企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

失敗を成長のチャンスとする企業風土を醸成して
「全員活躍」を実現
いま注目の人事リーダーが取り組む、
カルビーの人事改革とは

「HRアワード2018」企業人事部門 個人の部 最優秀賞 受賞 / カルビー株式会社 執行役員 人事総務本部 本部長

武田 雅子さん

これからカルビーで何を実現するのか

これから注力していきたいものについてお聞かせいただけますか。

既に手を付けているものとして、異動(ローテーション)があります。今まで、幹部候補人材などは「社内War for talent」状態で、実質的に本部長が指名していました。本人による「手挙げ」制度(チャレンジ制度)もありますが、皆の前でのプレゼンテーションをしなくてはならないなど、ハードルが高かったため、制度としてあまり機能していませんでした。そういう仕組みをあらためて、直接人事に申告すればいい仕組みにすることで、「手挙げ」を活発化させています。

これまでカルビーではトップダウンによるやり方が機能していましたが、これからは変わります。ボトムアップで、従業員全員の力を合わせて変革を進めていくようになります。そのためには、従業員自身が将来をどのように考え、主体的にどう動いていくのかが重要です。その際のキーワードが「キャリアオーナーシップ」。自分のキャリアを自分で作り、それによって会社を変えていく「全員活躍」です。このマインドを全員に持ってほしいので、異動を活発化させる必要性がありました。

カルビーには頭の良い若い人が大勢います。この人たちが力を発揮すれば、カルビーはもっと良くなるはず。しかしトップダウンによるマネジメントでは、必ずしもその能力を100%発揮することはできません。「あなたにはこんなミッションがあり、こういうことを期待している。そのために一歩前に出て、結果を取りに行ってほしい」と丁寧に説明すると、従業員は「自分事」としてよく分かってくれます。何より、こうした「期待感」が腹に落ちると、彼らはすごいエネルギーを発揮し、仕事に取り組むようになります。今まさにマネジメントの仕方を本人に問い掛け、本人が自主的に動いていく方法へと変えている最中です。

例えば先ほどの「手挙げ」制度に関して言うと、過去には9人しか手を挙げた人はいませんでしたが、今年は既に40人が手を挙げています。私としてはこれでもまだ少ないと思っていて、100人を目指したいと思っています。

今後、カルビーで実現したいことは何ですか。

全員が自分の強みを生かして、活躍してくれることです。ただ、それを実現するには、まだマネジメントラインが弱いと考えています。いい人たちばかりで、「耳の痛い事」を言う人が少ないからです。しかし、ベースに人に対する愛や思いやりがあれば、きっと口に出して言うことができます。そのスキルを身につけるためのトレーニングをこれからは強化していきたいと考えています。

カルビーは、スナック業界のリーディングカンパニーであり、従業員全員が会社のことが大好き。オープンでユーモアのある性格の人が多いこと、地頭が良くて話が早い人が多いことに驚かされます。また、社内は「さん付け」で会話がなされ、ヒエラルキーがありません。改革を進めていく上で、これらはとてもプラスになることです。

失敗することを恐れる人たちも少なくありませんが、人はチャレンジし、失敗するからこそ学ぶことができます。その経験を元により高みに向かって再チャレンジすることは、持続的な成長へとつながります。こうしたチャレンジと成長のサイクルを組織風土として、醸成していきたい。そのためにも必要なのは、皆を「巻き込む力」です。

前職からずっと言っている言葉として「PDLA(Plan・Do・Learn・Action)」というものがあります。仮に失敗したとしても、自分の中に学びとして得るものが必ずあります。それを皆にシェアできたら、それは組織として大きな財産になる。だから私は、従業員が失敗しても「よく失敗してくれた」と言います。ほかの人がその失敗を犯さないようにしてくれたからです。失敗は責められることではなく、褒められるべきことです。

一人ひとりがチャレンジして失敗し、いろいろなことを学んでいくからこそ、「適材適所」を実現できます。そのためにも、上からの指示を待つのではなく、皆がどうしたいのかを考え、それを声に出して言わなければならない。そういう風土に改革していきたいと考えています。

最後に、現在の日本企業の人事が抱えている課題とは何か、武田さんのお考えをお聞かせください。

広い意味での、ダイバーシティだと思います。従業員一人ひとりが自分の強みや持ち味を発揮しながら、働いていくにはどうすればいいのか。どういう制度やマネジメント、働き方が必要なのか。そのための仕組みをきちんと作り、その後も状況を見て常にリニューアルしていくことが重要だと思います。

昔「人事屋」と呼ばれていた人たちは、その真逆で、同じ動きをする人を量産するための制度・仕組みばかりを作っていました。しかし従業員には、一人ひとりの個性があります。人は個性が強みとして発揮されているときに、充実感や幸福感を感じます。それぞれの個性を生かしながら成果を上げていけるよう、サポートしていく仕組みをつくることが、これからの人事には求められると思います。

武田 雅子さん(「HRアワード2018」企業人事部門 個人の部 最優秀賞 受賞 カルビー株式会社 執行役員 人事総務本部)

(2018年12月25日 東京・丸の内のカルビー本社にて)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 銀行業 2020/04/24

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

中川功一さん:
「ダイバーシティ」と「経営理念・ビジョンの浸透」
ぶつかりあう二つの考え方を両立させるマネジメントとは
多様性のある職場は働きやすく、イノベーションを生み出すのにも効果的。もはや、企業にとってダイバーシティが重要であることを疑う人事パーソンはいないと言ってもいいで...
2020/07/03掲載
石黒圭さん:
そのチャットでは、本音が交わされていますか?
「非対面コミュニケーション」の時代に人事が取り組むべきこととは
2020年4月以降、多くのビジネスパーソンがオフィスを離れ、対面での会話ができなくなったことで、オンラインでのチャットのやり取りなど「テキストによるコミュニケー...
2020/06/24掲載
本田茂樹さん:
緊急事態宣言が全面解除
次の感染ピークを想定して今から取り組んでおきたい職場の感染症対策
新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、私たちの暮らしは様変わりし、企業でも休業や自宅待機、在宅勤務などの対応に追われました。過去にも新たな感染が流行したこ...
2020/06/04掲載

関連する記事

酒場学習論【第9回】釜石「岬」と、会社は誰のもの?
ラグビーワールドカップの会場にもなった、釜石市の「鵜住居復興スタジアム」近くの海辺に一軒の旅館があります。名前は「宝来館」。ここの女将から、津波に襲われた際のお...
2020/06/18掲載編集部注目レポート
日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ
HRビジネスパートナー(HRBP)とは、企業の経営層や事業部門の責任者を人と組織の面からサポートし、成果・実績を創出する人事のプロフェッショナルを指す。数々のグ...
2020/06/17掲載イベントレポート
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載となりの人事部
源田泰之さん:
人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載キーパーソンが語る“人と組織”
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載となりの人事部
【用語解説 人事キーワード】
職能資格制度

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...