企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

契約社員の試用期間について

当社の「就業規則(契約社員用)」には、試用期間を“採用の日から3ヶ月を試用期間とする”、また、雇用契約期間は“原則として1年以内とする”と記載があります。
しかし、現在、入社時の雇用契約期間は、以下となっています。
●契約期間(採用日~3ヶ月後)=試用期間(採用日~3ヶ月後)
通常、試用期間を3ヶ月としている場合、雇用契約期間が1年というのが社会通念上かと存じますが、当社のような契約をしていることで法令違反とはならないのでしょうか?
ご教示の程宜しくお願いいたします。

  • 投稿日:2019/02/18 11:56
  • ID:QA-0082453
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/18 13:08
  • ID:QA-0082457

代表者

試用期間を独立させる意図は?

▼実質的には、試用期間ではあるが、契約上は、独立した雇用期間(3カ月)としているというですね。
▼他方、就業規則では1年以内の所定雇用期間の内枠として試用期間が設けられているとのこと、何らかの理由があるのでしょうか?
▼格別、法違反とは思えませんが、本採用以前の段階とは言え、格別の理由なしに、就業規則と異なった措置を取るのは感心できません。

  • 投稿日:2019/02/21 16:05
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
有期契約社員の場合、創業時から〝契約期間=試用期間(3ヶ月)〟で処理されてきたらしく、就業規則との相違を説明のうえ改善を提案しても、弊社トップが聞き入れません。
「試用期間が3ヶ月なのだから、契約期間を3ヶ月としていれば、雇用終了の理由になり契約終了しやすい。」と弊社トップは言っています。また、「うちで言う試用期間は一般の試用期間とはちょっと違う。」とも言っています。
試用期間を都合良く解釈しているように私には思えるのですが、どのように説明すれば、納得してもらえるでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/18 14:15
  • ID:QA-0082464

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

契約期間=試用期間とし、その後、正社員とするケースや、1年契約のうち、試用期間3ヶ月ということであれば、問題はありますが、無意味とはいえません。

しかし、ご質問のように契約社員ということで、契約期間=試用期間ということは、無意味といえます。契約更新しないようであれば、更新条項に則り、契約更新しなければいいことになります。

  • 投稿日:2019/02/21 16:08
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
有期契約社員の場合、創業時から〝契約期間=試用期間(3ヶ月)〟で処理されてきたらしく、就業規則との相違を説明のうえ改善を提案しても、弊社トップが聞き入れません。
「試用期間が3ヶ月なのだから、契約期間を3ヶ月としていれば、雇用終了の理由になり契約終了しやすい。」と弊社トップは言っています。また、「うちで言う試用期間は一般の試用期間とはちょっと違う。」とも言っています。
試用期間を都合良く解釈しているように私には思えるのですが、どのように説明すれば、納得してもらえるでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/18 15:03
  • ID:QA-0082473

人事・経営コンサルタント

無意味

法的には可能なものだと思いますが、契約期間終了後に関係が切れる契約社員に対して無意味なものと言えます。
また、現在人手不足な環境では、いかに獲得した人材を逃がさないかに腐心する企業が多いため、試用期間で堂々と辞めやすい採用で良いのかどうかは貴社の経営半田となります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/18 18:29
  • ID:QA-0082484

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、試用期間及びそれも含めた契約期間については就業規則に基づき労使間で合意の上雇用契約書を交わして決めることになります。

そして試用期間の長さや契約期間との関係について直接の法的定めはないとはいえ、御社規則内容からしますと試用期間が3か月であることから契約期間がこれと同じ期間というのは明らかに不合理と考えられます。

従いまして、就業規則の定めに従い試用期間を3か月とされる以上、契約期間は1年以内(丸1年でなくとも直ちに違法とはなりません)で別途定められる事が必要といえます。

  • 投稿日:2019/02/21 16:06
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
有期契約社員の場合、創業時から〝契約期間=試用期間(3ヶ月)〟で処理されてきたらしく、就業規則との相違を説明のうえ改善を提案しても、弊社トップが聞き入れません。
「試用期間が3ヶ月なのだから、契約期間を3ヶ月としていれば、雇用終了の理由になり契約終了しやすい。」と弊社トップは言っています。また、「うちで言う試用期間は一般の試用期間とはちょっと違う。」とも言っています。
試用期間を都合良く解釈しているように私には思えるのですが、どのように説明すれば、納得してもらえるでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...