無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

みなし残業について
みなし労働について

みなし残業を導入する事で、使用者にみなし労働たから残業するようにと残業指示を出すことは可能でしょうか?特に昨今は休業のこともあり、休業以外の出勤日は残業させたいと思ってます

投稿日:2020/06/27 20:51 ID:QA-0094644

マナカナさん
東京都/バイオ

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご質問の内容だと、みなし残業として認められない可能性があります。
みなし残業手当は、残業してもしなくても支払うのが条件です。

みなしだからではなく、業務上の必要性があれば残業命令を出すことはかまいませんが、みなしの分だけは、帰るなということになりますと、法定労働時間を超えた拘束が前提となりますので、違法性もでてきます。

投稿日:2020/06/29 11:38 ID:QA-0094668

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2020/08/16 10:59 ID:QA-0095739参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、みなし(固定)残業制の有無に関わらず、残業指示を出す事は可能です。但し、36協定で定められた範囲内で実施される事が必要です。

つまり、みなし(固定)残業の時間が月30時間であっても、仮に36協定で定められている限度時間が月25時間であれば、月25時間までしか残業指示は出せませんので注意が必要です。

投稿日:2020/06/29 17:20 ID:QA-0094681

相談者より

回答ありがとうございました。週4の休業指示を出している使用者に対して、出勤した日にみなし残業なのだから、残業するように指示を出す事が、可能ですか?
再度質問になりますが、返答頂けたら幸いです。

投稿日:2020/06/29 18:23 ID:QA-0094687参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「週4の休業指示を出している使用者に対して、出勤した日にみなし残業なのだから、残業するように指示を出す事が、可能ですか?」
― 先に回答差し上げました通り、みなし(固定)残業制の有無によって残業指示の可否が判断されるわけではございませんので、36協定の範囲内であれば可能といえます。

投稿日:2020/06/29 20:25 ID:QA-0094690

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

所定労働時間

みなしかどうかは残業とは関係がありません。業務上の必要性があり、残業命令を出すことで残業は可能となります。結果として日週所定労働時間を超えることになるでしょうから、「見なしなので残業せよ」は通りません。業務上の必要性を会社=管理職が命じることでみなしであっても、なくとも、業務上欠くべからざる内容であり、みなし残業分消化のためのような業務外用務や無意味な時間つぶしとも取れる悪質なものでなければ、残業命令は出せます。

投稿日:2020/06/30 21:41 ID:QA-0094727

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2020/08/16 10:59 ID:QA-0095740参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード