企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13444件   回答数28198

自転車保険義務化について

自転車損害賠償保険等に加入を義務化する条例の制定が各自治体で進んでおりますが、
企業側で通勤時自転車を利用する従業員が保険に加入しているかしていないかを把握する必要はあるのでしょうか?

把握するにしても、通勤時に自転車を使用しているかしていないかは社員から提出されている通勤に関する届にて確認することができますが、
あくまで自己申告のため徒歩と申請してあっても自転車を使用している可能性もあり正確な情報を把握することができていないのが現状です。

また、新たに保険加入を証明する書類を集めるにしても対象者が把握できていないため、
未提出者を特定することもできません。

万が一、従業員が損害賠償責任を負ったときに保険に加入しておらず、
支払能力がない場合がない場合、会社が負担を背負うこともあると聞いております。

会社・従業員を守るにはどのような運用が適切なのでしょうか?

  • 投稿日:2017/10/06 13:16
  • ID:QA-0072814
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/06 16:03
  • ID:QA-0072815

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず、会社として、自転車通勤を認めるのか認めないのか方針を検討してください。

自転車通勤を認める場合には、自転車通勤手当規程を作成し、周知します。

運用としましては、許可制にし、希望者からは、申請書を提出してもらい、そのことを周知徹底します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/06 22:35
  • ID:QA-0072821

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、自動車と同様に自転車通勤につきましても事故発生のリスクがある以上会社側で規定を設けて管理対象とされるべきです。

現状では徒歩通勤との区別が不明確になっているようですが、殆どの場合通勤中の事故について会社側に損害賠償責任等は生じないとはいえ、全く放置されていますと従業員に対する管理不行き届きから責任を追及される可能性が全く無いとまでは言いきれません。

おおまかな規定内容としましては、少なくとも

・自転車通勤を希望する場合の会社への届出
・通勤経路の明示
・自転車保険加入及び年1回の保険証コピーの提出
・(仮に会社側で用意出来ない場合)自転車利用者による適切な駐輪場の確保
・通勤中の事故における自転車利用者側での全ての責任負担

といった事項を記載されるのが妥当といえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/07 12:10
  • ID:QA-0072824

代表者

自転車通勤使用を認める場合の措置

▼ 自転車事故件数は激増中です。積極的、明示的に使用禁止していない限り、使用者責任(民法715条1項)にを問われるリスクも大きくなりつつあります。
▼ 通勤使用を認めるものとして、以下、採るべきリスク軽減策を列挙します。
① 通勤使用の自転車は、業務には絶対に使わせないこと
② 通勤使用者に対し、安全利用のための研修や情報の提供等を講じること(※)
③ 保険に加入させること
④ 会社が駐輪場を確保するか、通勤使用者が駐輪場所を確保していることを確認すること(※)
⑤ これらを就業規則等で明文化し、ルール遵守することを自転車通勤の許可条件とすること
▼ 尚、② ④ は、東京都の条例で義務化されています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...