企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

メンバーが自発的に動き、新たなアイデアが次々生まれる企業へ
ヤッホーブルーイングを変えた、チームビルディング研修とは(後編)

井手 直行さん
(株式会社ヤッホーブルーイング 代表取締役社長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
井手直行さん 株式会社ヤッホーブルーイング 代表取締役社長
斬新なアイデアでファンを増やし続ける「よなよなエール」で有名な、ヤッホーブルーイング。フラットで風通しの良い社内からは新しい発想が生まれ、常に複数のプロジェクトが進んでいますが、かつては業績の悪化と共に社員の士気が下がり、チームがうまく機能しない状態が続いていたといいます(前編参照)。会社の躍進のためには、個人の能力に依存した状態では限界がある。そう感じた代表取締役社長・井手直行さんが始めたのが、「チームビルディング研修」でした。後編では、研修を通じて社内に起こった変化と、今後の目標について、詳しくお話をうかがいました。

株式会社ヤッホーブルーイング
「ビールに味を!人生に幸せを!」をキャッチフレーズに、画一的だった日本のビール市場に新たな風を吹き込むべく、1996年にエールビール専門メーカーとして誕生。ビールの味やパッケージだけではなく、社内風土も独創的で、メンバーは互いをニックネームで呼び合い、部署名も「よなよなエール広め隊(広報)」、「ヤッホー盛り上げ隊(人事総務)」、「ハッピーお届け隊(物流担当)」と遊び心が満載。

Profile

いで・なおゆき●ヤッホーブルーイング代表取締役社長。よなよなエール愛の伝道師。1967年生まれ、福岡県出身。大手電機機器メーカー、広告代理店などを経て、1997年ヤッホーブルーイング創業時に営業担当として入社。地ビールブームの衰退で赤字が続くなか、ネット通販業務を推進して2004年に業績をV字回復させる。現在まで12年連続増収増益。全国200社以上あるクラフトビールメーカーのなかでシェアトップ。2008年社長就任。ニックネームは「てんちょ」。表彰式などでは仮装をし、製品および企業PRを行うことでも知られている。

チームビルディングでメンバーが変わり、業績が上がり始めた

―― 半ば強引にチームビルディング研修を進めていったとのことですが、1期生の研修が終わったときは、どのような感触を得ていたのでしょうか。

まず感じたのは、参加してくれたメンバーのチームに対する価値観の変化でした。人にはそれぞれ個性があることを理解すると、自分の得意分野や強みにも気付くことができます。強みを活かして仕事をする楽しさに、メンバーたちは気付いていったようでした。さらに、強みを活かしたチームでは、「一人」+「一人」の力が、二人以上のパワーを生みます。そのチームの力の偉大さを体感したことで、メンバーの間には仕事への積極性が生まれていきました。

何か新しいプロジェクトを始動しようとしたとき、僕が「誰か手伝ってくれる人いる?」と聞くと、メンバーからはどんどん手があがり、以前とは明らかに違う反応が返ってくるようになりました。その変化には僕だけではなく、参加していなかった他のメンバーも気付いていたと思います。

―― 当初、メンバーからの理解を得られない中で、なぜ「絶対にやり抜く」という強い意志を持ち続けられたのでしょうか。

2008年に社長になってみて分かったことは、「リーダーにしか見えない景色がある」ということです。リーダーは、会社の10年後、20年後を見据える仕事。だから、今日明日を頑張ってくれているメンバーと意見がかみ合わないのは、むしろ当然です。

僕には、「チームづくり」に取り組むのは早ければ早いほどいい、という思いがありました。「日本のビール文化を変える」という壮大なミッションを達成するには、既存の社員に力を発揮してもらうのと同時に、新しく人も雇用していく必要があります。ところが、組織が大きくなればなるほど、会社の雰囲気は変えづらくなる。それならば、目が行き届く20名ほどの規模のうちに、チームづくりに取り組むのが賢明だと考えました。

期待に応えるように、一期生として研修に参加した7名は、それぞれの部署にチームビルディングの成果を持ち帰り、現場で力を発揮してくれるようになりました。すると周囲のメンバーも、「無駄だと思っていたけれど、チームビルディングには効果があるのかもしれない」と感じ始めます。1年後に第2回の希望者を募った時、集まってくれた8名のメンバーは、第1回のメンバーの姿から「自分も参加してみたい」と思ってくれたのでしょう。そこからは1年に一度、定期的に研修を実施し、毎年10名前後が参加してくれています。

―― チームビルディングを開始してから、業績はどのように変化していったのでしょうか。

チームビルディングを始めて、最初の3年間は足踏み状態でした。星野から言われていた、「1円でもいいので増収増益してほしい」という目標を、前年比4%増というギリギリのラインで達成し、なんとかクビをまぬがれていました。しかしその後、2011年あたりから、目に見えて社内のパワーが上がっていったのです。一期生から三期生まで、チームビルディングのノウハウが身についたメンバーが増えてきて、一人では思いつかないようなアイデアが生まれたり、規模の大きなプロジェクトでも成果をあげられるようになったり。会社の雰囲気も明るく楽しくなってきました。そこからは、売上も右肩上がりの成長を続けています。

「東京ブラック」「水曜日のネコ」「よなよなエール」「インドの青鬼」
▲左から、「東京ブラック」「水曜日のネコ」
「よなよなエール」「インドの青鬼」

会社の雰囲気が良くなって、メンバーの仕事への意欲が高まると、僕はほとんど指示を出さなくなりました。ただの集団である「グループ」が、同じ目標を持つ「チーム」に生まれ変わったので、大きな方向性さえ示せば、それぞれの得意分野を生かして遂行してくれるようになった。その結果、僕自身も驚くような成果があがり始めたんです。今では、メンバー発信のプロジェクトもどんどん立ち上がり、僕が関与しないプロジェクトがいくつも動いている状況です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

正解に頼らない思考の癖づけが考える力を育てる
人事の役割は主体性のサポートとモヤモヤできる場の醸成にあり
AIの発達の影響で、今後10年で仕事内容や役割は大きく変わると言われています。私たちビジネスパーソンにも、物事に対する捉え方の変革が求められています。この時代に...
2018/05/25掲載
渡辺雅司さん:改革の痛みの先に見えたものとは
200年続く老舗を超人気企業に生まれ変わらせた
社長と社員による「全員参加経営」への挑戦
「元祖くず餅」で知られる「船橋屋」は、参詣客で賑わう江戸の名所「亀戸天神」参道に本店を構えて200年余り。老舗として伝統を守り続ける一方で、旧態から脱却するため...
2018/04/23掲載
濱松誠さん:
出る杭を伸ばす組織を目指して
大企業病に挑む若手・中堅有志団体One JAPANが、人事に求めること(後編)
多くの企業が抱える「大企業病」の課題を、若手・中堅社員たちの手で変えて行こうとする、若手・中堅有志団体「One JAPAN」。所属するメンバーたちは、各企業の社...
2018/01/25掲載

関連する記事

井手直行さん:
メンバーが自発的に動き、新たなアイデアが次々生まれる企業へ ヤッホーブルーイングを変えた、チームビルディング研修とは(前編)
「よなよなエール」「水曜日のネコ」「インドの青鬼」など、個性的なクラフトビールの製造・販売で知られるヤッホーブルーイング。1996年の設立から20年ほどでクラフ...
2017/10/18掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第90回
長期的観点から再考する「コア人材」の採用と育成【後編】
短期的な成果を望むあまり、人材育成を軽視しがちになった成果主義への反省から、近年では、長期に渡って人材を育成することの重要性が見直されている。特に、企業のコアと...
2015/12/16掲載人事マネジメント解体新書
非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!
『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方々に知ってもらいたいという思いから、(株)リンクイベントプロデュース協賛による企画を考案。...
2012/08/09掲載注目の記事
【用語解説 人事辞典】
OD(organization development)
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~
new

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...