企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12317件   回答数25521

慶弔申請

従業員より1年前の慶弔金の申請が漏れていたので、今から申請をしても良いか、との相談がありました。
ちなみに就業規則等で慶弔金申請期限を設けていませんので、対応せざるを得ないと思うのですが、今後は期限を設けることは可能でしょうか??また、その場合、何か月?何年?が一般的でしょうか??

  • 人事勉強中1年さん
  • 東京都
  • マーケティング・リサーチ・テレサービス
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/09/12 17:35
  • ID:QA-0072499
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/09/12 19:50
  • ID:QA-0072501

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、慶弔金の取扱いにつきましては、法令上定めがございませんので、各会社で任意に定めて運用することになります。

従いまして、申請期限を設ける事も可能といえます。但し、軽度のものとはいえ現行より不利益な変更となりますので、変更に際しましては労働者側に真摯に説明され理解を求めることは不可欠といえます。加えて、特に近い身内の弔事につきましては、当人も暫くは大変な状況ですので、短い期限を設けて厳格に適用されるといった対応は適切といえないでしょう。

具体的な対応例としましては、該当する事案の発生から1~3カ月程度を一応の期限と定められた上で、会社側が事情を把握した際には改めて申請手続きについて当人にお知らせするといった方法が考えられます。また期限を過ぎた場合であっても、当人の状況に応じ改めて期限を再設定された上で申請を促される等、柔軟な措置を取られるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/10/18 19:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました!!

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/13 05:56
  • ID:QA-0072503

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

慶弔給付の申請期限

慶弔給付規程に申請期限を設けてある規程はございます。
期限を設けた規程を周知させることで、今後、期限を設けることは問題ありません。

1年としているものが多いようです。これは給料の請求の時効と一致しています。
または事業年度末までとするのも事例は見たことはありませんが、経理上の正当性はあると思われます。

  • 投稿日:2017/10/18 19:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました!!

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立 企業の“生の声”が聞ける
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>従業員サーベイの実態調査

注目コンテンツ


女性活躍推進特集

数ある多様な働き方の実現を支援するソリューションの中でも、特に女性の働き方に焦点を当てたサービスやセミナーをご紹介いたします。



注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...


究極の人事給与システムとは何か?

究極の人事給与システムとは何か?

優れた人材を採用し、働きやすい環境を整え、企業の成長に不可欠な人事戦略...