人事のQ&A

相談数11812件   回答数24446

発達障害の可能性のある社員への対応について

いつも、大変参考にさせていただきありがとうございます。

40代半ばの役職者なのですが、非常に物覚えが悪く、アサインしたことについて何時も失念しております。挙動等についても落ち着きが無く、集中力も散漫している場面が散見され、気になっております。
前述の状況から発達障害の症状に非常に類似しており、今後、どのような対応が妥当なのか試行錯誤しております。調べると発達障害は一定の割合の方はおられるようで、厚労省からの支援体制もあることを知りました。当該社員に対しどのうようにアプローチをするか、またどのようにマネジメントすることが望ましいのかご教示いただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

  • 投稿日:2016/11/10 14:57
  • ID:QA-0068117
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/11/10 20:50
  • ID:QA-0068120

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、当人の素振りのみから特定の疾患と決めつけて対応されることは厳禁です。特にメンタル関連の疾患については、素人が容易に判断出来るものではない事に留意が必要です。

また、文面のような状況が事実であれば、何故このような方に重要であるはずの役職を任ぜられているのか疑問を禁じえません。事情は勿論存じ上げませんが、役職者である以上元来は優秀な人材であったように思われますので、何らかの理由による一時的な心の乱れといった可能性も考えられるでしょう。

対応としましては、まず当人と面談を行い、勤務状況について問題が見られることを示された上で、心身面でトラブルを抱えていないか確認されることが必要といえます。実際に何らかの疾患を抱えているか、または大きな悩みを抱えて仕事が手につかない状態等であれば、状況に応じて専門医のアドバイスを受けられる等会社としましても慎重な対応が求められます。

一方、何ら問題がないという事であれば、それ以上問い詰める事は困難ですので、通常の勤務不良事案としてしっかりと注意・指導を行われるべきといえます。それでも改善がなされないようであれば、就業規則に基づき制裁措置を科していかざるを得ないでしょう。いくら措置を採られても改善不能が続くようであれば、再度健康状態について問題はないか確認された上で、仕事をきちんとこなせない以上解雇も視野に入れて対応されるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2016/11/11 11:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
当該社員の昇格においては疑義もありましたが、体制上やむを得ない事情もあり、伸びしろを期待しましたが、苦戦しております。
先ずは、面談等のうえ、専門的なアドバイスを得たうえで検討してまいります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/11/10 21:34
  • ID:QA-0068121

人事・経営コンサルタント

人事管理

発達障害は広く社会で見られるようになり、職場でも一定割合で存在することがわかっています。しかし会社は治療の場ではありませんので、まずは業務優先となるべきだと思います。
ご本人にはお気の毒ですが、一部大企業等であれば配置転換や適性に基づく移動や特別指導などが可能かも知れません。しかし多くの企業は最低限の人員体制、しかも慢性的人手不足の中で業務推進をしております。残念ながら通常の人事管理を徹底する以外は現実的に難しいのではないでしょうか。

組織内、周囲や対顧客などでトラブルになった場合、決してはれ物に触るような特別扱いはせず、一般のがんばっている社員と平等に、成果が出れば評価し、失敗したりトラブルを起こせば原因が病気かどうかには関係なく、冷静に対処しなければ、公平な人事政策は実現できないと思います。

記憶があいまいであればメモを取るなど対策を自ら考えさせ、実行できなければそれは病気ではなく責任を果たせないことになるとせざるを得ないのではないでしょうか。

  • 投稿日:2016/11/11 11:28
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
基本的なスタンスにつきましては、先生のご回答に近いと考えております。一方、配置転換等の策等を取ることも選択肢に入れ、検討したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
課題解決ノウハウが満載!! 『日本の人事部』注目のセミナー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

人事担当者必見の注目のセミナーをご紹介。貴社の人事課題の解決や、情報収集にお役立てください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...