企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

2012年 役員報酬・賞与等の最新実態 (1/2ページ)

労政時報 photo

一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、調査資料が少ない役員の報酬・賞与その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っています。本記事では、その最新調査結果の中から「常勤役員の報酬・賞与の水準」を中心に、取り上げます。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【 調査概要 】
調査名:「役員の報酬等に関する実態調査」
調査対象:全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3449社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)311社の合計3760社。ただし、持株会社の場合は、主要子会社を対象としたところもある
調査期間:2012年7月11日~9月28日
集計対象:前記調査対象のうち、回答のあった129社

社長の年間報酬は4516万円、25歳従業員の年収の約12倍

役位別に年間報酬(規模計平均)を見てみると、会長が4603万円、社長が4516万円と4000万円台、副社長は3266万円と3000万円台、専務は2831万円、常務が2333万円と、2000万円台。取締役以下は、取締役(兼務は除く)1720万円、従業員兼務取締役1668万円、常勤監査役1354万円などとなっています。

調査対象や集計(回答)企業は異なりますが、労務行政研究所が実施した「2012年度モデル賃金・年収調査」による従業員の年収と、今回調査による社長の年間報酬を参考までに比較してみます。大学卒・総合職25歳の従業員の年収(2012年度の年間定期給与+11年年末賞与+12年夏季賞与)は約366万円であり、社長の年間報酬(4516万円)はこの年収の約12倍に当たる。さらに、同調査の役職別年収の水準と比較すると、社長の水準は課長(46.4歳・781万円)の約5.8倍、部長(51.4歳・1002万円)の約4.5倍に上ります。

【図表1】役位別に見た報酬と賞与(常勤の場合)

【図表1】役位別に見た報酬と賞与(常勤の場合)
[注]
  1. ( )内は構成比(%)
  2. 報酬月額欄で示した割合は報酬月額を12倍したもので算出した(以下同じ)。
  3. 年間報酬は報酬月額を12倍したものに年間賞与を加えて算出した(以下同じ)。
  4. 賞与が不支給の場合も「0」として集計に含まれている(以下同じ)。
  5. 「会長」「社長」を兼務する場合は「社長」のほうで集計した(以下同じ)。
  6. 従業員兼務取締役の水準は、「役員分」と「従業員分」に分けて回答いただいた企業も両者の合計額で集計した(以下同じ)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年度新入社員の初任給調査
東証1部上場企業241社の速報集計。 35.7%が初任給を「全学歴引き上げ」
2019/06/07掲載
仕事と家庭の両立支援の現状は?
「配偶者出産休暇」は63.2%が付与
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
人事労務関連のさまざまな制度の実施状況を明らかにするために実施した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」から、「仕事と家庭の両立支援」に関する...
2019/04/12掲載
2019年賃上げの見通し―労使および専門家472人アンケート 
~定昇込みで6820円・2.15%と予測。経営側の38.1%がベアを「実施する予定」~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2019年賃上げの見通しは?
2019/02/13掲載

関連する記事

説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよ...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査(労務行政研究所)
13職種に見る最新実態と諸格差の動向
近年、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えています。ここでは、2017年度職種別賃金実態調査より、経営企画・営業など...
2018/08/03掲載人事・労務実態調査
政府主導の賃上げは賛否両論。賃上げ・賃下げを「経営者が独断で決める」企業が約半数
政府が企業に働きかけて賃上げを主導する動きについて、その賛否を聞いた。「望ましい」(9.0%)、「どちらかといえば望ましい」(19.0%)は合わせて28.0%。...
2018/07/24掲載人事白書 調査レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
パート賃金10年史~10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ
この10年、パート・アルバイト雇用の需要は、高まりつづけています。総務省の労働力調査によれば、雇用者に占める非正規労働者の割合は4割に近づいています。今回は環境...
2017/02/22掲載新卒・パート/アルバイト調査
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...