企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

“幸福学”を知れば誰でも幸せになれる! 従業員が幸せになれば会社が伸びる!
人・組織・経営を変える“幸せの四つの因子”(後編)[前編を読む]

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 研究科委員長・教授

前野 隆司さん

前野 隆司さん 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 研究科委員長・教授

「人々の役に立ちたい」――その思いを突き詰めた結果、慶應義塾大学大学院の前野隆司教授は、モノづくりの最前線から人の心の研究へとキャリアを大きく転じ、「幸福学」という新たな学問領域を切り開きました。前野教授が、幸福に関する過去の研究成果を統合し、因子分析という手法で導き出したのが「幸せの四つの因子」。自己実現と成長の「やってみよう」因子、つながりと感謝の「ありがとう」因子、楽観と前向きの「なんとかなる」因子、独立とマイペースの「あなたらしく」因子の四つからなる、いわば“幸せのカギ”です(前編参照)。「企業にとっても、この幸せのカギを生かして、従業員をどれだけ幸福にできるかが勝敗の分かれ目」と、前野先生は言います。インタビュー後編では、人事パーソンがおさえておくべき幸福学・実用編のエッセンスを語っていただきました。

Profile

まえの・たかし●1984年東京工業大学工学部機械工学科卒業、1986年東京工業大学理工学研究科機械工学専攻修士課程修了、同年キヤノン株式会社入社、1993年博士(工学)学位取得(東京工業大学)、1995年慶應義塾大学理工学部専任講師、同助教授、同教授を経て2008年よりSDM研究科教授。2011年4月よりSDM研究科委員長。この間、1990年-1992年カリフォルニア大学バークレー校Visiting Industrial Fellow、2001年ハーバード大学Visiting Professor。専門は、幸福学、感動学、イノベーション教育、システムデザイン、ロボティクスなど。『幸せのメカニズム』(講談社現代新書)、『幸せの日本論』(角川新書)、『脳はなぜ「心」を作ったのか』(筑摩文庫)、『システム×デザイン思考で世界を変える』(日経BP)、『思考脳力のつくり方』(角川oneテーマ21)など著書多数。

ESはもう古い!? 従業員“幸福”度と企業の業績は比例する

 前回、「幸福度が高い従業員は創造性が高く、仕事の効率に優れ、欠勤率や離職率も低い」というお話がありました。アメリカのデータとはいえ、興味深い研究ですね。

幸福学が企業にも“幸せ”をもたらすことの、より明確で、直接的な根拠として、「従業員幸福度と会社の業績は比例する」という研究結果もあります。実は先日、アメリカで行われた経営学会に参加したのですが、「幸せの経営」というテーマで三日間の開催期間中ずっとセッションが実施されていたのには驚きました。日本ではまだ、「従業員を幸せにすることが企業経営の要諦」という認識はほとんど広まっていません。しかしアメリカへ行くと、経営の新しいツールとして、幸福学がすでに浸透しつつあることを実感させられます。

 「従業員幸福度」とは何を、どのようにして測定するものなのでしょうか。一般には「従業員満足度(ES)」がよく知られていますが。

確かに、これまではESが重視されてきました。人事評価に対する満足度や労働環境への満足度、福利厚生への満足度など、仕事や会社の中での従業員の満足度を高めていけば、パフォーマンスが上がると考えられてきたわけです。

しかし、最近の研究では、どうもそうではないらしいんです。従業員としての満足だけでなく、たとえばパートナーや家族に対する満足度とか、余暇の過ごし方に対する満足度とか、そういうものを全部ひっくるめて、個人としての人生全体にわたる幸せを追求したほうが仕事のパフォーマンスも高まりやすい。

つまり「幸せな人は仕事ができる」という新たな知見が出てきたのです。「従業員満足度よりも従業員幸福度を」です。だから「従業員幸福度」を測る際は、仕事に限らず、生活や人生全般にわたって、個人の幸福に関係する項目を広くアンケートで聞いていくことになります。ただ、そうなると、会社が従業員の幸福や満足にアクセスしようと思っても、もう人事の手の届かないところへ話が行ってしまいますよね。

 昨今の風潮として、ワークライフバランスの“ライフ”の部分まで、会社側が干渉したり、管理したりすることはなかなかできません。

そういう意味では、かつての日本型経営の“公私混同”の世界というのは、実は良かったともいえるわけです。社内運動会に家族も全員かりだされたりして。公私混同だから、ワークとライフがごちゃごちゃだからということで、社会がそこを切り分けてしまいましたが、その結果、各企業の人事部門は、従業員の仕事に関する満足にしかアクセスできなくなりました。でも、本当はそうではない。従業員の幸福度を高めるには、その家族や私生活の部分まで含めて幸せにしたほうがいいんです。実際、従業員の奥さんの誕生日までちゃんと覚えていて誕生日カードを贈ったりする、そういう経営者の方が今でもいらっしゃる。まさに家族主義的経営ですよね。最近は、日本企業の多くが手放してしまった日本型経営の良さに、欧米のグローバル企業が注目しています。それは、従業員の幸福が企業の成長につながることに、彼らが気づき始めたからです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

尾形真実哉さん:
リアリティ・ショックの扱い方がポイントに
新入社員の組織適応を促す要素とは
この4月に、新入社員を迎えた企業は多いでしょう。昨今の労働力不足を考えると、採用した人材が組織に定着し、長きにわたって活躍するしくみを整えることは、企業にとって...
2020/07/13掲載
中川功一さん:
「ダイバーシティ」と「経営理念・ビジョンの浸透」
ぶつかりあう二つの考え方を両立させるマネジメントとは
多様性のある職場は働きやすく、イノベーションを生み出すのにも効果的。もはや、企業にとってダイバーシティが重要であることを疑う人事パーソンはいないと言ってもいいで...
2020/07/03掲載
石黒圭さん:
そのチャットでは、本音が交わされていますか?
「非対面コミュニケーション」の時代に人事が取り組むべきこととは
2020年4月以降、多くのビジネスパーソンがオフィスを離れ、対面での会話ができなくなったことで、オンラインでのチャットのやり取りなど「テキストによるコミュニケー...
2020/06/24掲載

関連する記事

いま注目される「健康経営」。実践している企業は3割にとどまる
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/09/29掲載人事白書 調査レポート
従業員満足度調査をめぐる状況(2018年労務行政研究所調査)
大手企業では3割が実施。従業員満足度に関する取り組みは拡大傾向に。
2019/08/05掲載人事・労務実態調査
帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力...
2019/01/08掲載注目の記事
パート・アルバイトの職場に対する隠れた不満
ES(従業員満足度)の向上が高いCS(顧客満足度)を生むという考え方があります。従業員が仕事や職場環境に不満を持ったままでは、十分な成果を出すことは難しいのです...
2018/08/20掲載新卒・パート/アルバイト調査
従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件
従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェック。制度開始から2年が経ち、運用面だけでなくチェック結果の活用など、新たな課題も見えてきた...
2018/03/23掲載注目の記事

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

人事リーダー育成講座 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。