントレポート
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載となりの人事部
【用語解説 人事キーワード】
職能資格制度

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。