企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ゴーストワーカー ゴーストワーカー

「ゴーストワーカー」とは、AI(人工知能)を機能させるために裏で支えている労働者のことをいいます。AIにタグ付けやラベリング方法を教える存在であることから、AIの教師役とも位置付けられています。AIが十分に人間の働きを理解して作業を自動化できるようになるには、人間が持つ知識や判断基準などを刷り込み、徹底的にアルゴリズムを訓練する必要があります。ゴーストワーカーには、クラウドソーシング経由の労働者や貧困地域の英語話者が選ばれることも多く、AI導入の陰では大量の単純労働かつ低賃金労働が生み出されているとの見方もあります。(2019/11/29掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴーストワーカーのケーススタディ

スマートスピーカーにチャットボット、
赤ちゃんAIが「自動運用」に育つまで

インターネットで「AI 仕事」と検索すると、「AI 仕事奪う」「AI 仕事奪わない」という真逆の予測変換が出てきます。AIが仕事を奪うかどうかは、ここ数年議論され続けており、多くの人が注目しているトピックであることがわかります。

AIの進化によって消える職業もあるでしょう。例えば、文字起こしやコールセンター業務。すでに「AI文字起こし」や「チャットボット」といった代替AIが登場しています。しかし、AIの普及の過程で増えている仕事もあります。その一つがゴーストワーカーです。導入したてのAIは、いわば何も知らない赤ちゃんのようなもの。導入してから自動で機能するまでに導く、教師役の人間が必要です。

AIにデータの識別を教え込む作業は、ラベリングと呼ばれます。例えば、写真を見て「これは女性」「これは男性」と性別を見分けたり、「これは犬」「これは猫」「これは鳥」と生き物を見分けたりすることは、人間からすれば簡単なことです。しかし、導入直後のAIにはそれがわかりません。仕分けを実演して、AIにルールを学習させることで、自動化が実現していくのです。

しかし、別の問題もあります。先日はスマートスピーカーへ話しかけた音声内容がメーカーの従業員に聞かれていることがニュースになり、企業の倫理観を問う議論が巻き起こりました。スマートスピーカーはどんなキーワードを受け取ることが多いのか、また、同じ単語でもアクセントが変わったら対応できるのか。これらを改善させるために人間が介在しているようですが、プライベートを監視されているようで抵抗を感じる消費者も少なくありません。

現在では、教師役の人間を必要としないタイプのAIの技術開発も進んでいます。人が介在することによって人間らしい判断ができるようになる利点はありますが、一方で、AIの判断に人間らしい「偏見」が生まれてしまうという懸念もあります。教師役のゴーストワーカーは必要なのか、不要なのかという議論は今後も続きそうですが、少なくともAI関連の仕事は求められるレベルにかかわらず、今後も増え続けていくと見られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

AI(人工知能)
工場での製造や店舗の分析、メンテナンスサポートなど、さまざまな分野で用いられているAI(人工知能)。製品やサービスを提供する場面で使われていると思われがちですが、近年は「人」に関わる人事部門においてもAI(人工知能)の活用が増えています。ここでは、AI(人工知能)の歴史や現状を踏まえ、人事領域にAI...
ディープラーニング(深層学習)
「ディープラーニング(深層学習)」とは、コンピューターが多くのデータから自動的に特徴を抽出し、学習する仕組みのことです。学習の指標などを人間が指示する必要がある「機械学習」をさらに発展させたもので、人間の脳神経回路をまねて作られたアルゴリズムを多層構造化した「ニューラルネットワーク」という枠組みが使...
シンギュラリティ
「シンギュラリティ」(Singularity)とは、アメリカの発明家で人工知能研究の世界的権威であるレイ・カーツワイルらが示した未来予測の概念で、一つの仮説として想定され得る、“人工知能(AI)が人間の能力を超える時点”を意味する言葉です。日本語では「技術的特異点」と訳されます。「シンギュラリティ」...

関連する記事

未来の職業地図はどうなる?
「囲碁の名人にAI(人工知能)が勝った」そんなニュースを聞くと、「自分たちの仕事はやがて、AIに置き換えられてしまうのではないか?」という不安がよぎる。転職という自らの将来を考える時、特に若い人ほどAIの進出が気になるようで――。
2016/07/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
井上智洋さん: AIが雇用を変え、働き方を変え、社会を変える “全人口の1割しか働かない未来”の幸福論とは(後編)
「いまから30年後には、全人口の1割ほどしか働いていない社会になる」――AIの最先端に精通する駒澤大学准教授の井上智洋先生が描く未来図は衝撃的です。人手不足が深刻化する現状から考えると、機械に仕事を奪われて失業が増大するというシナリオはにわかにイメージできませ...
2017/07/14掲載キーパーソンが語る“人と組織”
井上智洋さん: AIが雇用を変え、働き方を変え、社会を変える “全人口の1割しか働かない未来”の幸福論とは(前編)
21世紀は「人工知能(Artificial Intelligence,AI)の世紀」になると言われています。「2030年頃には、人間並みにさまざまな知的課題をこなす“汎用人工知能”が実現すると言われています。普及すれば、社会や経済のあり方は劇的に転換するでしょ...
2017/07/07掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

請負で仕事をしてもらっている一人親方を短期雇用する
一人親方で、普段当社の仕事を、請負で仕事をしてもらったり 1日¥25000で仕事をしてもらったりしています、 この人は,他社のからも請け負って仕事をしています。 この人と、週2日、20時間の労務契約を結んで、社会保険に入れることはできるでしょうか、又その時に請負で仕事を頼めるでしょうか、よろしくお願...
超売り手市場の採用市場。AIによる影響について。
お世話になります。 当社は、コンサルタントとして、常に活動しておりますが、 皆さまご存じの通り、今後はAIにより、人材は不要になるとまで言われており、 採用活動すら必要なくなると予想されております。 現在の採用市場は超売り手市場であり、 リーマンショック後の殿様人事の時代は終了、 懇願人事の時代...
36協定は10名未満でも必要ですか?
36協定は10名未満の事業所でも届出が必要ですか? 根拠を教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...