企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

本当のIT革命を生き抜く「個人尊重の組織論」とは(前編)
成果より「がんばり」で評価される組織が社員をつぶす?

同志社大学 政策学部 教授

太田 肇さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太田 肇さん

『がんばると迷惑な人』という刺激的なタイトルの本の売れ行きが好調です。著者は同志社大学政策学部教授で、組織学者の太田肇先生。“個人尊重の組織論”を提唱する太田先生は、日本人なら誰もが小さい頃から教えられ、学校や職場で当たり前のように求められてきた「がんばり」こそが、日本の組織と個人を疲弊させ、国際競争力低下の元凶になっていると喝破します。なぜ、がんばると迷惑なのか。がんばりの実害やがんばりの代わりに求められているものとは一体何なのか――。インタビュー前編では、「がんばり」をめぐるドラスティックな価値観の変化を糸口に、いま日本の組織と個人が直面する問題を解き明かしていきます。

Profile

おおた・はじめ●1954年兵庫県生まれ。神戸大学大学院経営学研究科修了。京都大学経済学博士。公務員を経験の後、滋賀大学経済学部教授などを経て2004年から同志社大学政策学部教授(同大学院総合政策科学研究科教授を兼務)。専門は組織論。とくに個人を生かす組織・マネジメントについて研究。日本人のやる気とチームワークについて、その転換を主張した近著『がんばると迷惑な人』(新潮新書,2014年12月刊)のほか、『公務員革命』(ちくま新書)、『組織を強くする人材活用戦略』(日経文庫)、『承認欲求』(東洋経済新報社)、『日本人ビジネスマン 「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)などの著書がある。

いままで優秀とされていた人が活躍できなくなってきた

太田先生は、ご著書『がんばると迷惑な人』で、「現在は『がんばり』が価値を生む時代ではなく、逆に価値を損ないかねない」と指摘されていますが、そもそも「がんばり」をどう定義されていますか。

一つの方向に向けて努力する、全力を尽くすというのが、私の「がんばり」の定義です。「一つの方向に」というところがポイントで、目標や目的があらかじめ決められているわけです。そこへ向けて、ひたすら突き進むというイメージですね。大量生産・大量消費の工業化社会ではそれでよかったのですが、前提となる状況が大きく変わってくると、「がんばり」に対する評価も180度変わらざるをえません。

では、なぜ「がんばり」が通用しなくなったのかというと、私は、ITの影響が一番大きいと思います。いままで人間ががんばってきた、一つの既定の方向に推し進めるという作業は、人間よりコンピュータのほうがはるかに得意ですから。機械で全部肩代わりできるわけです。そうすると、人間の「がんばり」は意味をなさなくなっていきます。ただしどんなに優れた機械でも、がんばる方向が定まっていないとがんばれません。人間には、その方向を探すとか、考えるといった、機械が苦手とする仕事が求められています。

「がんばり」より上位の、知的・創造的活動ですね。

どちらの方向に進めばいいのか、これまでのレールの上にない未来をどう切り開くのか。こうした問題解決は、がんばってはいけません。「がんばり」を奨励する従来の価値観のままでは、むしろ人間特有の知的能力や創造性が発揮されず、機械に職を奪われかねない。そういう時代に来ているということです。

IT革命などと騒がれたのは15~20年も前のことですから、何をいまさらと思われるかもしれませんが、人工知能やロボットの技術革新に見られるように、IT化の本当の衝撃というのはむしろ今世紀に入ってからでしょう。人間が何を考えているかを感知するセンサーや、小説が書けるソフトまでできている。いままさに人間の「がんばり」が、取って代わられようとしているのです。この現実が、あまりに過小評価されているのではないでしょうか。

昨年、英オックスフォード大学の教授も「今後10年で、人間の行う仕事の約半分が機械に奪われる」という衝撃的な予測を発表しました。

しかし、日本ではあまり重く受け止められていませんね。日本ではそれが20世紀のIT革命と言われた頃の話で、とっくにその変化の波に乗り、うまくやってこられたと考えている。何かタカをくくっているような風潮があるのが、私は心配です。

太田肇さん Photo

たとえばソフト開発の技術者に聞くと、最近になって求められる能力が変わってきた、デジタルよりもむしろアナログの能力が重視されるようになってきた、と言います。つまり技術的な専門性は、すでにITが肩代わりしていて、アナログの人間的な泥臭い能力がプログラミングなどの現場で求められている。まさに現在進行形の新しい変化だと思いますね。実際、「いままで優秀とされていた人が活躍できなくなってきた」いう声を、いろいろな組織の現場で聞くようになったのが、『がんばると迷惑な人』を書くきっかけの一つでした。

組織の人事部門にとって看過できない話ですね。人事の価値観も覆りかねません。

少々極端なことを言うと、私は、これまでの人事の評価や管理の枠組みがまったく通用しなくなる時代が来るのではないかと思っています。つまり人間に残される仕事が、新しい方向を探したり、考えたりする知的活動だけだとすると、何をどう考えているかはそれぞれの頭の中。可視化も数値化もできないので、仕事のプロセスそのものが見えなくなってしまうわけです。見えないものは、評価や管理のしようがありません。むしろ人が人の中身を評価することはできないという、ある種の謙虚さも必要ではないでしょうか。従来の評価や管理の及ばない部分こそが、求められるのですから。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2015/03/24

良い視点

1件中 1~1件を表示
  • 1

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

守屋実さん:
新規事業を50以上立ち上げたフリーランサーが語る
企業と「“解像度の高い”仕事のプロ」とのいい関係づくり
戦後長らく続いてきた日本の雇用制度が、見直しを迫られています。特に争点となるのが、終身雇用の是非です。人生100年時代の到来と労働力人口の減少が重なり、企業の生...
2020/03/23掲載
中原 淳さん:
日本企業の課題を解決する特効薬
多様な人材が活躍する時代に欠かせない「組織開発」の学び方と実践方法
人事分野において注目を集めている「組織開発」。なぜ今、組織開発がブームなのでしょうか。また、企業やチームは、いかにして組織開発を学び、実践していけばいいのでしょ...
2020/02/27掲載
源田泰之さん:
人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載

関連する記事

社内の見えざるルールを“見える化”し、“人にやさしい組織”を実現する本当の意味での【働き方&組織改革、ダイバーシティ】――人材育成・組織開発の課題を解決する、革新的・効果的手法とは?
人材育成のコンサルティングを行う株式会社ベーシックの代表取締役・田原祐子さんが、組織や企業戦略に詳しい一橋大学大学院国際企業戦略研究科研究科長・教授の一條和生さ...
2015/09/10掲載注目の記事
太田 肇さん:
本当のIT革命を生き抜く「個人尊重の組織論」とは(後編)
“やってもやらなくても変わらない”社会と組織を変えるために
日本の組織と個人をめぐる太田先生のお話は、個人をきちんと表に出す成果主義の本来のあり方から新しいチームワーク論へと広がっていきます。そして提言されたのは、企業と...
2015/03/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
松井道夫さん
「個の時代」のための自由な組織
「20世紀が『組織の時代』だったとすれば、21世紀は『個の時代』になるだろう」と松井証券の松井道夫社長は言います。「会社とはプロジェクトであり、そこで働く人たち...
2005/09/12掲載キーパーソンが語る“人と組織”
【用語解説 人事キーワード】
サッカー型組織

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...