企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】デジタルレイバー デジタルレイバー

「デジタルレイバー」とは、RPAやAIを使ったツールなどを用いて、テクノロジーが人間に代わる業務の担い手となる考え方のことをいいます。テクノロジーを働き手として擬人化していることから、「仮想労働者」と呼ばれることもあります。働き方改革による生産性向上や、生産年齢人口の減少に伴う労働力不足を解決に導く存在として期待されています。デジタルレイバーとRPAはしばしば混同されることがありますが、「デジタルレイバー」はロボットを労働力として扱うという「概念」、RPAは実際の仕組みに落とし込まれた「ツール」であるという点で相違しています。(2019/11/21掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルレイバーのケーススタディ

デジタルレイバーは新入社員
一から教育することで、最強の労働力に

「RPA(Robotic Process Automation)」に代表されるデジタルレイバーは、従来のITシステムとはどう違うのでしょうか。それは「擬人化」という言葉からわかるように、より人間に近い役割を担っているという点にあります。例えば、パソコン内にインストールされたソフトウェアによって簡単に計算ができたり、欲しい情報を即座に取り出したりすることができます。ただし、そのためには人の手によるログイン作業、必要なデータの入力などの細かな操作が必要でした。デジタルレイバーは、実行ボタン一つでそれらの「人間の操作」まで担ってくれるのです。

デジタルレイバーが持つ人間らしさは、「教育が必要」という点にも見られます。導入してすぐに労働を代替してくれるわけではなく、デジタルレイバーには作業のコツを教え込むフェーズが必要です。企業には担当者自身が溜めた知見により「○○さんにしかできない」といった属人的な業務があります。その属人的な業務をデジタルレイバーに覚えさせるには、ルーチンワークだけでなく、数ある例外処理を覚えさせなければなりません。

デジタルレイバーを導入する際は、新入社員を迎え入れるように扱うことを求められます。白紙の状態の新入社員と同じく、従業員が知っている社内の常識やあうんの呼吸は通用しません。デジタルレイバーの特性やスキルを理解して、一から教えなければならないのです。しかし、デジタルレイバーはひとたびそれらを得ると、人間のように「疲れた」と言うことも「辞める」と言い出すこともなく、ヒューマンエラーも起こさない。扱う側が使いこなしさえすれば、非常に大きなパフォーマンスを発揮します。

デジタルレイバーが得意なことは、計算や数値チェック、ルールが決まった仕事。業務の全てを自動化させようとするのではなく、デジタルレイバーを得意も苦手も併せ持つ一従業員として捉え、適切な環境で活用することが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)
「ロボティック・プロセス・オートメーション」(Robotic Process Automation/RPA)とは、ルールエンジン・機械学習・人工知能などの認知技術を活用したソフトウェアロボットにより、ビジネスプロセスにおいてこれまで人間のみが対応可能とされていた作業、主にホワイトカラー業務を自動化・...
ゴーストワーカー
「ゴーストワーカー」とは、AI(人工知能)を機能させるために裏で支えている労働者のことをいいます。AIにタグ付けやラベリング方法を教える存在であることから、AIの教師役とも位置付けられています。AIが十分に人間の働きを理解して作業を自動化できるようになるには、人間が持つ知識や判断基準などを刷り込み、...
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。

関連する記事

「給与計算」とは
企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソー...
2011/08/30掲載人事支援サービスの傾向と選び方
いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
2009/09/18掲載注目の記事
「給与計算代行」の利用メリット
企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
2010/09/24掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
労働者派遣法施行令第4条11号の業務について
初歩的なことで恥ずかしいのですが、教えてください。 弊社に業務内容として「第11号国内取引業務」としてスタッフが派遣されました。数日後、スタッフからお客様からの受電業務はできないとの連絡がありました。派遣会社の営業担当に確認したところ、電話を受ける業務も含まれるが本人がその業務が出来ないといっている...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...