企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート

女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数
「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成果を「上げている」と答えた理由
1位は「結婚・出産をむかえても働き続ける女性従業員が増えた」(69.3%)

多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。一方、「どちらかといえば上げていない」(15.4%)と「上げていない」(11.9%)の合計は27.3%だった。

図:女性活躍推進に向けた取り組みの成果

女性活躍推進に向けた取り組みの成果

では、成果を「上げている」と答えた企業と「上げていない」と答えた企業は、それぞれ「女性活躍の成功」をどのように定義しているのだろうか。まずは、成果を「上げている」「どちらかといえば上げている」と答えた企業に、どのような基準から女性活躍の取り組みが「成功した」と考えるかを聞いた。

最も多かったのは、「結婚・出産をむかえても働き続ける女性従業員が増えた」(69.3%)で、7割近い企業が挙げている。以下、「女性管理職比率が上がった」(52.0%)、「従業員に占める女性が増えた」(50.7%)、「女性従業員のモチベーションが高まった」(32.9%)が続いた。

図:女性活躍推進が成果を「上げている」企業の成功基準(全体)

女性活躍推進が成果を「上げている」企業の成功基準(全体)

従業員規模別に、最も多いものを見ると、1~100人で「従業員に占める女性が増えた」(61.1%)、101~500人や501~1000人、1001~5000人で「結婚・出産をむかえても働き続ける女性従業員が増えた」(それぞれ72.0%、62.5%、76.4%)、5001人以上で「女性管理職比率が上がった」(78.8%)となった。

図:女性活躍推進が成果を「上げている」企業の成功基準(従業員規模別)

女性活躍推進が成果を「上げている」企業の成功基準(従業員規模別)

一方、女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と答えた企業にも、どのような基準から取り組みが成功していないと考えるかを聞いた。最も多かったのは、「昇進に意欲的な女性従業員が増えていない(もしくは減った)」(60.7%)で、「女性従業員のモチベーションが変わっていない(もしくは下がった)」(56.3%)、「女性管理職比率が変わっていない(もしくは減った)」(53.3%)も過半数となった。

「女性活躍推進に向けた取り組みの成果が上がっている」と答えた企業が最も多く判断基準にあげた「結婚・出産をむかえても働き続ける女性従業員の割合」を挙げたのは、わずか17.0%。「成果」の基準をどこに置くかで、自社の女性活躍推進への評価は大きく変わっていることが分かる。結婚・出産をむかえた女性従業員の「就業継続」だけでなく、「モチベーション」や「昇進の意欲」向上を目指す企業では、まだまだ「成果が上がっていない」と感じていることがうかがえる。

図:女性活躍推進が成果を「上げていない」企業の判断基準(全体)

女性活躍推進が成果を「上げていない」企業の判断基準(全体)

図:女性活躍推進が成果を「上げていない」企業の判断基準(従業員規模別)

女性活躍推進が成果を「上げていない」企業の判断基準(従業員規模別)
【調査概要】
実施時期2018年4月2日~4月23日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数4,630社、4,907人(のべ)
質問数184問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.制度・評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.新しい人事課題

出典:『日本の人事部 人事白書2018』

「日本の人事部 人事白書」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事白書 調査レポートのバックナンバー

社員の「兼業」「副業」について「制度を設けて認めている」企業は約2割。そのうち「自社にメリットがあったかどうかはわからない」のは約6割
従業員の「兼業」「副業」を認めているかどうかを聞いたところ、「制度を設けて認めている」(19.1%)、「制度は設けていないが黙認している」(9.9%)、「今後制...
2018/08/09掲載
「HRテクノロジーを活用しようという意識」がある割合は、経営層39.0%、人事部門59.5%、現場26.9%
HRテクノロジーを活用しようという意識が経営層にあるのかを聞いたところ、「当てはまる」(9.1%)、「どちらかといえば当てはまる」(29.9%)を合わせた割合は...
2018/08/07掲載
テレワーク導入時、67.5%の企業が「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」を懸念していたが、実際に「大きな問題になった」のは1.0%
テレワーク・リモートワークの導入にあたって、人事担当者はどのような懸念をどの程度、感じていたのだろうか。「強く懸念していた」と「やや懸念していた」を足した割合が...
2018/08/06掲載

関連する記事

社員53人で100億円を売上げる驚異の生産率
女性活躍を推進し、チームの力を最大に高める秘訣とは
オリジナル化粧品「マナラ」を展開する、株式会社ランクアップ。従業員は53人と少数精鋭ながら、100億円近くの売上を計上する同社では、増収増益を続けているにもかか...
2017/12/06掲載編集部注目レポート
「女性管理職増加」「多様性の達成」は通過点 マタハラにいち早く取り組んだプルデンシャル生命に聞く“多様性のその先”
プルデンシャル生命保険株式会社は、2008年頃には管理職の3割を女性が占めるなど、女性活躍推進に関して先進的な企業として知られます。現在は数字からは見えない、真...
2017/09/20掲載編集部注目レポート
ダイバーシティを推進する上での問題や困難として最も多かったのが「管理職の意識や能力の不足」
ダイバーシティを推進する上での問題や困難を複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「管理職の意識や能力の不足」(45.0%)。2番目が「従来の一律的な価値観...
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
労働時間短縮施策として「行った結果、効果があった」割合が最も高かったのは「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」
労働時間を短縮するために行った施策が「ある」企業に、各施策実施の有無とその効果について聞いたところ、「行った結果、効果があった」の割合が最も高かったのは、「経営...
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

インディードの採用ノウハウを無料公開 高尾の森わくわくビレッジ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...