企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15186件   回答数32719

定時間外の定例会議について

いつも参考にさせていただいております。

弊社は数年前に上場したベンチャー企業です。
上場前の繁忙期の慣習がまだまだ残っていまして、各部内の会議や
毎週行う社員全員会議等は、定時間外である夜19時や20時に
開催されることが多い状況です。

従来はそれが当たり前のようにしていましたが、社員数も100人を
超え、早く帰ってプライベートを大切にしたい、といった考えをもつ者も増えました。
そのような社員より、「毎週の定例会議が残業時間に設定されている
のはおかしい。」と言う者もおります。

もちろん、会議に参加した際の残業代は支払っています。
ただ、そもそも残業しなければならないことが前提の定例会議設定は違法ではないのか?と弊社代表も懸念を抱き始めています。

初歩的な質問かもしれませんが、教えていただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 商品取引
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2009/11/05 23:35
  • ID:QA-0018102
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/11/06 10:22
  • ID:QA-0018106

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、法定労働時間の原則からも定例会議のように決まって必ず行う業務を時間外労働として常時組み込むというのは違法性のある措置と考えられるというのが私共の見解になります。

時間外労働というのは、あくまで通常業務を処理出来ない場合の例外として36協定に決められた範囲内で行われるものですし、必要が無い場合は協定内容に関わらず実施しないのが当然の措置といえます。

しかしながら、繁忙期等においてたまたま定例会議の時間が採れず、やむを得ず時間外での開催になるような場合は差し支えないでしょう。

但し、定例会議が所定労働時間内に殆ど開催出来ないというのでは業務運営自体に重大な瑕疵があるものといえますし、会社のコスト負担という観点からもマイナスですので、業務スケジュールについて検討の上改善される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2009/11/06 19:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になります。
ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/11/06 11:42
  • ID:QA-0018110

社会保険労務士法人SRグループ 代表

会議体の在り方について

ご質問の件については、既に回答もされていますが、定例の会議体を
元々の予定として定時時間外に組み込み、結果的に1日10時間程度の
労働時間が前提となってしまうのは確かに問題かもしれませんが、
ただそもそものところで、「毎週の定例会議が残業時間に設定
されているのがおかしい」という不満が出るという事自体から
会議体が形骸化しているのではないかということが推察されます。

定例的な会議はどうしても形骸化する傾向がありますし、
会議体の内容または会議体の参加者を再検討し、参加者を絞ると
いうことでそのような不満が出ない会議体に改善するという事も
必要ではないかと思います。
加えて、違法性というところのみに着目するのではなく、タイム
マネジメントの観点から、どうすれば定時時間外に会議が開催
されるという状況を改善できるか、業務改善の視点から社内で
検討されてみてはいかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

  • 投稿日:2009/11/06 19:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

根本の考えを見直すお言葉をありがとうございました。
大変参考になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...