企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14281件   回答数30314

委託業務

受付コールセンターを別会社として委託設立する際に、受付コールセンターだけでは対応出来ない内容を本社の社員が営業活動として応援し、その実績は受付コールセンターの実績とする事は問題がありますでしょうか?

  • 維新伝心さん
  • 福岡県
  • 情報サービス・インターネット関連
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人材派遣・業務請負
  • 投稿日:2018/12/11 15:50
  • ID:QA-0080962
専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/12/11 20:41
  • ID:QA-0080969

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まず応援に関しましては通常の場合会社間で出向契約を締結し出向させること(本社との兼務も可能です)での対応になります。出向関係なくして他の会社の業務に就かせることは、たとえ関係性の深い会社であっても労働者供給事業とされ職業安定法違反となりますので注意が必要です。

一方、業務実績については人事労務上の事柄ではございませんのでその点ではどのようにされても問題ないですが、会計処理上の問題が生じる可能性がございますので会計または法務担当にご相談される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2018/12/14 14:51
  • 相談者の評価:大変参考になった

親会社が子会社に委託している業務を、親会社社員が無償で手伝うのは労働者供給事業に該当するという事ですね?
会計上の話しになるかもしれませんが、それは利益供与や寄付金に該当するでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/12 10:33
  • ID:QA-0080973

代表者

「応益の原則」に基づき、出向者費用を負担するのが原則

▼ 法人税法には、色々な例外的定めがありますが(例えば、業績不振の子会社救済のため親会社員が無償で出向する場合の親会社損金扱いなど)、基本は、「出向契約に基づき、役務の提供を無償又は低廉で受けた場合には、益金の額を計上する」のが原則です。
▼ つまり、「利益に応じた費用を負担する」趣旨で、「応益の原則」と言います。ご質問の場合、受付コールセンターで、出向者費用を負担、計上する必要があります。会計事項でもあるので、税理士さんにご確認下さい。

  • 投稿日:2018/12/14 14:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

出向者でない本社社員が応援する場合は、人件費や交通費等の費用を子会社が負担しなければならないということですね?
そうしなければ、利益供与や寄付金に該当するでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/14 21:28
  • ID:QA-0081068

代表者

「応益の原則」に基づき、出向者費用を負担するのが原則 P2

▼はい、回答の趣旨は、ご理解の通りです。

  • 投稿日:2018/12/17 09:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/15 22:25
  • ID:QA-0081070

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、利益供与や寄付金についてはご指摘の通り会計・税務上の問題ですので、労働者供給事業とは関係ございません。詳細は会計士または税理士といった専門家にご確認頂ければ幸いです。

  • 投稿日:2018/12/17 09:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワ株式会社 総務部 課長 松波 弘治さん、人事部 次長 田中 堅...


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...