無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

となりの人事部人事制度掲載日:2016/10/24

男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(前編)

株式会社ローソン 人事本部 人事企画 部長

山口 恭子さん

男性の育児休職取得促進に取り組むようになった背景とは

 一方で、貴社は男性の育児休職取得促進にも力を入れていらっしゃいます。そこにはどんな意図があるのでしょうか。

年々数字は伸びてはきているものの、当社における女性社員の比率はまだ低く、依然として男性社員が約8割を占めています。男性がこれほど多くの割合を占めている企業文化を変えるとなると、やはり男性が変わらなければいけません。女性だけに「頑張れ」と言っていても、なかなか変わりようがないからです。「男性が変わるためにはどんな取り組みを行うべきか」という疑問に対する一つの答えが、男性の育児休職取得促進でした。もちろん、生産性意識の向上も背景にはありました。育休をきっかけに育児も分担しあうようになれば、そのために要する時間も確保しなければなりません。そうすると、自ずと仕事の効率を意識するようにもなります。

当社には以前から男性の育児休職制度がありましたが、実際に利用されることは少なく、2013年度は誰も利用していませんでした。そのまま何もしなければ、ゼロが続くだけでしょう。「これではいけない」と考え、本格的に男性の育児休職の取得促進に取り組むことを決意しました。

株式会社ローソン 山口恭子さん

貴社が行われている、男性の育児支援のための制度について、その概要をお聞かせください。

2014年度に、男性社員が取得しやすい「短期間育児休職制度」を新設しました。これは、子どもが生後3ヵ月の期間中に、5日間を上限として育児を目的とした休暇を有給特別休暇(特休)として取得できるという制度です。取得希望者は所属部署の上司の許可を得てから、事前に人事本部に「短期間育児休職申請書」を提出するという手続きになっています。有給ですから、休職中の給与・賞与は全額支給されます。

5日間を上限としたのは、男性が数ヵ月や1年の育児休職を取るのは、現段階ではさすがにハードルが高いと判断したからです。まずは取っ掛かりということで、5日間が適当なのではないかと考えました。付け加えていえば、5日間という期間が、当社社員の勤務スタイルにフィットしやすいという背景もありました。当社は24時間、365日コンビニエンスストアを運営していることもあって、企業カレンダーに休業日がありません。社員は夏休みも冬休みも、交替で休暇を取っています。誰かが1週間休暇に入っているときは、残りのメンバーで業務をシェアするわけです。そうした働き方にもともと慣れていますし、夏・冬で2回対応できるのであれば、もう1回増えても対応できる、と考えました。いつもやっていること、無理のないところからスタートする、という考え方で着手したことが、良かったと思っています。

取得期間を生後3ヵ月以内に限定したのにも、理由があります。子どもが生まれて間もない段階から父親が子育てに参画しないと、育児に関しては「戦力外」というレッテルを貼られてしまうからです。そういった社員が将来管理職になったときに、果たして部下のマネジメントができるでしょうか。生後3ヵ月は、育児をする上で最も大変な時期です。その時期に夫婦二人で協力してほしい、という思いもありました。

となりの人事部

となりの人事部

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

人事・人材開発において、先進的な取り組みを行っている企業にインタビュー。さまざまな事例を通じて、これからの人事について考えます。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

となりの人事部のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
日本企業がイノベーションを生み出すためには何が必要か
健康寿命
ビロンギング
ダイバーシティ・マネジメント
ぶら下がりシニア
EVP
ESG
出生時両立支援助成金
ガラスの崖
クロスカルチャー・マネジメント