企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12667件   回答数26359

自転車保険義務化について

自転車損害賠償保険等に加入を義務化する条例の制定が各自治体で進んでおりますが、
企業側で通勤時自転車を利用する従業員が保険に加入しているかしていないかを把握する必要はあるのでしょうか?

把握するにしても、通勤時に自転車を使用しているかしていないかは社員から提出されている通勤に関する届にて確認することができますが、
あくまで自己申告のため徒歩と申請してあっても自転車を使用している可能性もあり正確な情報を把握することができていないのが現状です。

また、新たに保険加入を証明する書類を集めるにしても対象者が把握できていないため、
未提出者を特定することもできません。

万が一、従業員が損害賠償責任を負ったときに保険に加入しておらず、
支払能力がない場合がない場合、会社が負担を背負うこともあると聞いております。

会社・従業員を守るにはどのような運用が適切なのでしょうか?

  • 投稿日:2017/10/06 13:16
  • ID:QA-0072814
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/06 16:03
  • ID:QA-0072815

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず、会社として、自転車通勤を認めるのか認めないのか方針を検討してください。

自転車通勤を認める場合には、自転車通勤手当規程を作成し、周知します。

運用としましては、許可制にし、希望者からは、申請書を提出してもらい、そのことを周知徹底します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/06 22:35
  • ID:QA-0072821

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、自動車と同様に自転車通勤につきましても事故発生のリスクがある以上会社側で規定を設けて管理対象とされるべきです。

現状では徒歩通勤との区別が不明確になっているようですが、殆どの場合通勤中の事故について会社側に損害賠償責任等は生じないとはいえ、全く放置されていますと従業員に対する管理不行き届きから責任を追及される可能性が全く無いとまでは言いきれません。

おおまかな規定内容としましては、少なくとも

・自転車通勤を希望する場合の会社への届出
・通勤経路の明示
・自転車保険加入及び年1回の保険証コピーの提出
・(仮に会社側で用意出来ない場合)自転車利用者による適切な駐輪場の確保
・通勤中の事故における自転車利用者側での全ての責任負担

といった事項を記載されるのが妥当といえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/07 12:10
  • ID:QA-0072824

代表者

自転車通勤使用を認める場合の措置

▼ 自転車事故件数は激増中です。積極的、明示的に使用禁止していない限り、使用者責任(民法715条1項)にを問われるリスクも大きくなりつつあります。
▼ 通勤使用を認めるものとして、以下、採るべきリスク軽減策を列挙します。
① 通勤使用の自転車は、業務には絶対に使わせないこと
② 通勤使用者に対し、安全利用のための研修や情報の提供等を講じること(※)
③ 保険に加入させること
④ 会社が駐輪場を確保するか、通勤使用者が駐輪場所を確保していることを確認すること(※)
⑤ これらを就業規則等で明文化し、ルール遵守することを自転車通勤の許可条件とすること
▼ 尚、② ④ は、東京都の条例で義務化されています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
19卒採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:04/01~04/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


19卒採用支援ソリューション特集

本特集では、今からでもご活用いただける、19卒新卒採用に役立つソリューションをご紹介します。
貴社の19卒採用にぜひご活用ください。



注目のセミナー特集

今期、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...


「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

リクルートグループは2015年より、働く子育てを支援する「iction...