企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書 調査レポート掲載日:2019/07/08

HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増

「採用」では約3社に1社が活用実績あり。
昨年と比べ倍増。大企業では半数近くを占める

採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった。昨年は15.1%だったので、この1年間で約2倍に増加したことになるが、特に目を引くのは「活用している・成果あり」で、昨年より13.2ポイント増加。なお、「これから活用する予定」は22.5%(昨年26.6%)、「活用していない(予定もない)」は35.0%(同45.0%)という結果だった。人材不足が大きな課題となっている現状を考えると、今後、採用に関してはHRテクノロジーの活用がさらに増えていくことも予想される。

従業員規模別に見ると、大企業でHRテクノロジー活用の割合が高くなっており、1001~5000人は46.9%、5001人以上では47.2%と、半数近くを占めている。一方、1~100人では15.3%という結果だ。

■採用におけるHRテクノロジー活用(全体)

採用におけるHRテクノロジー活用(全体)

■採用におけるHRテクノロジー活用(従業員規模別)

採用におけるHRテクノロジー活用(従業員規模別)

「業務効率化」では4社に1社が活用実績あり。
昨年と比べ倍増。中堅~大企業で割合が高い

業務効率化におけるHRテクノロジー活用の割合を見ると、「活用している・成果あり」(17.5%)、「活用している・成果なし」(8.1%)を合わせて25.6%(昨年13.3%)で、4社に1社を占めている。特に、昨年と比べると「活用している・成果あり」が7.9%から9.6ポイント増加しているのが注目に値する。なお、「これから活用する予定」は34.2%(同35.0%)、「活用していない(予定もない)」は31.1%(同36.9%)という結果だった。

従業員規模別に見ると、501人以上の中堅~大企業でHRテクノロジー活用の割合が高くなっている。また、5001人以上では「これから活用する予定」が45.5%と半数近くを占めているのが目を引く。

■業務効率化におけるHRテクノロジー活用(全体)

業務効率化におけるHRテクノロジー活用(全体)

■業務効率化におけるHRテクノロジー活用(従業員規模別)

業務効率化におけるHRテクノロジー活用(従業員規模別)
【調査概要】
実施時期2019年3月19日~4月9日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数5,022社、5,273人(のべ)
質問数146問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.組織活性化

出典:『日本の人事部 人事白書2019』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事白書 調査レポートのバックナンバー

新型コロナウイルス感染症に対し、半数以上の企業が働き方の変更や、対策範囲・時期の判断に課題を感じている
『日本の人事部 人事白書2020』から、新型コロナウイルス感染症に対する企業の対応についての調査を紹介します。
2020/05/20掲載
エンゲージメントサーベイを「行っている」企業は約4割、「行っていない」企業は約6割
自社従業員のエンゲージメントの状態を調べる「エンゲージメントサーベイ」を、実施しているかどうかを聞いたところ、「行っている」は35.9%。「行っていない」は57...
2019/12/03掲載
今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」
人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。
2019/12/02掲載

関連する記事

源田泰之さん:
人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載キーパーソンが語る“人と組織”
ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?
人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方だけでなく、企業経営における人事の役割まで大きく変えようとしている。その動きを加速させてい...
2019/12/24掲載注目の記事
配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど...
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート
「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4%
「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
2020年卒採用では、大学3年の6月以前に学生との接触を開始した大手企業が、大幅に増加
2019年卒採用において、選考に影響を与えることを前提に学生との接触を開始した時期を聞いたところ、最も多かったのは「2018年3月」で18.9%。「2017年6...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...