企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シンギュラリティ シンギュラリティ

「シンギュラリティ」(Singularity)とは、アメリカの発明家で人工知能研究の世界的権威であるレイ・カーツワイルらが示した未来予測の概念で、一つの仮説として想定され得る、“人工知能(AI)が人間の能力を超える時点”を意味する言葉です。日本語では「技術的特異点」と訳されます。「シンギュラリティ」の仮説によると、テクノロジーの加速度的な進化の帰結として、コンピュータは人間の知能を超える“超知能”を獲得するようになります。人間には“超知能”がどのように振る舞うか予測も制御もできず、その甚大な影響によって社会や人々の生活に決定的な変化が起こると考えられているのです。その変化のポイントをカーツワイルは「シンギュラリティ」と名づけ、2045年頃に到来すると予測しました。以降は、AIがあらゆる生産活動を支配し、人間から仕事を奪うのではないかとも言われています。
(2017/1/10掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンギュラリティのケーススタディ

AIが人間の能力を超える事例が各分野で続々
雇用喪失か労働からの解放か、人事にも影響大

コンピュータの能力が人間のそれを凌駕する「シンギュラリティ」(技術的特異点)の概念が一般に認知され始めたのは、先述のカーツワイルが2005年の著作の中で、「シンギュラリティの到来は近い」と宣言したことがきっかけでした。直後こそ、いわゆる似非科学扱いを受けたものの、徐々に同調者も増え、最近では「シンギュラリティ」が本当に2045年に来るかどうかはともかく、一定の信ぴょう性を伴って取り上げられるようになってきています。それはここへきて、コンピュータが人間の能力に追い付き、追い越すという事例が相次いで見られるようになったためでしょう。AIの飛躍的な進歩が人間の存在を脅かしかねないというSFめいた未来シナリオが、にわかに現実味を帯びてきたのです。

1997年にIBMの「Deep Blue」がチェスの世界チャンピオンに勝利したのを皮切りに、2011年には同じくIBMの「Watson」がアメリカのクイズ番組で人間の最強クイズ王を撃破。日本でも12年に富士通研究所が開発したコンピュータ将棋の「ボンクラーズ」がトップクラスの棋士に勝利し、大きな話題となりました。2010年代には、googleが自動運転の無人走行車を数千キロ無事故で走破させることに成功。Facebookも顔の認証システムを人間と同等の能力まで向上させるなど、とくにICT業界ではビジネスへの活用が大きく進んでいます。ビッグデータや機械学習、深層学習などの技術革新により、すでに一部の事業分野では、AIが競争力の源泉になりつつあるのです。

ロボットやIoT(Internet of things)と並んで、“第4次産業革命”の戦略の核と位置付けられるAI技術。その進展および普及の動向には、人材の確保、活用を担う人事部も無関心ではいられません。仮に「シンギュラリティ」が現実のものとなれば、人間のあらゆる生産活動はAIによって代替されるからです。それは“労働からの解放”を意味するのか、あるいは人から仕事を奪い“生きがいの喪失”を招くのか――。「新産業構造ビジョン」の策定に向けて中間整理を行っていた経済産業省は2016年4月に、AIやロボットなどの技術革新により、何も対応しなければ30年度には国内の雇用が労働力人口(15年平均)の1割強にあたる735万人減るとの試算を発表しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ゴーストワーカー
「ゴーストワーカー」とは、AI(人工知能)を機能させるために裏で支えている労働者のことをいいます。AIにタグ付けやラベリング方法を教える存在であることから、AIの教師役とも位置付けられています。AIが十分に人間の働きを理解して作業を自動化できるようになるには、人間が持つ知識や判断基準などを刷り込み、...
ディープラーニング(深層学習)
「ディープラーニング(深層学習)」とは、コンピューターが多くのデータから自動的に特徴を抽出し、学習する仕組みのことです。学習の指標などを人間が指示する必要がある「機械学習」をさらに発展させたもので、人間の脳神経回路をまねて作られたアルゴリズムを多層構造化した「ニューラルネットワーク」という枠組みが使...
AI(人工知能)
工場での製造や店舗の分析、メンテナンスサポートなど、さまざまな分野で用いられているAI(人工知能)。製品やサービスを提供する場面で使われていると思われがちですが、近年は「人」に関わる人事部門においてもAI(人工知能)の活用が増えています。ここでは、AI(人工知能)の歴史や現状を踏まえ、人事領域にAI...

関連する記事

井上智洋さん: AIが雇用を変え、働き方を変え、社会を変える “全人口の1割しか働かない未来”の幸福論とは(前編)
21世紀は「人工知能(Artificial Intelligence,AI)の世紀」になると言われています。「2030年頃には、人間並みにさまざまな知的課題をこなす“汎用人工知能”が実現すると言われています。普及すれば、社会や経済のあり方は劇的に転換するでしょ...
2017/07/07掲載キーパーソンが語る“人と組織”
井上智洋さん: AIが雇用を変え、働き方を変え、社会を変える “全人口の1割しか働かない未来”の幸福論とは(後編)
「いまから30年後には、全人口の1割ほどしか働いていない社会になる」――AIの最先端に精通する駒澤大学准教授の井上智洋先生が描く未来図は衝撃的です。人手不足が深刻化する現状から考えると、機械に仕事を奪われて失業が増大するというシナリオはにわかにイメージできませ...
2017/07/14掲載キーパーソンが語る“人と組織”
未来の職業地図はどうなる?
「囲碁の名人にAI(人工知能)が勝った」そんなニュースを聞くと、「自分たちの仕事はやがて、AIに置き換えられてしまうのではないか?」という不安がよぎる。転職という自らの将来を考える時、特に若い人ほどAIの進出が気になるようで――。
2016/07/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

dodaで採用準備を始めよう ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...