無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第31回】
これからの組織と個人は、グロースパートナー

法政大学 キャリアデザイン学部 教授

田中 研之輔さん

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ

令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事という仕事で関わる<同僚たち>へのキャリア開発支援。このゼミでは、プロティアン・キャリア論をベースに、人生100年時代の「生き方と働き方」をインタラクティブなダイアローグを通じて、戦略的にデザインしていきます。

タナケン教授があなたの悩みに答えます!

やるべきことは見えています。組織と個人がそれぞれにグロースしていくための関係性を構築していくことです。

これまでの日本型雇用は、組織内キャリアを前提としていました。終身雇用を前提とすることで、組織側のタイミングで人事発令や全国への転勤が行われ、副業は禁止とされてきました。

しかしコロナ・パンデミックを経て、明らかに働き方の歴史が変わりました。組織内キャリアから自律型キャリアへのトランスフォーメーションが加速したのです。

2019年8 月に『プロティアン』を出版したとき、問題意識として念頭に置いていたのは、組織内キャリアからの脱却でした。変化に適合しながら、主体的にキャリア形成をしていく働き方を、一人でも多くのビジネスパーソンに届けていくことを狙いとしていました。現在もほぼ毎日、企業での講演や研修、セミナー登壇を行っています。

オンライン実施の場合は、全国から参加できるので、毎回、200名から300名のビジネスパーソンに、自律的なキャリア形成の最新知見について伝達しています。このままのペースで推算すると、私が直接ライブでお伝えした方が、今年で10万人を超えることになります。

本連載をはじめ、メディアでの発信機会やe-ラーニングなども含めると、相当数のビジネスパーソンに、自律型のキャリア形成の考え方が届き始めています。

これからの働き方をより良いものにしていくために、今、私たちに求められているのは、組織と個人をグロースパートナーにしていくことです。

プロティアン、キャリア自律、これらの考え方は、組織に従属する個人ではなく、自らキャリアオーナーシップを持ち組織に向き合う個人を増やしていく動力源です。若手ビジネスパーソンの入社動機やその後の転職動向を見ていると、主体的なキャリア形成は間違いなくこれからの働き方のスタンダードになっていきます。

「いい人材が確保できない」「優秀な人材から流出していく」と頭を抱えているのであれば、それは組織内キャリア形成モデルから転換できていないからです。組織内キャリアモデルの最大の弱点は、経営や事業の視点からは常にグロース戦略を考えているのに、社員のキャリアグロースが戦略的に構築されていないことです。多様な働き方と年功序列が共存するいびつな組織形態が続いているのです。

社員それぞれでキャリアグロースのタイミングは異なります。子育て、介護、健康などのライフイベントも、それぞれのキャリア形成に密接に関連しています。

これまでのキャリア主体の歴史的変遷は、次のようにまとめることができます。

(田中研之輔 2022 『今すぐ転職を考えてない人のためのキャリア戦略」P.30)

(田中研之輔 2022 『今すぐ転職を考えてない人のためのキャリア戦略』P.30)

令和という時代のキーワードは、「関係性」です。個人と組織の関係性をより良いものにしていくために、個人は自律的なキャリア形成を続け、組織はそうした多様な個人のキャリアグロースに寄り添っていくことが欠かせません。そんなことは無理だと思ったのであれば、過去の経験にとらわれてしまっている証拠です。

HRテクノロジーの分野もますます発展していくことになります。HRテクノロジーの役割は、生産性改善や自動化への代替のみならず、多様な個人のそれぞれのキャリアグロースに伴走していくことです。

組織と個人をグロースパートナーにしていくために、今、私が企業と一緒に取り組んでいるのは、次の最先端のキャリア開発です。

最先端のキャリア開発へ

まず、キャリア開発を「日常」化させることです。経営戦略会議、事業戦略会議と同じように、キャリア戦略会議を定期的に開催します。経営の最大のリソースは「人」であるという人的資本経営を実現していくために、キャリア開発を「非日常」の形式的イベントから「日常」の実践的ルーティンへと深化させていくのです。

次に、キャリア開発を「トレーニング型」に切り替えていく必要があります。社内研修が「休憩」の時間では困ります。社内研修は、キャリアグロースのためのトレーニング=修練の貴重な機会なのです。

トレーニングシートも私が作成し、企業現場で実践しています。例えば、次のようなビジョンシートも効果的です。

(田中研之輔 2022 『今すぐ転職を考えてない人のためのキャリア戦略」P.191)

(田中研之輔 2022 『今すぐ転職を考えてない人のためのキャリア戦略』P.191)

どうありたいのかを言語化していくのです。キャリアに悩んでいるうちは、打開策を見出すことができません。キャリアは考えるもの、より詳しく表現するなら、「戦略的に構築する」対象なのです。

これらの日常的なキャリアトレーニングを「やりっぱなし」や「本人任せにする」のではなく、組織力向上に向けて、データで把握していくことも欠かせません。

これまで、企業との取り組みで、いくつかのキャリア自律診断を開発してきました。キャリア自律診断は、キャリアトレーニングの前後の変化を数字で比較できます。キャリア形成の変化は、数時間では生じません。これまでのプレテストの知見からすると、四半期や半期ぐらいのスパンで、個人にとって納得感のある変化が数値化されていきます。これらのデータを蓄積していくことで、キャリア課題に対する効果的な対処法も、いずれAIなどがサジェストしてくれるようになります。

これらの取り組みを通じて実現していきたいのは、組織が個人を管理・調整するのではなく、組織と個人が共にグロースしていくパートナーになっていくことです。

これは遠い未来の話ではありません。実際、キャリアオーナーシップを推進している企業では、すでに組織と個人のグロースパートナーとしての関係構築に向けて、新人材戦略を掲げ、キャリアオーナーシップを推進する施策を運用しています。

ジョブ型、早期退職など、働き方の「一部」の切り取りが常に話題になりますが、私たちが本当に議論していかなければならないことは、組織と個人の関係性をアップデートしていくための極めて本質的で包括的なイシューなのです。


田中 研之輔さん(法政大学 教授)
田中 研之輔
法政大学キャリアデザイン学部教授/一般社団法人プロティアン・キャリア協会 代表理事/明光キャリアアカデミー学長

たなか・けんのすけ/博士:社会学。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。専門はキャリア論、組織論。UC. Berkeley元客員研究員、University of Melbourne元客員研究員、日本学術振興会特別研究員SPD 東京大学。社外取締役・社外顧問を31社歴任。個人投資家。著書27冊。『辞める研修辞めない研修–新人育成の組織エスノグラフィー』『先生は教えてくれない就活のトリセツ』『ルポ不法移民』『丼家の経営』『都市に刻む軌跡』『走らないトヨタ』、訳書に『ボディ&ソウル』『ストリートのコード』など。ソフトバンクアカデミア外部一期生。専門社会調査士。『プロティアン―70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本論』、『ビジトレ−今日から始めるミドルシニアのキャリア開発』、『プロティアン教育』『新しいキャリアの見つけ方』、最新刊『今すぐ転職を考えてない人のためのキャリア戦略』など。日経ビジネス、日経STYLEほかメディア多数連載。プログラム開発・新規事業開発を得意とする。

企画・編集:『日本の人事部』編集部

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 人気順 古い順

*****さんが参考になったでオススメしました

東京都 化学 2022/05/09

 

1件中1~1件を表示
  • 1

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ」のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
キャリア自律
キャリア・オーナーシップ
キャリア・アダプタビリティ
プロティアン・キャリア