イベントレポート

『パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム』開催レポート [ 1/1ページ ]
(2016/4/13掲載)

2016年3月18日(金)お茶の水のソラシティカンファレンスセンターにおいて、株式会社ヒューマンバリューは、『パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム』を開催しました。

近年、米国を中心に「評価段階付けの廃止(No Rating)やあらかじめ定めた分布率(カーブ)に収めるのをやめる(No Curve)」という動きが、パフォーマンス・マネジメント(人事評価)の新しい潮流として注目を集めています。すでにフォーチュン500の企業の10%以上の企業が年1回の評価・レイティングを廃止しており、2017年までには50%が廃止すると予想する研究者もいます。

『パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム』は、パフォーマンス・マネジメントの変革に関するトレンドや変化の動向およびその背景にある哲学や原理、自分たちに及ぼす影響や意味を押さえながら、その場に集まった180名を超える参加者が、今後の経営・人事・働き方のあり方および日本企業が取り組むべきことを検討する場となりました。本レポートでは、当日の模様をダイジェストでお伝えします。

パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム 会場の様子

当日のスケジュール

当日のスケジュールは以下の通りで、冒頭に株式会社ヒューマンバリューの代表取締役副社長の阿諏訪氏から「レイティングをやめる企業が増えてきた背景と意味」に関する情報提供があり、その後、海外カンファレンスの内容紹介、実際に導入している3社の事例共有、さらに日本においての適応を探求するパネルディスカッション&ダイアログと続きました。

パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム 当日のスケジュール

レイティングをやめる企業が増えてきた背景と意味

フォーラムの冒頭で、「パフォーマンス・マネジメント革新」研究会事務局長である阿諏訪氏から、米国を中心に大きく広がりつつあるパフォーマンス・マネジメントの革新にはどのような背景や意図、ねらいがあるかについて、この研究会活動を通じて明らかになった内容が報告されました。

阿諏訪氏 スピーチの様子 阿諏訪氏 スピーチの様子

パフォーマンス・マネジメント革新に取り組んでいる企業を調べてみると、変革を行った理由として、従来のパフォーマンス・マネジメントは「社員のエンゲージメントを低下させる」「マネジャーとメンバーの関係を悪化させる」「かけるコストと得られる成果・効果がつり合わない」「ビジネスの実態にそぐわない」といったことが挙げられていたそうです。

そしてニューロサイエンスの進化によって、社員の成長と高いパフォーマンスには、スタンフォード大学のキャロル・ドウェック教授が発見した「グロース・マインドセット」が重要であること、そして、従来のパフォーマンス・マネジメントはその反対の「フィックスト・マインドセット」を助長することが明らかになったとのことでした。

また先行的に実践している企業に共通する重要なポイントとして、(1)フィロソフィーの重要性、(2)生成的な変革プロセスによる推進、(3)カンバーセーションを重視、(4)報酬に対する捉え方、(5)人事の役割、制度のあり方のシフトについて紹介がありました。

さらに、1000名を超えるビジネスパーソンによって明らかになった日本企業における実態調査についても報告されました。日本企業においても、社員のモチベーションや成果、パフォーマンス・マネジメントに関して同様の傾向があり、パフォーマンス・マネジメントの革新について、日本においても今後検討していくことの重要性が確認されました。

なお、「日本企業における実態調査」の詳しい調査レポート(PDF)は、こちらのサイトからダウンロードできます。http://www.pmi-forum.com/

海外のパフォーマンス・マネジメントの最新動向

昨年、米国で開催されたパフォーマンス・マネジメント革新に関わる二つのカンファレンス報告がされました。一つが、ニューヨークで開催された『NeuroLeadership Summit 2015』で、ヒューマンバリューの川口氏、霜山氏からの報告がありました。二人からは、サミットの概要やそこで議論されていた最新のニューロサイエンスのトピック、イベントの参加者や会場の雰囲気、またニューロサイエンスの研究成果の中でも、特にパフォーマンス・マネジメントの革新に影響を与えている要因について説明されました。

ヒューマンバリュー川口氏 スピーチの様子 海外のパフォーマンス・マネジメントの最新動向について ヒューマンバリュー霜山氏 スピーチの様子

もう一つが、ポストンで開催されたパフォーマンス・マネジメントがメインテーマだった『SIOP Leading Edge Consortium 2015』です。ヒューマンバリューの長曽氏と佐野氏からコンソーシアムの紹介とともに、パフォーマンス・マネジメントの革新の五つのポイントそれぞれについて、どういった企業がどのような意図をもって実施しているかといった紹介がありました。

ヒューマンバリュー長曽氏 スピーチの様子 『SIOP Leading Edge Consortium 2015』紹介 ヒューマンバリュー佐野氏 スピーチの様子

こうした最新の情報提供を受けて、参加者の皆さんは周りの方とお互いの気づきや発見などを共有し合い、対話を深めました。

パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム 会場の様子 パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム 会場の様子 パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム 会場の様子

日本における先行的な実践の共有

このセッションでは、すでにパフォーマンス・マネジメントの革新を実践されているギャップジャパン株式会社、日本GE株式会社、日本マイクロソフト株式会社の3社の推進者が登壇し、導入の背景、内容、今後について共有しました。

ギャップジャパン株式会社シェアドサービス人事部シニアマネージャー 佐藤陽子氏 スピーチの様子

ギャップジャパン株式会社シェアドサービス人事部シニアマネージャーの佐藤陽子氏は、現在取り組んでいる「GPS:Grow, Perform, Succeed」について紹介しました。年度末評価を本当にやめたという話で会場は盛り上がり、実際の従業員の声の紹介では会場は静まり返って、佐藤氏の話を真剣に聞き入っているようでした。

日本GE株式会社人事部人事部長 谷本美穂氏 スピーチの様子

日本GE株式会社人事部人事部長の谷本美穂氏は、パフォーマンス・マネジメントがGEの大きな変革の一部であること、またGEが変革に至った経緯、そして現在の取り組みについて紹介し、失敗を恐れない文化への転換、自分たちの顧客の定義についてあらためて考えたこと、評価にこだわったマネジメントからコンテンツにこだわることの重要性などについて解説しました。

日本マイクロソフト株式会社執行役 人事本部長 佐藤千佳氏 スピーチの様子

日本マイクロソフト株式会社執行役 人事本部長の佐藤千佳氏からは、マイクロソフトの変革の取り組みの経緯、またこの取り組みを通して得られた気づきなどが共有されました。「いろんなものを完璧な状態にして落とす時代ではなくなったのかなと。このやり方自体がカルチャーを変えていくことになったのかな」という言葉が印象的でした。

いずれの3社の事例も具体的であることと、参加者の企業においても同様な傾向があることから、会場の参加者は熱心に聞き入っている様子でした。

事例紹介を聞き入る会場の様子

事例発表者3名とのダイアログ

3社の事例共有の後、登壇された3名とヒューマンバリューの阿諏訪氏を交えてダイアログを行い、会場からのニーズが高かった評価と報酬についての各社の話や、企業文化を変えることについて各社でどのように取り組んでいるかなどを、あらためて探求しました。

事例発表者3名とのダイアログの様子

マイクロソフトの佐藤千佳氏からは、「お互いがこんなに近いことをしているなら、もっと前から一緒に情報共有すればよかったわね」といった言葉もありました。

日本における可能性の探求~パネルディスカッション&ダイアログ

モデレーターの土屋恵子氏の進行で、パネリストそれぞれの方が研究会に関わった経緯や、研究会での気づき、また今日一日の中で印象に残ったことについてダイアログを行いました。

日本における可能性の探求~パネルディスカッション&ダイアログの様子
日本における可能性の探求~パネルディスカッション&ダイアログの様子

また、会場からの質問を募り、会場とパネリストとの対話も行われました。会場からの「それぞれ自社でどのように取り組まれているのですか?」といった質問に、企業によってさまざまな取り組み方があることが話され、会場との距離がいっそう近づいたように感じられました。

日本における可能性の探求~パネルディスカッション&ダイアログの様子
    
会場の参加者のダイアログ風景 会場の参加者のダイアログ風景
会場の参加者のダイアログ風景 会場の参加者のダイアログ風景

ラップアップ

最後に、株式会社ヒューマンバリュー代表取締役社長の兼清氏が過去30年のパフォーマンス・マネジメントの歴史を振り返り、ピーター・ドラッカーのMBO(目標による管理)やその次の成果主義の導入もまた、本来の意図と実態とに乖離があったことに触れ、今回の新たな潮流について過去と同様のことを繰り返してはならないと述べました。そのためには、最初から完璧なものを入れるのではなく、エビデンスベースド、つまり本当にその施策が効果的なのかを確かめながら、徐々に完成度を上げていくような導入をイメージしたいというメッセージが述べられました。最後に、忙しい時期に終日イベントに参加してくださった会場の皆さまに感謝の意を申し上げて、会場とともにチェックアウトしました。

ヒューマンバリュー代表取締役社長 兼清氏 スピーチの様子

一日を通して集中力の切れない会場の雰囲気や、徐々に前のめりになってダイアログされている様子を見て、これから何か新しいものが生み出だされるエネルギーが高まっていることを感じることができました。

→本フォーラムおよびパフォーマンス・マネジメント革新に関する詳しい情報はこちら(外部サイト)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

イベントレポートのバックナンバー

『健康経営会議2016』
2016年9月5日(月)経団連会館において、健康経営会議実行委員会の主催による「健康経営会議2016」が開催された。健康経営とは、従業員の健康を経営課題の一つと...
2016/11/01掲載
ATD International Conference & Expo 2016 参加報告
~ATD2016に見るグローバルの人材開発の動向~
2016年5月22日~25日に、米国コロラド州デンバーにて、“ATD ATD 2016 International Conference & Expo(ICE)...
2016/07/06掲載
『パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム』開催レポート
2016年3月18日(金)お茶の水のソラシティカンファレンスセンターにおいて、株式会社ヒューマンバリューは、『パフォーマンス・マネジメント革新フォーラム』を開催...
2016/04/13掲載

関連する記事

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した
いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」を迎えると言われます。現在、働きながら家族の介護を担っている人は全国で約291万人。また、...
2015/02/27掲載注目の記事
人事評価制度の最新実態
~制度の改定や評価関連施策の実施状況、処遇への反映~
評価制度の現状はどうなっているのか、また、運用はどのように行われているのか、企業の課題認識にはどのようなものがあるか――。これらを探るべく、一般財団法人 労務行...
2014/10/22掲載「労政時報」提携記事
人事評価への納得性を高めるための
目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を...
2012/03/19掲載「ビジネスガイド」提携記事
松井証券株式会社
社員の主体性が「人事評価」を決める
昨今は日本的な終身雇用や年功序列などを見直し、個人の能力や成果による評価を重視する企業も少なくない。社員の働く意欲をどのように高め、どう評価するかが今後重要なポ...
2007/02/19掲載となりの人事部
株式会社吉野家ディー・アンド・シー:「店舗が原点」を貫いていく人材戦略
2年前に、アメリカ産牛肉の輸入禁止で、牛丼販売の中断を余儀なくされた吉野家。しかしその後、新メニュー開発を中心に全社一丸となって取り組みを進め、新しい環境へ対応...
2006/03/20掲載となりの人事部
【用語解説 人事辞典】
ゲーミフィケーション
垂直的評価
誰もがイキイキ働き、成果を上げる企業になるために!従業員のヘルスケア特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
ヒトラボジェイピーの働き方改革セミナー TKPの貸会議室ネット

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


グローバル人材育成特集

本特集では、「グローバル人材」の育成に向けヒントとなるインタビュー記事やセミナー・サービスをピックアップ。 貴社のグローバル化推進にお役立てください。



従業員のヘルスケア特集

本特集では、従業員の心と身体の健康管理に役立つ多彩なプログラムをご紹介。これを機に、自社のヘルスケアの取り組みについて見直してみませんか。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...