企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15720件   回答数34144

パート社員への対応について

お世話になります。

4月からの改正パートタイム・有期雇用労働法に向け取り組んでいます。

当社の就業規則(正社員)には、風水害などの災害を受けた場合と官公署の召喚を受けた場合は「その他の有給休暇」として年次休暇と別に付与される記載がありますが、パート社員の就業規則にはなぜか記載がありません。

また、年次休暇を半日単位で取得できる半日有給休暇の制度も社員にはありますが、流通業界でそもそも個人で契約しているパート社員の就業時間では管理が難しくなると思っています。

今回の法改正にあたり、「その他の有給休暇」については付与の範囲拡大、「半日有給休暇」については付与(使用可)対象とする必要があるでしょうか。

よろしくお願いいたします。

  • じゃいがんさん
  • 東京都
  • 食品
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2020/02/15 12:12
  • ID:QA-0090552
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/17 17:09
  • ID:QA-0090578

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、「その他の有給休暇」については付与の事由を見ましても雇用形態によって差を設けるような事由とはいえませんので、当然に同様の付与とされるべきです

一方、半日年休に関しましても、例えば時間単位年休の労使協定において対象労働者の範囲を定める際に一部を対象外とする場合は「事業の正常な運営」を妨げる場合に限られていることからも、これに準じまして単に雇用形態のみによって使用の対象外とされる扱いについては避けるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2020/02/18 08:59
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもありがとうございます。

その他の有給については範囲拡大の方向といたします。半日休暇については、再度検討する事としますが、拡大する方向ですかね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/18 07:45
  • ID:QA-0090586

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

休暇に関する同一労働同一賃金

パート有期法では、同一労働であれば均等待遇、そうでなければ均衡待遇が求められます。
貴社においてはパート社員は同一労働ではないと考えられますので、均衡待遇を前提とします。
均衡待遇では、働き方が異なることから同一の待遇とする必要はありませんが、不合理な待遇差が許されません。
不合理かどうかは、この場合、休暇制度の目的や性質に照らして、正社員だけが対象となっていることが不合理かどうかを問うものです。
よって、災害時の特別休暇の趣旨からいえば、災害時に出勤する危険を回避する休暇なのでパート社員に適用されないのは不合理と考えます。
官公庁からの召喚は、裁判員裁判を想定されていると思いますが、そうであれば、パート社員にも適用していないと不合理となります。

半日休暇も目的から考えれば不合理となりますが、管理が煩雑となるという理由も一定の合理性があるうえ、働き方に差があることも勘案して、半日付与はおこなわないのは法律上問題ないでしょう。
パート社員がその説明で納得するなら、半日付与は行わないことでよろしいと思います

  • 投稿日:2020/02/18 09:05
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
その他の有給休暇は一律の対応が必要ですね。

半日有給については、パートさんの勤務する時間に
応じて支給する方法も考えようかと思いますが、そうするとまた、均衡待遇に触れてしまうかもしれませんね。結構悩みどころです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/18 09:23
  • ID:QA-0090591

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご認識の通り拡大される方向性が望ましいでしょう。

  • 投稿日:2020/02/18 11:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々のご回答ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由 従業員の自律的なキャリア開発を支援する
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


顔と名前の一致”が組織を強くする<br />
 シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

顔と名前の一致”が組織を強くする
シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

企業は成長を目指すのが常ですが、成長するほど見えなくなってしまうものが...


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...