企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

AIが雇用を変え、働き方を変え、社会を変える
“全人口の1割しか働かない未来”の幸福論とは(後編)

井上 智洋さん
(駒澤大学経済学部 准教授)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AIとBIがうまくかみ合えば、会社や仕事はもっと楽しくなる

―― BIを導入すれば、「勤労意欲が薄れ、働かない人が増えるのではないか」という懸念の声もあります。

AIの発達によって仕事が消滅すれば、「働かない人」というより、「働きたくても十分に働けない人」が増えていきます。社会保障がなければ、収入の道も絶たれてしまうでしょう。AIとBIを結びつけて検討する意味は、そこにあるのです。また、BIを導入して働かない人が増えるかどうかは、給付の額によると思います。たしかに、いまの経済状況で月30万円も40万円も支給すれば、会社を辞める人が続出するでしょう。月1万円から段階的に増やして、7万円程度で固定すればそうはならないはずです。月7万円の収入だけで働かずに暮らしていける人はほとんどいませんし、それでも会社を辞めたいという人は、むしろ辞めたほうがいい。職場がブラック過ぎるか、その人自身が労働に向いていないか、きっとどちらかですから。

―― AIが発達し、BIも導入された未来の社会では、会社や職場は働く人にとってどういう場所になるのでしょうか。

BIの下支えがあれば、生活のために残業手当をかせぐ必要もなくなるので、過労死防止にもなります。AIとBIがうまくかみ合った社会においては、会社は、ただお金のためだけに、ストレスや通勤地獄を耐えて働きに行くような場所ではなくなっているかもしれません。面倒な作業や重要でない雑務は、AIやロボットにどんどんまかせればいい。人間の従業員には、忙しさから解放された中で、本当にやりたい仕事や楽しいと思える仕事だけに集中してもらったほうが、企業としてもより大きな成果が得られるはずです。

また、人と会うために仕事をする、仲間と交流を深めるために会社へ行くといった風潮も今後、広がっていく可能性があります。あるコールセンターを対象にした調査研究によると、スタッフの幸福度や楽しい気分が高まるほど、電話営業の受注率が向上するという結果が出ました。各自がバラバラに取っていた休憩を、みんなで時間を合わせて一緒に取り、仲間と雑談しながら過ごすのが効果的だということもわかったんですね。楽しい環境や楽しい働き方の下で、楽しいと思える仕事に取り組めば、社員の幸福度が上がって生産性も高まる――そういう職場づくりを、企業にはぜひ、進めてほしいですね。

―― ありがとうございました。AIが発達していく中で、人間に関わる人事担当の方々は何をすべきなのか、最後にメッセージをお願いします。

AIに負けたり、AIに使われたりする側ではなく、AIを使いこなす側の人材をどう確保するかが、今後、企業にとって大きな課題になってくると思います。そもそもAIとは何か、何ができて何ができないのか、従業員が理解を深める機会を会社から積極的に提供することが必要かもしれません。文系のビジネスパーソンも、一度ぐらいプログラミングを学んでみると、基本的なことがよく分かるはずです。どうしてもAIやコンピュータに興味が持てない、向いていないという人は、それに負けないようにクリエイティビティーやホスピタリティーのスキルを高めるべきだと思います。

井上智洋さん 駒澤大学経済学部 准教授

(取材は2017年6月6日、東京・新宿区内にて)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

中原淳さん:
日本企業の課題を解決する特効薬
多様な人材が活躍する時代に欠かせない「組織開発」の学び方と実践方法
人事分野において注目を集めている「組織開発」。なぜ今、組織開発がブームなのでしょうか。また、企業やチームは、いかにして組織開発を学び、実践していけばいいのでしょ...
2020/02/27掲載
人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載
労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは
人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知...
2019/12/09掲載

関連する記事

2020新卒採用の“傾向”と“対策”
大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9.91倍と過去最高を記録するなど(リクルートワークス研究所「大卒求人倍率調査」2018年4月...
2018/08/30掲載注目の記事
企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?
さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ますます重要性を増しているのが、企業における「AI人材」の育成。これまでのように「システムは外...
2018/03/29掲載注目の記事
サッポロビールの採用フローでは、AIをどのように使いこなすのか。
採用業務とHRテクノロジーの近未来を
「AI優先度診断サービス」活用事例から予測する
激化する新卒採用市場。採用スピードは加速し、選考スケジュールも短期化の傾向が顕著になっています。エントリーシートをはじめとする書類選考作業をいかにして進めるかは...
2018/02/28掲載注目の記事
新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -
タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人ひとりに合った最適化されたエクスペリエンスを体感できる基盤が求められている。今回、『日本の...
2017/09/27掲載注目の記事
「人事部門内でメンバーにAI導入の意思がある」企業の割合は15.9%
人事部門内における人工知能(AI)の活用について複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「人事内の特定のメンバーにAI導入の意思がある」で、15.9%。しか...
2017/07/19掲載人事白書 調査レポート
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...