企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

イベントレポート

【特別企画】新たな学びの場つくりのユニット
『アトリエMALLプロジェクト』を密着取材 <第五回>
[ 取材・レポート ] 周山祐未(アトリエMALL Bチーム「S-park」)(2015/1/28掲載)

『アトリエMALLプロジェクト』は、自ら手を上げて集まった見ず知らずの異業種のメンバーが日常業務から離れ、オープン・コラボレーションの進め方や、ワークショップ型イベントの企画・運営方法を体験的に学びながら、これからの人材育成のあり方を知的に探求することを目指す、越境的な取り組みです。リレーレポート第五回は、プロジェクトメンバーの周山さんからのレポートです。

違った世界のメンバーとの協業を通じて普段とは異なる考えを吸収したい

私が『アトリエMALLプロジェクト』に参加してみたいと最初に思ったきっかけは、非常にシンプルでした。「企業に勤めながら、組織の枠を越境して社会に働きかけるプロジェクトがある」と紹介して頂いたのは7月の初旬。募集要項をみて、「人材育成? 畑違いかしれない」と思いつつも、「組織の枠を超えて集うメンバーと共に」という言葉に妙に惹かれ、応募する事にしました。
私が所属するBチーム(S-park)はメンバー7名。イベントを実施するまでの約4ヵ月間、仕事が終わったあとに集合し、終電まで議論を交わし、イベントの目的や「問い」について話し合いを重ねていきました。当日までに何時間準備につぎ込んだかは今となっては分かりません。ただ、イベントをゼロから作り出すことの難しさを身をもって経験することができたのは確かです。

あなたの仕事を旅行に変える
~仕事に対する新たな視点をみつけよう!~

11月21日(金)19時からの約4時間、「あなたの仕事を旅行に変える~仕事に対する新たな視点をみつけよう!~」というイベントを実施し、約40名の方にご参加いただきました。

<企画概要>

私たちS-parkメンバーの共通意識であった、「何か(自分、組織、社会)を変えたいと考えている人を支援したい。そして、そのきっかけを作りたい」という想い。これをもとに、参加者一人ひとりにとっての日常である「仕事」を、非日常の「旅行」に置き換えることで、普段取り組んでいる仕事に対しての「ネガティブな思い込み」=『仕事のコリ』をほぐすキッカケを得てもらうことがワークショップで目指したゴールでした。

具体的には、「見たことない仕事、見に行こう」をコンセプトに、大人の職業体験を提供している株式会社仕事旅行社様をゲストに迎え、日常の仕事を“非日常の旅行”に変えるエッセンスを教えてもらいながら、グループワークを進めていきました。

<タイムスケジュール>

1.19:00-19:20 オープニング   
2.19:20-19:50 Session1 仕事旅行社における仕事を旅に変えるプロセス   
3.20:00-21:00 Session2 自分の仕事を「仕事旅行」にしてみる(グループワーク、個人ワーク)
4.21:00-21:20 Session3 仕事旅行をグループ内でシェア   
5.21:20-21:30 ラップアップ
6.21:30-    全体での仕事旅行の展覧会

当日は、徹底して「旅」というモチーフにこだわる場つくりを心掛けました。会場の入り口には「搭乗口」の表示を準備し、参加者には受付で参加費の支払いと交換で、自分の名前の入ったパスポートと搭乗券を渡し、ワーク中に小腹が空いた際の食事は機内食をイメージしたトレーで各テーブルに提供するなど、参加者の皆さんにイベントのテーマである「旅行」の世界に入り込んでもらう演出を施しました。実は、こういった小物は夜なべで作成したのですが、こういった演出は第二回審査会の後、「参加者の皆さんの創造性が発揮されるような場づくりをどうするのか」を議論する中で、参加者の皆さんが楽しみながらワークに取り組むためのデザインをチームで考えた結果でした。

パスポート 写真 案内表示 写真 配布資料 写真
オリエンの様子 会場の様子

メンバーの個性を出し合うことで、建設的な議論を重ねることができた

12月9日のMALL全体でのラップアップの場で改めて気づいたことは、4ヵ月のアウトプットとしてでてきたイベントの根幹にある「問い」は、プロジェクトに応募当初の自分自身が抱いていた疑問だったということでした。参加者に対して、『仕事のコリ』をなくしてみませんかと言いながら、自分自身が凝り固まっていたことに気がつきました。

イベント参加者の方から、「『コリ』について考える中で、『コリ』がわかなくなるくらいに仕事だからと割り切っていたことを、こういった遊び心のあるイベントに参加したことで気づけた」との感想をいただきました。「旅」という遊びの要素を入れることで、新しい視点で自分の仕事を客観的に棚卸する企画を作り上げることができたのだと思います。

こういった企画ができたのは、異なるバックグラウンドを持ったメンバーが集まったからに他なりません。これぞ私たちS-parkがチーム名に込めた、「スパーク!」の瞬間でした。S-parkメンバーとの打ち合わせの特徴は、リーダーがいるようでいない、というものでした。そのため、時間は掛かりましたが、各メンバーの個性を出し合うことで、建設的な議論を重ねることができたと思います。そういう意味では、普段の仕事での打ち合わせとは違った議論の仕方を経験できたことが大きな収穫でした。ただ、実のところ、私自身は途中でめげそうになったり、「言うのは簡単だけど、やるのは難しいなぁ」とか、「本当にみんな理解して進めているのかしら? 言いたいことだけ言っているのでは?」などを思うこともありました。それにもう少し自分自身の可能性を広げるために、背伸びをしてでも手を上げたらよかったかな、との後悔が少なからず残っているのも事実です。しかし、何事も始まればいつかは終わりますし、だからこそやると決めたことに関しては走りきる、終わった後に後悔しない行動を一瞬一瞬選択することの重要性を強く感じることができました。自分一人では絶対できなかったイベントでしたし、多くの人に支えながらイベントを作り上げる事ができて、得るものが多い企画でした。このような機会を提供してくれた理事の方々や参加者の皆さんに感謝の気持ちを持つとともに、今後はイベントに参加する受け手側だけではなく、提供側になることでみえてくる世界をもっと体験していきたい、と強く感じることができました。

集合写真
【ワークショップ参加者アンケートの抜粋】
1. あなたにとって、仕事のコリとはなんでしたか
・忙しさゆえの仕事に対するマンネリ化
・他人にどのように見られているのか、という心配
・業界ごとによる、仕事に対する悩み
・辛いと思い込んでいた事。もしくは辛い部分にしか目がいっていなかった
2. パスポートやチケットの配布物はイベントに対してどのような効果があったと思いますか
・雰囲気作り(非日常への入り口へ入りやすい)
・アイスブレイクの一つになった(スタートのワクワク感の演出)
・ワーク中においての使い方は、もう一工夫あるとよかった
3. ご意見・ご感想
・自分の仕事を見つめ直す機会になった(聞かれることによって、客観的になれる)
・モチベーションUPするための研修等に応用できそうなプログラム
・自分の仕事が楽しいと思えた
・時間があっという間に過ぎていった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

イベントレポートのバックナンバー

日本の人事部 HRアカデミー2018 夏期講座
新しい時代、人事に求められる役割とは
―将来に向けた非連続な成長を実現するために―
ITの進展により、企業は大きな環境変化にさらされている。製品のライフサイクルは短くなり、顧客行動がビックデータで解析され、スモールマスという小市場が無数に生まれ...
2018/11/16掲載
日本の人事部 HRアカデミー2018 夏期講座
スターバックスの人材マネジメント
~企業文化をベースとした組織開発への挑戦~
いま多くの企業では、従業員のエンゲージメントをいかに高め、それを維持していくのかが課題となっている。スターバックス コーヒー ジャパンは独自の企業文化をつくり出...
2018/11/16掲載
『健康経営会議2018』開催レポート
2018年8月28日、健康経営会議実行委員会主催の「健康経営会議2018」が開催された。健康経営とは、企業が経営の観点から、戦略的に従業員の健康に投資すること。...
2018/11/06掲載

関連する記事

サントリーホールディングス株式会社:
「やってみなはれ」で次世代リーダーを抜てき
グループの垣根を超えて世界をつなぐ、サントリーの人材育成とは
世界各国のグループ企業は312社・従業員数3万7000人超。真のグローバル企業へと突き進む同社は、いかにして「次代を担う経営人材」を発掘し、育成しているのでしょ...
2018/11/09掲載となりの人事部
若手社員の課題や不安を解決!
いま上司や先輩、そして人事が行うべきキャリアサポートとは
~「2018マイナビ新入社員意識調査」を読み解く~
若手社員は今、どのような悩みを抱えていて、どのようなキャリアを歩んでいきたいと考えているのでしょうか――。株式会社マイナビでは毎年4月に、同社の新入社員研修の受...
2018/07/24掲載注目の記事
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
社員同士がSNS形式でアドバイスし合い、社内大学で教育し合う仕組みを構築。人の関わりが孤独感を消し去り、成長を促す
三和建設は2017年3月に、建設業界で初めて「日本でいちばんにしたい会社」大賞の審査員会特別賞を受賞しました。同社では社員の誰もが書き込んで意見交換ができるSN...
2018/07/17掲載編集部注目レポート
ATD 2018 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~
2018年5月6日~9日に、米国カリフォルニア州サンディエゴにて、「ATD 2018 International Conference & Expo(ICE)」...
2018/07/12掲載イベントレポート
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 高尾の森わくわくビレッジ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...