企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部

男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(前編)

株式会社ローソン 人事本部 人事企画 部長

山口 恭子さん

男性の育児休職取得促進に取り組むようになった背景とは

 一方で、貴社は男性の育児休職取得促進にも力を入れていらっしゃいます。そこにはどんな意図があるのでしょうか。

年々数字は伸びてはきているものの、当社における女性社員の比率はまだ低く、依然として男性社員が約8割を占めています。男性がこれほど多くの割合を占めている企業文化を変えるとなると、やはり男性が変わらなければいけません。女性だけに「頑張れ」と言っていても、なかなか変わりようがないからです。「男性が変わるためにはどんな取り組みを行うべきか」という疑問に対する一つの答えが、男性の育児休職取得促進でした。もちろん、生産性意識の向上も背景にはありました。育休をきっかけに育児も分担しあうようになれば、そのために要する時間も確保しなければなりません。そうすると、自ずと仕事の効率を意識するようにもなります。

当社には以前から男性の育児休職制度がありましたが、実際に利用されることは少なく、2013年度は誰も利用していませんでした。そのまま何もしなければ、ゼロが続くだけでしょう。「これではいけない」と考え、本格的に男性の育児休職の取得促進に取り組むことを決意しました。

株式会社ローソン 山口恭子さん

貴社が行われている、男性の育児支援のための制度について、その概要をお聞かせください。

2014年度に、男性社員が取得しやすい「短期間育児休職制度」を新設しました。これは、子どもが生後3ヵ月の期間中に、5日間を上限として育児を目的とした休暇を有給特別休暇(特休)として取得できるという制度です。取得希望者は所属部署の上司の許可を得てから、事前に人事本部に「短期間育児休職申請書」を提出するという手続きになっています。有給ですから、休職中の給与・賞与は全額支給されます。

5日間を上限としたのは、男性が数ヵ月や1年の育児休職を取るのは、現段階ではさすがにハードルが高いと判断したからです。まずは取っ掛かりということで、5日間が適当なのではないかと考えました。付け加えていえば、5日間という期間が、当社社員の勤務スタイルにフィットしやすいという背景もありました。当社は24時間、365日コンビニエンスストアを運営していることもあって、企業カレンダーに休業日がありません。社員は夏休みも冬休みも、交替で休暇を取っています。誰かが1週間休暇に入っているときは、残りのメンバーで業務をシェアするわけです。そうした働き方にもともと慣れていますし、夏・冬で2回対応できるのであれば、もう1回増えても対応できる、と考えました。いつもやっていること、無理のないところからスタートする、という考え方で着手したことが、良かったと思っています。

取得期間を生後3ヵ月以内に限定したのにも、理由があります。子どもが生まれて間もない段階から父親が子育てに参画しないと、育児に関しては「戦力外」というレッテルを貼られてしまうからです。そういった社員が将来管理職になったときに、果たして部下のマネジメントができるでしょうか。生後3ヵ月は、育児をする上で最も大変な時期です。その時期に夫婦二人で協力してほしい、という思いもありました。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載イベントレポート
いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~
グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく変わろうとしている。企業もビジネスモデルの変革を余儀なくされているが、こうした環境の中にお...
2018/06/11掲載注目の記事
男性社員の育児休業取得率9割を実現
バリューを徹底し、社員を信頼することで急成長したメルカリ
フリマアプリ「メルカリ」のサービスを展開し、急成長している株式会社メルカリ。「バリューに基づく評価制度」や「積極的なリファラル採用」など、人事関連で先進的な取組...
2017/10/20掲載編集部注目レポート
ダイバーシティを推進する上での問題や困難として最も多かったのが「管理職の意識や能力の不足」
ダイバーシティを推進する上での問題や困難を複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「管理職の意識や能力の不足」(45.0%)。2番目が「従来の一律的な価値観...
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
「ダイバーシティ」推進に役立つ企業事例5選
一般的に、「多様性」と訳されることが多い「ダイバーシティ」。その中には、人種や性別、年齢や障害の有無などの外見の違いに限らず、宗教や価値観、性格など、内面的な違...
2017/06/19掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 事業戦略を支える人事の挑戦

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...