企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

年間休日 決定の際の留意点

いつもお世話になっております。

年間休日の件で一つ教えてください。

弊社では就業規則にて、1ヶ月の労働基礎日数を
実働日数に関わらず21日と定めています。

現状2009年度の年間休日日数を決めているところ
なのですが124日という意見があがっております。

仮にそうなった場合ですが、

(365日-124日)÷12ヶ月=20.08…≒20日

となり、このままでは労働基礎日数21日と比べて
ほぼ1日ほど乖離してしまいます。

こういった場合なのですが就業規則の
実労働日数が21日のままで問題ないか、それとも
現実に即した20日への変更を検討しなければならないか
教えてください。

よろしくお願いします。

投稿日:2009/02/09 14:41 ID:QA-0015113

マイルドさん
大阪府/HRビジネス

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

休日の件ですが、労働法令における休日の考え方はご周知の通り「週単位」となっています。

従いまして、週休の点でどのような形態を採るかが就業規則上で定めるべき事項であり、月や年単位の休日日数まで定める義務はございません。

ご相談の件のように規定された所定労働日数と実際の労働日数が異なるのでは、当然規定の意味を成さず問題がありますので、少なくともどちらかに合わさなければいけません。

こうして月や年単位で所定労働日数を決めてしまいますと、暦の都合で毎年(場合によっては毎月)就業規則を見直さなければなりませんので、非常にデメリットが大きいものといえます。

そうした点からも週単位の休日について必ず定めを置いた上で(※週休2日制等、曜日を特定までは義務付けられていませんが可能であれば定めておく方が望ましいとされています)出来ればそうした意味の無い所定労働日数の定めは廃止すべきというのが私共の見解になります。

投稿日:2009/02/09 23:09 ID:QA-0015124

相談者より

早速の回答ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------
こうして月や年単位で所定労働日数を決めてしまいますと、暦の都
合で毎年(場合によっては毎月)就業規則を見直さなければなりませんので、非常にデメリットが大きいものといえます。

そうした点からも週単位の休日について必ず定めを置いた上で(※週休2日制等、曜日を特定までは義務付けられていませんが可能であれば定めておく方が望ましいとされています)出来ればそうした意味の無い所定労働日数の定めは廃止すべきというのが私共の見解になります。
---------------------------------------------------------------

というご見解のようですが、
弊社では給与処理の際に規程集で定めた
労働基礎日数21日をベースとして使用しています。

例えば途中入社者の場合の給与については、

月給×労働日数/21日

という計算方法になります。

ですので業務上は必要な数字であり、
もし年間休日日数と設定している労働基礎日数との
間の乖離が問題であり、仮に変更する必要があれば
日給や時給単価にも影響してきます。

なので非常に重要な問題と認識しています。

他社のケースですが、
労働基準監督署の指導が入った際に
労働基礎日数と実際の勤務日数との差を指摘され
年間休日日数を1日増やさざるを得なかったという
ハナシも聞いております。

上記の点を踏まえて再度ご見解をお聞かせ下さい。
よろしくお願いします。

投稿日:2009/02/10 09:28 ID:QA-0035938参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事頂き有難うございます。

「弊社では給与処理の際に規程集で定めた
労働基礎日数21日をベースとして使用しています」
― 勿論、法令に反しない限り御社でどのような労働日数の決め方や賃金支給の方法を定めても自由なのですが、やはりこのような決め方にデメリットが多く見直す方が望ましいという見解に変わりはございません。

実態に合わない、或いは実務上問題が発生しているということであり「重要な問題と認識している」とお考えでしたら、制度自体を見直す事を検討されるのがやはり妥当ではないでしょうか‥

前回申し上げました通り規程と実労働日数の剥離を正す事が最低限必要ですが、業務上必要な数字ということでしたら、この際規程全体を整合性が取れるよう抜本的に見直すことが望ましいでしょう。

但し、御社の独自の方針もあることですのであくまで参考意見として汲み取って頂ければ有り難く思います。

投稿日:2009/02/10 11:22 ID:QA-0015134

相談者より

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日:2009/02/10 11:58 ID:QA-0035942参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...