企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】パルスサーベイ パルスサーベイ

「パルスサーベイ(パルス調査)」とは、簡易的な調査を短期間に繰り返し実施する調査手法のことで、主に従業員の満足度調査に用いられます。「パルス(pulse)」は、日本語で脈拍のこと。脈拍のチェックをするように、組織と個人の関係性の健全度合を測ることを目的としています。短期反復型のパルスサーベイに対し、年に1回程度じっくり時間をかけて行う調査は「センサス(census)」と呼ばれます。
(2018/4/25掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パルスサーベイのケーススタディ

ITの進化でパルスサーベイが容易に
大切なのは、結果から組織をどう改善していくか

この10年ほどで、「エンゲージメント」という言葉はかなり浸透しました。従業員のエンゲージメントを、従業員満足度と同義だと認識している人は多いかもしれませんが、実は少し違いがあります。エンゲージメントとは、組織への貢献に対する主体性の程度のこと。例えば会社が心地のよい環境で、従業員にとって満足度が高くても、従業員の主体的な関わりが弱い組織はエンゲージメントが低く、業績も低迷していることが往々にしてあるのです。

エンゲージメントと業績との相関関係は、さまざまな調査で実証されています。企業は従業員満足度だけでなく、エンゲージメントも高めていかなければなりません。そのためにはまず、現状を正しく知る必要があります。ここで、従業員サーベイの出番です。

従業員サーベイの中でも、大規模な調査は「センサス」、小規模で高頻度な調査は「パルスサーベイ」と呼ばれます。それぞれに特色があり、センサスは年に1度程度のインターバルで行われ、数十問という設問から多面的に回答してもらいます。問題の原因解明や、部署や年次ごとの比較を行いやすいのがセンサスのメリット。一方パルスサーベイは、週1回や月1回といった高頻度で調査を行います。その代わりに回答者や集計担当者への負担が少なくて済むよう、設問数も5~10問程度に抑えられていることが一般的です。

週に1度ともなると、運用担当者の負担も大きいように思えますが、ITの進化にともない、パルスサーベイも人事担当者の負担を抑えながら実施することが可能になってきました。IBMが提供するエンゲージメントを可視化するサービス「IBM Kenexa(ケネクサ)」や、リンクアンドモチベーションが提供する組織改善クラウドサービス「モチベーション・クラウド」など、パルスサーベイの実施を助ける製品が多数販売されています。また、Slackのようなビジネスチャットツールのアンケート機能でパルスサーベイを実施している組織もあるようです。

重要なのは調査そのものではなく、その結果を受けて組織がどのように改善していくか、ということ。自社が目指したい方向性をきちんと言語化し、すり合わせた上で、個々のパフォーマンスを最大化させる。その姿勢が、従業員のエンゲージメントをさらに高めていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

エンゲージメント
エンゲージメントとは、社員の会社に対する「愛着心」や「思い入れ」を表すものと解釈されますが、より踏み込んだ考え方としては、「個人と組織が一体となり、双方の成長に貢献しあう関係」のことをいいます。
エンプロイー・エクスペリエンス
「エンプロイー・エクスペリエンス」(Employee Experience)とは、直訳すれば「従業員の経験」であり、従業員が企業や組織の中で体験する経験価値を意味します。従業員のエンゲージメントや組織文化といったものを超えた概念であり、従業員の健康や組織としての一体感などに影響する要素すべてを対象と...
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...

関連する記事

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う ~押さえたい設計の基礎と判断軸~
従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばいいのか――。さまざまなアプローチが考えられますが、価値観と企業文化に着目し、それらを変革する組織開発に着目する企業が増えています。その第一歩として検討・実施されることが多いのが、エンゲージメ...
2019/02/25掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第55回 いま、なぜ「エンゲージメント」なのか?(前編)
近年、「エンゲージメント」という考え方が急速に広まっている。会社と社員を、共に支え合う「イコールパートナー」と考えるもので、会社は社員が働きやすい施策や職場環境を提供し、社員はそれに応えて会社との信頼関係を深めながら、貢献していく。その結果、社員が会社や仕事・...
2012/04/27掲載人事マネジメント解体新書
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

みらいプランナー画像 タレントパレット

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...