無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

企業人事部門のトピックスに関するアンケート調査
「新型コロナウイルス・人事部門改革・70歳雇用」への対応状況

三菱UFJリサーチ&コンサルティング   三島寛之氏、加藤瑛里子氏、小寺宏樹氏

企業人事部門のトピックスに関するアンケート調査

【要旨】

  • 企業の人事部門では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、「Web会議システム等のオンライン会議の導入(94.2%)」や「オンライン採用・オンライン研修の導入(87.0%)」「テレワーク環境の整備(79.9%)」等の非対面化を重視した施策の実施割合が高い。一方、さまざまな変革を伴う「業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)の実施」は、検討したいと考えている割合(51.2%)にくらべ、実際に実施している割合(23.9%)が少ない。
  • 人事部門自身の改革においても、普遍的な課題である「人事戦略立案の強化(52.9%)」に続き、「労務管理や人事オペレーションの効率性向上・省力化(51.9%)」や「人事業務のデジタル化(38.9%)」等、DXに関連する事項の優先順位を高くとらえている企業が多い。一方で、人材価値の可視化・データ化を進めることにつながる「人的資本の情報開示ガイドライン(ISO30414)」への対応を具体的に進めている企業はまだ限られている(12.6%)。
  • 65歳定年の実施割合が、2019年度調査の7.7%から13.7%に増加。70歳までの就業機会確保措置に向けた取り組みについては、「実施せず」とする企業(50.5%)と「自社での70歳までの雇用継続制度の導入」を検討・実施する企業(41.0%。2019年度の11.2%から大幅増)と大きく二分されている状況である。

1. はじめに

新型コロナウイルスの感染拡大やテクノロジーの進展、労働力人口の減少等、経営環境が大きく変化する中、人事部門では「ヒト」の側面から企業変革をリードすることが求められている。

当社では、三菱UFJ信託銀行(以下、「MUTB」という)と協働し、各社の人事部門で近年課題となっている「With & After コロナの対応」「人事部門改革の状況」「70 歳までの就業機会の確保措置に向けた取り組み」の3つのテーマについてアンケート調査を実施した。

項目 内容
調査内容
(概要)
  • With & Afterコロナの対応
  • 人事部門改革の状況
  • 70歳までの就業機会確保措置に向けた取り組み
実施時期 2021年10月28日~12月7日
回答企業 MUTB企業年金取引先 293社
実施方法 Webアンケートへの回答
回答企業属性
  • 製造業171社(58.4%)、非製造業122社(41.6%)
  • 従業員数 3,001人以上48社(16.4%)、1,001人以上3,000人以下71社(24.2%)、1,000人以下174社(59.4%)

2. 主な調査結果

1)With & Afterコロナの対応

①新型コロナウイルス発生に伴い実施した施策

新型コロナウイルス発生に伴い「Web会議システム等のオンライン会議の導入」を実施した割合が94.2%と最も高く、「オンライン採用・オンライン研修の導入」「テレワーク環境の整備」が続き、非対面化を重視した施策の実施割合が高かった。「時差出勤・短時間勤務の導入」「オフィス内のレイアウト変更」「既存業務のIT化」を実施した割合も半数以上を占めた。【図表1】

【図表1】新型コロナウイルス発生に伴い実施した施策
【図表1】新型コロナウイルス発生に伴い実施した施策

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

②現在のテレワークの実施状況

テレワークを導入している企業は全体の約8割を占めるが、「利用可能社員における実際の実施割合は20%」と回答する割合が37.9%と最も高かった。テレワークの実際の実施割合は20%および40%と回答する企業で全体の半数以上を占めた。【図表2】

【図表2】現在のテレワークの実施状況
【図表2】現在のテレワークの実施状況

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

③Withコロナ環境下で検討したい人事施策

Withコロナの環境下で検討したい人事施策を尋ねると、「既存業務のIT化または業務のDXの実施」と回答する割合が51.2%と最も高く、「人材育成」「職場風土・働き方に関する社員の意識改革」が続く。【図表3】

【図表3】Withコロナ環境下で検討したい人事施策
【図表3】Withコロナ環境下で検討したい人事施策

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

④今後のAfterコロナ環境下で、新型コロナウイルス発生前から変わると予測する事項

Afterコロナの環境下で、新型コロナウイルス発生前から変わると予測する事項について尋ねたところ、「オンラインを前提とした社内活動」が69.6%、「オンラインを前提とした社外活動」が62.1%と回答する割合が高く、非対面を前提とした業務活動に関する回答が多くなった。次いで「業務のIT化または業務のDXの実施」「働く時間の柔軟化」が多く、全体の半数以上の企業がこれら4項目を挙げた。【図表4】

【図表4】今後のAfterコロナ環境下で、新型コロナウイルス発生前から変わると予測する事項
【図表4】今後のAfterコロナ環境下で、新型コロナウイルス発生前から変わると予測する事項

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

2)人事部門改革の状況

①中期経営計画等における人事部門方針において重視する施策

中期経営計画等において人事部門が重視する施策について尋ねると、「人事制度改革」と回答する割合が33.4%と最も高く、「働き方改革への対応」「経営戦略に基づいた人事戦略および具体的人事施策の策定」が続いた。【図表5】

【図表5】中期経営計画等における人事部門方針において重視する施策
【図表5】中期経営計画等における人事部門方針において重視する施策

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

②従業員エンゲージメント向上における課題

従業員エンゲージメント向上における課題に関する回答で最も高かったのが、「公平かつ適正な人事評価および昇格等の実施」(48.5%)で、「個人の志向や適性、能力に合った職務の付与・人材配置」が続いた。課題の内容ごとに分類すると、評価制度や仕事内容、成長支援が従業員エンゲージメント向上につながると回答する企業が多かった。【図表6】

【図表6】従業員エンゲージメント向上における課題
【図表6】従業員エンゲージメント向上における課題

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

③人事部門自身の改革

人事部門自らが進める改革については、全体の半数以上を占めたのが、「人事戦略立案の強化」、「労務管理や人事オペレーションの効率性向上・省力化」だった。次いで、「人事業務のデジタル化」「社員の多様な就労ニーズに応える人材マネジメントの個別最適化」が多かった。【図表7】

【図表7】人事部門自身の改革
【図表7】人事部門自身の改革

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

④人的資本の情報開示ガイドライン(ISO30414)への対応方針

人的資本の情報開示ガイドラインに関する質問では、「内容を把握していない(分からない)」と回答する割合が47.8%と最も高く、「現在は未対応で、情報開示に向けた対応を今後進める予定」が続いた。「対応を既に実施済み」「対応を進めている(現在、データの整備等を進めている途中)」を合わせた回答割合は全体の約1割に留まった。【図表8】

【図表8】人的資本の情報開示ガイドライン(ISO30414)への対応方針
【図表8】人的資本の情報開示ガイドライン(ISO30414)への対応方針

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

⑤人的資本の情報開示において重視すべきKPI項目

人的資本の情報開示において重視すべきKPI項目について尋ねると、「組織文化」という回答割合が31.4%と最も高く、「生産性」「組織の健全性・安全性」「ダイバーシティ」が続いた。一方で、「特にない・分からない」とする回答も30.7%と、回答率が最も高い「組織文化」に次いで多かった。【図表9】

【図表9】人的資本の情報開示において重視すべきKPI項目
【図表9】人的資本の情報開示において重視すべきKPI項目

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

3)70歳までの就業機会確保措置に向けた取り組み

①現在の正社員の定年年齢

現在の定年年齢を60歳とする企業が79.5%を占めたものの、年々割合が低くなっている。一方、「65歳定年(65歳以上の選択定年は除く)」と回答した企業の割合は13.7%と、2019年度調査の7.7%から上昇している。【図表10、図表11】

【図表10】現在の定年年齢 2021年度
【図表10】現在の定年年齢 2021年度

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

【図表11】現在の定年年齢 2018、2019年度との比較
【図表11】現在の定年年齢 2018、2019年度との比較

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

②定年延長の意向

定年延長を「検討中」の企業は、全体の35.8%を占める。母数から「過去に定年延長または定年廃止を実施済であり今のところ更なる実施の予定はない」と回答した企業を除いた場合、定年延長を「検討中」の企業は全体の47.8%となる。2019年度調査では、定年延長を「検討中」の企業が全体の55.6%であることから、「検討中」の企業はやや減少していることが分かるが、これは定年延長等を実施済の企業が増加しているためと考えられる。【図表12、図表13】

【図表12】今後の定年延長の検討状況 2021年度
【図表12】今後の定年延長の検討状況 2021年度

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

(参考)今後の定年延長の検討状況(前回以前との比較【図表13】)

【図表13】今後の定年延長の検討状況 2018、2019年度との比較
【図表13】今後の定年延長の検討状況 2018、2019年度との比較

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成
(注)2018年度、2019年度の調査と条件を揃えるため、2021年度は定年延長等を既に実施済と回答した企業を除いて集計している

③70歳までの就業機会確保措置の検討・実施状況

「70歳までの就業機会確保措置の検討を実施せず」とする企業が50.5%、「自社での70歳までの雇用継続制度の導入」予定(または実施済み)の企業が41.0%と大きく二分される結果となった。2019年度調査では「自社での70歳までの雇用継続制度の導入」予定(または実施済み)の企業が全体の11.2%で今回は29.8ポイント増となったため、雇用継続制度の検討や実施に取り組む企業が広がっていることが分かる。【図表14、図表15】

【図表14】70歳までの就業機会確保措置の検討・実施状況 2021年度
【図表14】70歳までの就業機会確保措置の検討・実施状況 2021年度

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成
(注)実施済の場合は実施した制度や措置を、未実施の場合は今後の実施方法を回答

(参考)70歳までの就業機会確保措置の検討状況(前回以前との比較【図表15】)

【図表15】70歳までの就業機会確保措置の検討・実施状況 2019年度との比較
【図表15】70歳までの就業機会確保措置の検討・実施状況 2019年度との比較

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

④今後の退職給付制度の見直しについて

定年延長等の実施に伴うDB(確定給付企業年金)/DC(確定拠出年金)の見直し方針については、「退職給付制度の構成割合(DB/DC/一時金)」の見直しを検討する企業の割合が17.1%と高く、「DBの支給開始年齢の引き上げ」、「企業型DCの加入上限年齢の引き上げ」が続いた。一方で、「現在未定(分からない)」と回答した企業が全体の68.3%と大多数占めた。【図表16】

【図表16】定年延長等の実施に伴うDB・DCの見直し方針
【図表16】定年延長等の実施に伴うDB・DCの見直し方針

(出所)三菱UFJリサーチ&コンサルティングおよびMUTB作成

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、三菱UFJフィナンシャル・グループのシンクタンク・コンサルティングファームです。HR領域では日系ファーム最大級の陣容を擁し、大企業から中堅中小企業まで幅広いお客さまの改革をご支援しています。調査研究・政策提言ではダイバーシティやWLB推進などの分野で豊富な研究実績を有しています。未来志向の発信を行い、企業・社会の持続的成長を牽引します。
https://www.murc.jp/

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
エッセンシャルワーカー
ピアボーナス
ソーシャル・レコグニション
エンプロイー・エクスペリエンス
エンゲージメント
サクセッション・プラン