企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部

野村證券株式会社:
多様性に優先順位をつけない!
野村證券の“草の根”発「ダイバーシティ&インクルージョン」の取り組みとは(前編)

野村證券株式会社 人材開発部 エグゼクティブ・ディレクター タレントマネジメント・ジャパンヘッド 兼 ダイバーシティ&インクルージョン・ジャパンヘッド

東由紀さん

多様性が存在するだけでは価値創造につながらない

「ダイバーシティ&インクルージョン」への理解を促すために、野村證券では、そのコンセプトをどう定義しているのでしょうか。

まず、ダイバーシティについては、組織に「多様な価値観・人材が存在する状態」と定義づけています。現在、野村グループの総社員数は約2万9000人を数えますが、男女比はほぼ半々。国籍は全世界で70ヵ国以上、国内だけでも実に38ヵ国の人々が働いています。その意味では、すでに多様性が存在している状態だといえるわけですが、しかしそれだけでは、企業の競争力にはつながりません。ダイバーシティがただあるだけでなく、「多様性を受容し、強みを活かしている状態」にまで進化しなければ意味がありません。それが、インクルージョンの定義だと、私たちは考えています。ダイバーシティが存在していても、インクルージョンが推進されていなければ、新しい価値は創造されないのです。

女性活躍推進やLGBTへの対応を含め、扱う課題は多岐にわたるとのことですが、では、具体的に何を、どのように実践しているのでしょうか。取り組みの枠組みや進め方についてご紹介ください。

取り組みの根幹には三つの柱があります。一つ目は制度面の整備で、2012年に社内の倫理規定を改定。「人権の尊重」の項目に、国籍、人種、民族、性別、年齢、宗教、信条、社会的身分、障がいの有無に加えて、性的指向や性同一性による差別を行わないとする旨を明記し、LGBTへの対応を明文化しました。倫理規定はすべての社員にとって、バックグラウンドの違いにかかわらず、相互に尊重し、働きやすい環境を保障する信頼の基盤となるものですから、推進活動の最初のステップとして、これを実施しました。

東由紀さん Photo

二つ目に、社員ネットワークの活動が挙げられます。冒頭に触れましたが、リーマン・ブラザーズで行われていた取り組みを引き継いだもので、社員が自主的に運営する三つのネットワークを通じ、部門を超えたネットワーキングの場や講演会、社内外の交流などの機会を提供しています。多様な人材が活躍できる社内風土や文化の醸成を推進する上で、まさに中核を成す仕組みですね。

また、三つ目として、ダイバーシティ推進に資するさまざまな研修を実施しています。特に管理職および新しく弊社に入社する社員には必須で、ダイバーシティ&インクルージョンの概念と、それが身近な課題であることを理解してもらうのが目的です。

差別規定の話がありましたが、日本企業で、そこに性的指向や性同一性に関する記載まで入れている例は、まだほとんどありません。

規定があっても、たいていは「年齢、性別、国籍などで差別してはいけない」ですからね。“など”にごまかされてしまうんです。LGBTも含まれているんだから、特に明記しなくてもいいだろうと。そういう意見もありますが、性的指向と性同一性については、それが見えにくい違いだからこそ、違いを認識していることを証明するために明記する必要があるのです。以前は、「そうはいってもうちにはいないですよね」という言葉をよく聞きました。そう言う人の多くは、テレビ番組に出てくるような「おネエキャラ」などのわかりやすい例を思い浮かべて、「うちにはいない」というわけです。本来、セクシュアリティーは目に見えにくいものだという理解がないから、「見えない=いない」と決めつけてしまう。見えなくても、会社がちゃんと存在を認識していることを証明し、当事者の人を安心させるためにも、LGBTに関する明文化は必須だと考えたのです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
徳島県 医薬品 2015/07/29

「ストレートの人たち」のなかには「LGBTの人たち」と一緒に仕事をすることに抵抗がある人もいるのではないか、と思います。たとえば席が近い、プロジェクトを一緒にしたくない、一緒に出張したくない・・・、等です。この根本的な抵抗って本当に克服できるのでしょうか?それとも時間をかけて解決途上といったところなのでしょうか?人によって区別や差別を感じる項目は異なるとは思いますが、特に性に関しての障壁は高いように感じます。

1件中 1~1件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

高橋俊介さん:
不確実性の時代に企業や人事はどう行動すべきか
「変化対応能力のある組織」をつくるダイバーシティとキャリア自律
グローバル化によるビジネス環境の急速な変化、少子高齢化にともなう人手不足、働き方改革への対応、さらには突然の大規模災害や感染症に備えての対策まで、企業はさまざま...
2020/05/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載イベントレポート
いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~
グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく変わろうとしている。企業もビジネスモデルの変革を余儀なくされているが、こうした環境の中にお...
2018/06/11掲載注目の記事
ダイバーシティを推進する上での問題や困難として最も多かったのが「管理職の意識や能力の不足」
ダイバーシティを推進する上での問題や困難を複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「管理職の意識や能力の不足」(45.0%)。2番目が「従来の一律的な価値観...
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
「ダイバーシティ」推進に役立つ企業事例5選
一般的に、「多様性」と訳されることが多い「ダイバーシティ」。その中には、人種や性別、年齢や障害の有無などの外見の違いに限らず、宗教や価値観、性格など、内面的な違...
2017/06/19掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する 事業戦略を支える人事の挑戦

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。