企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート

HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「採用」では約3社に1社が活用実績あり。
昨年と比べ倍増。大企業では半数近くを占める

採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった。昨年は15.1%だったので、この1年間で約2倍に増加したことになるが、特に目を引くのは「活用している・成果あり」で、昨年より13.2ポイント増加。なお、「これから活用する予定」は22.5%(昨年26.6%)、「活用していない(予定もない)」は35.0%(同45.0%)という結果だった。人材不足が大きな課題となっている現状を考えると、今後、採用に関してはHRテクノロジーの活用がさらに増えていくことも予想される。

従業員規模別に見ると、大企業でHRテクノロジー活用の割合が高くなっており、1001~5000人は46.9%、5001人以上では47.2%と、半数近くを占めている。一方、1~100人では15.3%という結果だ。

■採用におけるHRテクノロジー活用(全体)

採用におけるHRテクノロジー活用(全体)

■採用におけるHRテクノロジー活用(従業員規模別)

採用におけるHRテクノロジー活用(従業員規模別)

「業務効率化」では4社に1社が活用実績あり。
昨年と比べ倍増。中堅~大企業で割合が高い

業務効率化におけるHRテクノロジー活用の割合を見ると、「活用している・成果あり」(17.5%)、「活用している・成果なし」(8.1%)を合わせて25.6%(昨年13.3%)で、4社に1社を占めている。特に、昨年と比べると「活用している・成果あり」が7.9%から9.6ポイント増加しているのが注目に値する。なお、「これから活用する予定」は34.2%(同35.0%)、「活用していない(予定もない)」は31.1%(同36.9%)という結果だった。

従業員規模別に見ると、501人以上の中堅~大企業でHRテクノロジー活用の割合が高くなっている。また、5001人以上では「これから活用する予定」が45.5%と半数近くを占めているのが目を引く。

■業務効率化におけるHRテクノロジー活用(全体)

業務効率化におけるHRテクノロジー活用(全体)

■業務効率化におけるHRテクノロジー活用(従業員規模別)

業務効率化におけるHRテクノロジー活用(従業員規模別)
【調査概要】
実施時期2019年3月19日~4月9日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数5,022社、5,273人(のべ)
質問数146問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.組織活性化

出典:『日本の人事部 人事白書2019』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事白書 調査レポートのバックナンバー

エンゲージメントサーベイを「行っている」企業は約4割、「行っていない」企業は約6割
自社従業員のエンゲージメントの状態を調べる「エンゲージメントサーベイ」を、実施しているかどうかを聞いたところ、「行っている」は35.9%。「行っていない」は57...
2019/12/03掲載
今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」
人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。
2019/12/02掲載
イノベーション創出の施策は、「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」「社外の勉強・交流会などへの参加促進」「部門を越えた交流の促進」がトップ3
人事担当者にイノベーション創出の施策について聞いたところ、「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」「社外の勉強・交流会などへの参加促進」「部門を越えた交...
2019/12/01掲載

関連する記事

源田泰之さん:
人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載キーパーソンが語る“人と組織”
ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?
人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方だけでなく、企業経営における人事の役割まで大きく変えようとしている。その動きを加速させてい...
2019/12/24掲載注目の記事
配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど...
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート
8割を超える企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実践できている企業は3割に満たない
「戦略人事」が重要であるかを聞いたところ、「当てはまる」(54.5%)、「どちらかというと当てはまる」(30.3%)を合わせて84.8%と、8割を超える企業が戦...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
すでに残業時間削減に取り組んでいる企業が8割強。大企業では約97%に
残業時間の削減に取り組んでいるかどうかを聞いたところ、「積極的に取り組んでいる」と答えた企業は34.8%。「取り組んでいる」(49.8%)を合わせると、8割強に...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...