無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

管理職を対象にした、AI(人工知能)に関する調査(2017年・2020年比較)

アデコ株式会社

管理職を対象にした、AI(人工知能)に関する調査

上場企業に勤務する40代から50代の管理職(部長職・課長職)を対象に、「AI(人工知能)導入に関する意識調査」を実施いたしました。本調査は、2017年にも同条件の対象者へ調査を実施しており、2017年と2020年の意識差についても比較分析しています。

Q1.あなたの職場でAI(人工知能)は導入されていますか

AI導入状況:「導入済」が2017年より18.8ポイントアップ

上場企業に勤務する、40代から50代の管理職に対して勤務先でのAIの導入状況について質問し、2017年と2020年の回答を比較すると、2017年には「導入済」がわずか6.8%だったのに対し、2020年では3倍以上の25.6%となり、18.8ポイント増加していることがわかりました。導入を検討中だった企業が実際にAIを業務に導入し、またAIサービスの普及により企業への導入が促進されていることが見て取れる結果になりました。

Q1.あなたの職場でAI(人工知能)は導入されていますか(単一回答)

Q2.AI(人工知能)に対してどのように思いますか

AI導入における期待感:「とても期待している」が2017年より16ポイントアップ

勤務先でのAIに対する期待感に関する回答について2017年と2020年を比較したところ、2017年には「とても期待している」が21.4%だったのに対し、2020年は37.4%に増え、期待感が増していることがわかりました。3年前は、「脅威に感じる」という回答が約1割ありましたが、身近でAIが導入されるようになり脅威よりもその特長や利便性への理解が浸透したことがうかがえます。

Q2.AI(人工知能)に対してどのように思いますか(単一回答)

Q3.2035年において、あなたの職場でAIの普及はどのような影響を与えると思いますか

AIの普及による影響:約6割が「既存の仕事を効率化」できると認識

職場へのAIの導入により、どのような影響を与えると思うか聞いたところ、「既存の仕事の効率化、生産性が向上する」という回答が2020年は58.8%ともっとも高くなり、これは2017年より10ポイント以上の増加となりました。また、次いで高かった「労働力を省力化する」(44.6%)は、2017年(28.5%)より約16ポイント増え、業務内でAIを使い、情報に触れることが多くなり、理解が進んだことがうかがえます。

Q3.2035年において、あなたの職場でAIの普及はどのような影響を与えると思いますか(複数選択)

Q4.AI時代において、「ビジネスで重要な能力」と思うものはどのような能力ですか

AI時代に必要な能力:2020年第1位 「分析的思考力・概念的思考力」、2017年第1位 「対人関係力」

AIが一般化される時代「AI時代」において、ビジネスシーンで必要とされる能力について質問したところ、2020年では、「分析思考力・概念的思考力」(45.9%)が1位となりました。2017年は55.0%で最も高かった「対人関係力」(31.3%)は2020年では5位で回答の差は23.8ポイントも減少しています。こうしたことからAIへの理解が深まったことにより必要な能力について認識に変化が生じていることが予想されます。その他、「チームワーク・協調性」が2017年(9.7%)と比べて2020年(28.8%)では19.1ポイント伸長し、「リーダーシップ」は、2017年(12.3%)と比べて2020年(28.3%)では16.0ポイント伸長しました。

Q4.AI時代において、「ビジネスで重要な能力」と思うものはどのような能力ですか(複数選択)

Q5.現在の小学生が、2035年のAI時代にビジネスパーソンとして活躍するために、今から取り組んでおいたほうが良いことは何だと思いますか

AI時代に必要な学習:2017年に3位だった「プログラミング」が、2020年では1位に

AI時代に向けて、「現在の小学生が、将来、ビジネスパーソンとして活躍するために、今から取り組んでおいたほうが良いこと」について聞いたところ、2020年では最も高いのは「プログラミング」(51.4%)となり、これは2017年(42.7%)の3位から8.7ポイントの伸長になりました。、次いで高かった回答は、「語学」(37.8%)でしたが、、これは、2017年(51.1%)では圧倒的な1位でしたが、2020年では13.3ポイントの下落となりました。

調査結果のまとめ(2017年と2020年の意識比較)

  • 2020年では「AI導入済」が25.6%で、2017年より18.8ポイントアップし、AIの企業への導入が進んでいる。
  • 2020年では「AIにとても期待している」が37.4%と、2017年より16ポイントアップし、AIへの脅威よりも特長や利便性への理解が浸透。
  • AI導入による職場への影響は、「既存の仕事の効率化、生産性が向上する」が58.8%で、2017年より10ポイント以上増加し、業務への好影響となる期待感が増している。
  • AI時代に必要なビジネス能力は、2020年の1位は、「分析的思考力・概念的思考力」(45.9%)、2017年の1位「対人関係力」(55.0%)は、23.8ポイント減少。
  • AI時代に向けて小学生に必要な学習は、2017年に3位(42.7%)だった「プログラミング」が、2020年では1位(51.4%)に。

【調査概要】

調査対象:一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に本社がある上場企業に勤務する管理職(部長職・課長職)
回答数 :309名(2007年)、800名(2020年)
(テレワーク経験ありの管理職:300人、テレワーク経験なしの管理職:300人)
調査方法:インターネット調査
実施時期:2020年12月5日~12月7日

※回答結果はパーセント表示を行っており、小数点以下第2位を四捨五入して算出しているため、各回答の合計が100%にならない場合があります。

アデコグループ

アデコグループは、世界60の国と地域で事業を展開する人財サービスのグローバルリーダーです。コンサルテーションを通じ、働くすべての人々のキャリア形成を支援すると同時に、人財派遣、人財紹介、アウトソーシングをはじめ、企業の多岐にわたる業務を最適化するソリューションを提供します。アデコグループは⼈財が躍動できる社会の実現を⽬指し、さらなるサービスの強化に取り組んでいます。
https://www.adeccogroup.jp/

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ゴーストワーカー
デジタルレイバー
チャットボット
ディープラーニング(深層学習)
シンギュラリティ
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)
HR Tech