企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人が変われば組織が変わり、組織が変化すれば社会がよくなる
心理学を学んだことで人・組織・社会の課題を解決できると確信した

株式会社レアリゼ 代表取締役社長 
NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長

真田茂人さん

真田茂人さん(株式会社レアリゼ 代表取締役社長  NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長)

従業員のためにさまざまな研修を実施しているのに、なかなか目に見える成果があらわれない。人材開発に関わる多くの人事パーソンにとって、切実な悩みではないでしょうか。この難しい問題を「人はどのようにして行動するのか」を心理学的、脳機能的、進化生物学的に分析することで解決できると提唱しているのが、大手企業・医療機関・学校・官公庁などを対象に、数多くの講演・研修・コンサルティングを手がける株式会社レアリゼ 代表取締役社長の真田茂人さんです。既存のリーダーシップのあり方を一新する「サーバント・リーダーシップ」の普及にも注力している真田さんに、会社設立に至った経緯、ミッション・ビジョンに込めた思い、今日の日本企業や人事の課題、今後の展望などについてじっくりと語っていただきました。

Profile
真田茂人さん
株式会社レアリゼ 代表取締役社長 
NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長

さなだ・しげと/リクルート、外資系金融会社、人材会社設立を経て、レアリゼ設立。個人の意識変革を起点とした組織開発を強みとし、日本を代表する企業・官公庁など幅広い分野で多数の研修導入、講演実績がある。また、サーバント・リーダーシップの普及を通じ、グローバルや地方創生などさまざまな分野でのリーダーの育成などに力を入れている。

30歳でつくった人生理念「世の中を良くする原動力になる」

早稲田大学商学部を卒業後、最初のキャリアをリクルートでスタートされています。学生時代から、将来は人や組織に関わる仕事に就きたいとお考えだったのでしょうか。

音楽が好きで高校時代からバンドを組んでいたのですが、大学に入ってからは自分で演奏するよりも、むしろ裏方の仕事がおもしろいと思うようになりました。学生だけで小さなレコード会社を立ち上げて、勉強よりも熱中して取り組んでいましたね。バンドをスカウトしてイベントを開催したり、レコードをプロモーションするためにラジオに出演してしゃべったり。

その延長で音楽業界か広告代理店に就職したいと考えていたのですが、その前にとりあえず内定をもらっておこうと思って受けたのがリクルートでした。ところが内定後にアルバイトをしてみると、なかなかおもしろい会社だとわかりました。4月に入社するときには「ここでよかった」と納得していましたね。

リクルートではどんな仕事を経験されたのですか。

配属は広告事業部でした。新卒採用の媒体「リクルートブック」の営業部門で、当時のリクルートの主力部隊です。私のいた拠点は新宿。時代は1980年代後半のバブル景気に向けて日本中が上り調子のころですから、頑張った分だけ新規の契約がとれました。売上も順調に伸びて、営業するのがおもしろかったですね。

転機になったのは、5年後に岡山に異動になったこと。地方は東京と違って、企業が多くありません。新宿時代の新規開拓中心のスタイルから、既存顧客を大事にして長くつきあう営業スタイルに切り替える必要がありました。

顧客の懐にどっぷりと入り込んで、その企業にいかに「採用力」をつけてもらうかを真剣に考えると、自然と「企業力」そのものを向上させる提案をすることになりました。人事制度の提案をしたり、地域にインパクトを与える大イベントを提案したり、時には社長を連れて新規事業の視察ツアーを実施したこともありました。いろいろな提案を続けていくと、顧客との関係もどんどん深くなっていきました。

「役員会に毎回出てほしい」「事務所に席をつくったから週に数日来てほしい」といってくれる企業もあれば、「採用室長」の肩書で名刺をつくってくれた企業もありました。売上もトップになり、西日本でナンバー1、ナンバー2のスポンサーを作ることもできました。

一方で悩みや疑問もありました。広告というビジネスモデルでは、お金を払ってくれるクライアントの立場ばかり考えることになり、就職する学生側の視点が欠落します。本当に学生に紹介して良い会社なのか、新卒を採用して育成できる体制なのかと悩みました。

真田茂人さん(株式会社レアリゼ 代表取締役社長  NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長)

その後、仕事観に変化はあったのでしょうか。

20代半ばまでは仕事をゲームとして捉えて楽しんでいましたが、だんだんそれだけでは違うと思うようになっていきました。もっと本質的なことを考えるようになり、哲学書を読み漁ったりしました。

そして、30歳のときに「世の中を良くする原動力になる」という自分なりの人生理念を決めました。大それた目標ですが、自分の気持ちに嘘はつきたくない、という思いでした。

ちょうど、そのころにいろいろと思うところがあり転職しました。転職先は素晴らしい理念に共感した外資系の生命保険会社です。職種は営業。しかし、入社初日に、入社前にイメージしていたことと現実の大きなギャップに驚愕しました。理念とかけ離れた、むしろ逆の社風。同僚のマインドもしかりです。理念など誰も関心を持たず、お金お金お金……の世界でした。

報酬制度やビジネスモデル自体にもそれはひもづいていました。即日辞表を出すか、1日悩んだ末、まずはこの環境で一定期間は頑張ろうと決意しました。成績はすぐ支社でトップの成績になりました。他の人はともかく、私は自分の人生理念と極力ぶれない形で仕事をしようと覚悟を決めました。

自分の顧客にはしっかりとしたサービスを提供したい。できれば顧客の人生の重要なパートナーとして役に立ちたいと考えたのです。しかし、生命保険というのは万一のときに備えるものなので、多くの契約者にとって日ごろから役に立つという性質のものではありません。

そこで、考えたのが人生にとってとても重要な「お金」「心」「身体」のアドバイザーになることでした。「お金」は生保以外にファイナンシャル・プランニング(FP)を学び、「心」と「身体」についても勉強を始めました。「心」は心理学やカウンセリングの学会に入り学びを深めました。「身体」は分子栄養学という講座に通い、医師たちと席を並べて学びました。

そこで得た知識をまとめた新聞をつくって定期的に契約者に送ったり、東京から著名な講師を招いて講演会を開いたり、顧客のお役に立てるように、時間もお金もかけて真剣に取り組みました。

しかし、こうした活動を4年ほどやってわかったのは、生命保険の契約にそこまでのサービスを求めている人はほとんどいない、という現実でした。もちろん、一部の顧客には大変好評でしたが、全体からするとごくわずか。単なる私の自己満足でしかなかったのです。ここは、自分がこれからもやっていくビジネスではないことがはっきりとしました。そこで、これからは勉強した「心理学やカウンセリング」を仕事に生かしていきたいと思うようになったのです。

その結果、ご自身で起業される決断をされたわけですね。具体的にはどんなビジネスを起こされたのでしょうか。

ます、リクルート岡山支社時代の仲間と三人で会社を立ち上げ、それぞれが自分のやりたい事業を手がけました。私がやっていたのは「人材紹介(有料職業紹介)」。キャリアカウンセリングに心理学の知識を生かせると考えたからです。ただ、1990年代後半は、人材紹介といっても大都市圏で少し認知されはじめたころです。地方ではどんなサービスなのか、ほとんど知られていませんでした。

しばらく頑張りましたが、やはり限界がありました。それまでの約10年間、たまたま縁のあった岡山でビジネスをしてきたわけですが、この機会に東京に戻って自分一人で再スタートしようと腹をくくりました。


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます

登録45秒!すぐに登録できます!

無料会員登録 会員の方はログイン
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
奈良県 コンサルタント・シンクタンク 2020/09/15

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

吉村慎吾さん(株式会社ワークハピネス 代表取締役会長):
大学留年、異例の出世、会社上場を経て “ワークハピネス”を追求
「働くことは楽しい」を世界中に広げる
新型コロナウイルスの影響が広がりを見せる2020年4月13日、株式会社ワークハピネス代表取締役会長の吉村慎吾さんは社員に100%テレワーク・オンラインデリバリー...
2020/08/20掲載
村上 臣さん(リンクトイン日本代表):
「自分のキャリアは自分でつくる時代」が日本にも来る
そう直観したとき、「リンクトイン」が面白いと思った
会社に頼らずに自らのキャリアを描こうとする際、重要になるのが社外における人的ネットワーク。最新情報に触れ、異なる考え方のプロフェッショナルと接することが、日々の...
2020/07/20掲載
秋好陽介さん(ランサーズ株式会社 代表取締役社長 CEO):
「スマート経営」を推進し、日本企業の可能性を拡げる
クラウドソーシングが生み出す、理想的な未来の働き方
「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」というビジョンを掲げ、日本最大級のクラウドソーシング仕事依頼サイト「Lancers」を提供することで、業界を...
2020/06/19掲載

関連する記事

有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第8回】人事部とリーダーシップ(その4):強さとしなやかさ
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/09/04掲載編集部注目レポート
ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載となりの人事部
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第7回】人事部とリーダーシップ(その3):リーダーの姿勢
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/08/05掲載編集部注目レポート
尾形真実哉さん:
リアリティ・ショックの扱い方がポイントに
新入社員の組織適応を促す要素とは
この4月に、新入社員を迎えた企業は多いでしょう。昨今の労働力不足を考えると、採用した人材が組織に定着し、長きにわたって活躍するしくみを整えることは、企業にとって...
2020/07/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”
1on1の導入割合は4割超。上司の傾聴力が成功の鍵に
『日本の人事部 人事白書2020』から、1on1ミーティングについての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....