企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クオリティオブライフ QOL(クオリティ・オブ・ライフ)

「QOL(Quality of Life)」は、しばしば「生活の質」と訳されます。主に医療や福祉といった分野で使われ、療養している患者が身体的、精神的、社会的、経済的な面で、納得のいく生活を維持していくことを目指す考え方です。最近は医療・福祉分野にとどまらず、一般的に「物理的・精神的な生活の豊かさ」を指す言葉になっています。(2019/8/2掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)のケーススタディ

健康、人間関係、やりがい
衣食住にとどまらない幸福感にどう向き合うか

豊かさとは何か。かつては「いかに衣食住を確保できるか」が豊かさの指標とされ、衣食住に恵まれた生活が幸せに直結していました。しかし現在は、着るものも食べるものも豊富にあり、自由に住む場所を選ぶことはそう難しくありません。

ではそれに伴って、人々の幸福レベルは上がっているのでしょうか。うまく人間関係が築けずに孤独を感じていたり、目の前の仕事をこなすだけでやりがいを感じていなかったりする人も多いのではないでしょうか。

物質的に満たされているだけでは、人は幸せを感じられません。精神的な豊かさを含めた「QOL」は、現代に生きる人たちが考えるべき概念で、1960年代に米国で提唱され、日本では1970年代ごろから唱えられるようになりました。
 
精神的な豊かさの定義は、人によって尺度や程度が違います。あえて要素を分解すると、十分な衣食住に加え、心身の健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、十分な教育、充実した余暇、といった観点が挙げられます。このことからも分かるように、何を得ればQOLが上がるのかは、人それぞれ。自分にとってのQOLを追求することが必要なのです。
 
QOLという概念の起源でもある医療・福祉業界では、QOLの考え方が浸透した結果、より踏み込んだ治療を提供できるようになってきました。QOLは、「ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)」という概念と比較されます。

ADLは、一人ひとりが行っている日常動作。介護保険制度の基準として、「この人は介護が必要か。必要であるならばどの程度なのか」を見極めるための指標にADLは使われます。しかしADLが満たされているからといって、QOLも満たされているとは限りません。
 
例えば、仲間とのテニスを生きがいにしていた男性がケガをし、歩行が困難になったとします。リハビリによって最低限の歩行は可能になったけれど、テニスができるほどには回復しなせず、喪失感が大きかった場合、ADLは満たされてもQOLが満たされているとは言えません。

そのため医療・福祉従事者は、患者が何に幸福を見出す人物なのかを知って初めて、本当の回復のための処置を行うことができます。患者のQOLを維持・向上するためのプロダクトも次々と開発されている今、QOL向上への対応がさらに求められそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ヘルスリテラシー
「ヘルスリテラシー」とは、健康に関する情報を入手し、理解し、効果的に活用するための個人的能力のレベルのことをいいます。健康情報を正しく取り入れるためには、知識と意欲のどちらも必要です。世の中に溢れる健康情報の中から、自分が正しいと思うものを取捨選択し意思決定をしていくことで、生涯を通してQOLを維持...
ワークライフマネジメント
「ワークライフマネジメント」とは、社員一人ひとりがより付加価値の高いアウトプットを出し続けるために、仕事(ワーク)と生活(ライフ)の時間配分だけを意識するのではなく、ライフステージに応じて、双方の充実を自ら積極的にマネジメントし、相乗効果を発揮することを言います。“仕事と生活の調和”を意味する、従来...
ワーク・ライフ・インテグレーション
自らの人生観を軸に、ワーク(職業生活)とライフ(個人生活)を柔軟、かつ高い次元で統合し、双方の充実を求めること。それによって、生産性や成長拡大を実現するとともに生活の質を高め、充実感と幸福感を得るなどの相乗効果を目指す働き方をいいます。仕事と生活を対立的にとらえて、その量的バランスの調整・回復を目指...

関連する記事

花王株式会社 健康づくりの本質は人材育成 ヘルスリテラシーの高い組織を目指す「健康経営」の取り組みとは
厚生労働省や経済産業省の推奨もあり、健康配慮への取り組みを進める企業は増えていますが、なかでも際だって先進的と評価されるのが花王株式会社の「健康づくり事業」です。企業健保との連携やPDCAサイクルの導入、健康状態の「見える化」など――同社 人材開発部門・健康開...
2012/06/04掲載となりの人事部
前野隆司さん: “幸福学”を知れば誰でも幸せになれる! 従業員が幸せになれば会社が伸びる! 人・組織・経営を変える“幸せの四つの因子”(前編)
国連が3月に発表した2016年度版「世界幸福度報告書」によると、日本は53位。経済的に豊かで安全な国に暮らしながら、なぜ日本人は幸せになれないのか。「幸せには、幸せになるためのメカニズムがあります。それを理解して、上手に活用すれば誰でも幸せになれます」と断言す...
2016/10/12掲載キーパーソンが語る“人と組織”
ワーク・ライフ・バランスとは何か?
「仕事と生活の調和が実現した社会」の指針となるワーク・ライフ・バランスへの取り組みとは?近年社会に認知されてきた背景と現状について考察する。
2017/03/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

精神保健福祉士
いつも参考にさせていただいております。ご質問ですが、精神保健福祉士については、派遣可能な職種なのでしょうか?  「精神保健福祉士は医療職では無い為、医師の指示によって業務を行うものでは有りません。ただし主治医がいれば、その指導を受けることも精神保健福祉士の義務と定められている」となっているので、や...
精神障害者保健福祉手帳について
精神障害者保健福祉手帳についての質問ですが、障害の重さにより、1級、2級、3級に分かれ2級の「日常生活が著しい制限を受ける程度など」の具体的にはどの程度制限を受け日常生活が困難なのかまた、日常生活は出来るときはあるが、落ち込むと掃除・料理がまったくできない状態で仕事復帰も出来ない場合はどの等級になる...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...