企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「自分のキャリアは自分でつくる時代」が日本にも来る
そう直観したとき、「リンクトイン」が面白いと思った

リンクトイン 日本代表

村上臣さん

村上 臣さん(リンクトイン日本代表)

日本でもキャリア自律の考え方が急速に広がりつつあります。会社に頼らずに自らのキャリアを描こうとする際、重要になるのが社外における人的ネットワーク。それは単に転職や副業の機会を得ることにとどまりません。最新情報に触れ、異なる考え方のプロフェッショナルと接することが、日々の仕事をよりクリエイティブにするきっかけになります。そうした人的ネットワークのインフラといえる存在が、世界で約7億人が利用するビジネス特化型SNS「リンクトイン」。2017年から同社の日本代表を務める村上臣さんは、かつて在籍したヤフー株式会社で、最年少の執行役員・CMO(チーフ・モバイル・オフィサー)として、全社のモバイルシフトを主導しました。オンラインサービスの世界を20年以上にわたって見つめてきた村上さんが、リンクトインでビジネスを手がける意味とは何でしょうか。また、「ウィズコロナ」の時代に日本のビジネスパーソンの働き方はどう変わっていくのでしょうか。日本の人事やHRソリューション業界への提言なども含め、語っていただきました。

Profile
村上臣さん
リンクトイン 日本代表

(むらかみ・しん)/大学在学中に仲間とともに有限会社「電脳隊」を設立。その後統合したピー・アイ・エムとヤフーの合併に伴い、2000年8月にヤフーに入社。一度退職した後、2012年4月からヤフーの執行役員兼CMOとして、モバイル事業の企画戦略を担当。2017年11月にリンクトインの日本代表に就任。複数のスタートアップの戦略・技術顧問を務めている。

1998年のシリコンバレーで「モバイルの時代」を確信

青山学院大学理工学部に在籍中から、有限会社「電脳隊」を立ち上げて活躍されていました。IT業界で起業しようと思われたきっかけは何だったのでしょうか。

特に起業したいという明確な志があったわけではありません。アルバイトの延長で仕事をしていたら、どんどん案件が大きくなってきたので、個人事業主よりも会社でやろうと思ったのです。最初に「BASIC」という言語でプログラミングをしたのは小学校6年生のとき。中学時代はゲーム開発、高校時代は音楽のDTM(デスクトップミュージック。パソコンで音楽を制作すること)に打ち込みました。

転機は、大学に進学して秋葉原のパソコンショップでアルバイトを始めたこと。法人のお客さんが多い店で、「社内にイントラネットをつくりたい」といった相談に乗っているうちに、その仕事を個人で引き受けるようになりました。家庭の事情で生活費を自分で稼ぐ必要があったので、普通のアルバイトよりも効率のいい受託開発の仕事はありがたかったですね。同じような仲間が集まってできたのが「電脳隊」です。

「電脳隊」時代からモバイルには取り組まれていたのですか。

最初の2年間は主にホームページの受託開発です。モバイルの可能性に気づいたのは、インターネットビジネスの最前線を視察しようと、仲間たちと一緒にシリコンバレーに行ったときのこと。1998年なので、日本でiモードがスタートする前です。

立ち上がったばかりのモバイルベンチャーと意気投合したのですが、それが後にKDDIが手がける「EZweb」の裏側の技術を引き受けることになる会社でした。日本支社がない彼らの活動を我々が手伝うことになります。そんなダイナミックな動きに関わるうちに、「これからはモバイルの時代だ」と強く感じました。

電脳隊は、既存事業をすべてやめてモバイルベンチャーに生まれ変わりました。日本で初めての3キャリア対応型グループウエアを開発し、当時としては異例の13万人もの会員を集めました。草創期の日本のモバイル業界で目立つ存在になったことで、多くの会社が一緒にやろうと声をかけてくれました。そのうちの一社がヤフーで、2000年に合流することになります。

合流したヤフーは2011年にいったん退職されますが、翌年復職され、2017年まで執行役員・CMOを務められます。ヤフー時代のキャリアについて、お聞かせいただけますか。

ヤフーでも一貫して、モバイルに関連した仕事に携わっていました。合流直後は現役のエンジニアでした。フレームワークを決めて、自分でプログラミングも手がける。当時のガラケー版のヤフーモバイルは、半分くらい私一人で作ったと思います。25歳で当時最年少のチームリーダーになり、その後はやはり最年少の開発部長として、さまざまなモバイルサービスの導入をリードしました。私も含めて元電脳隊のメンバーは10人くらいでしたが、社内のさまざまな場所で「これからはモバイルだ」と言い続けて、まだまだPC版重視の傾向が強かったヤフー全体を変えていこうと頑張っていました。

しかし、最初の10年では、ヤフーがモバイルに本気になるように仕向けられませんでした。2010年前後になると、メルカリやLINE、スマートニュースといったカテゴリーキラーの競合が登場し、ヤフーのインターネット業界での王者の地位が危うくなっていました。私はもっと大胆にモバイルシフトを進めるべきと提案しましたが、リーマンショック後の景気後退もあって、社内には新しい方向に踏み出すことへの慎重論が強くありました。

そういった事情もあって2011年に退職し、電脳隊時代の仲間と二人でモバイル系ITコンサルの会社を立ち上げます。ヤフーでは少し現場を離れた時期もあったので、また最前線のダイナミズムを感じながらプログラミングをやってみたい、という気持ちもありました。

ただ、退職後もソフトバンクアカデミアを通じてSBグループとは良好な関係は続いていて、たまたま翌年「ヤフーの事業全体をモバイルファーストにすべき」という持論を提言する機会がありました。その後新しくなった経営陣がその考え方に同意してくれ、執行役員・CMO(チーフ・モバイル・オフィサー)として復帰することになりました。

以前は10年かかっても難しかったヤフーのモバイルシフトを、復帰後5年半で成功させることができた理由は何だったのでしょうか。

一番大きかったのは、経営陣が明確な指針を打ち出したことでしょう。当時のヤフーには「爆速」というキーワードがあり、それによって「すさまじいスピードでモバイル化をやりきる」というメッセージを全社に浸透させました。日々の業務の中にはっきりした指針が埋め込まれれば、もともと優秀な人が多いので組織もどんどん変わっていきます。

私自身は、「ページビュー」「広告売上」「EC売上」のすべての分野で「モバイル版がPC版を上回る」という明確な達成基準を設け、さまざまな施策を行いました。フレームワークから収益化の方法、パートナー企業の巻き込み方など、技術的にもビジネス的にも見直せる部分はすべて見直しました。私がヤフーに戻ったとき12%だったモバイル版のページビュー比率を、最終的には65%まで伸ばすことができました。広告売上・EC売上でもモバイル経由がそれぞれ50%以上となり、モバイルファースト実現の基準として掲げた三つの目標をすべてクリアできました。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

筒井智之さん(株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース 代表取締役社長):
「エンドユーザー」の意識・変化をつかむ
「情報提供」に取り組み続けた経験が今の自分をつくった
新卒採用メディアのスタンダード「ダイヤモンド就活ナビ」や「ダイヤモンドLIVEセミナー」。内定者フォローや新人研修をはじめとするダイヤモンド社の若手人材育成コン...
2020/10/21掲載
真田茂人さん(株式会社レアリゼ 代表取締役社長 / NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長):
人が変われば組織が変わり、組織が変化すれば社会がよくなる
心理学を学んだことで人・組織・社会の課題を解決できると確信した
従業員のためにさまざまな研修を実施しているのに、なかなか目に見える成果があらわれない。人材開発に関わる多くの人事パーソンにとって、切実な悩みではないでしょうか。...
2020/09/14掲載
吉村慎吾さん(株式会社ワークハピネス 代表取締役会長):
大学留年、異例の出世、会社上場を経て “ワークハピネス”を追求
「働くことは楽しい」を世界中に広げる
新型コロナウイルスの影響が広がりを見せる2020年4月13日、株式会社ワークハピネス代表取締役会長の吉村慎吾さんは社員に100%テレワーク・オンラインデリバリー...
2020/08/20掲載

関連する記事

主体性を高め、組織との「良い関係」を築く力を育む
エンゲージメントに注目したニューノーマル時代の新入社員研修とは
コロナ禍で、新人育成は一変しました。リモートワークでのOJTやエンゲージメント構築に頭を悩ませる人事も少なくありません。ニューノーマル時代の新人育成はどうあるべ...
2020/10/07掲載注目の記事
株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載となりの人事部
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第7回】
「新たな人事」にむけて: 新型コロナ対応でテレワーク中の社員に、人事が今こそ届けるべきメッセージとは?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/05/25掲載編集部注目レポート
パナソニック アプライアンス社が実践!
仕事を「見える化」することで、時間を効率的に再配置する「働き方改革」
2019年4月に働き方改革関連法が施行されてから、1年たらず。『日本の人事部 人事白書 2019』の調査によると、84%の企業が「働き方改革」に関して何らかの対...
2020/02/27掲載注目の記事
企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる
将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験価値=Employee Experience(EX)」は企業の貴重な財産です。また、今注目...
2020/02/07掲載注目の記事

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...