企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【監督行政が“ブラック企業”対策強化】
今こそ確認しておくべき、長時間労働者の「健康管理」の実務

労働衛生コンサルタント

村木 宏吉

2 長時間労働者に対する健康管理のチェックポイント

(1)労災補償の対象となる疾病

労災補償の対象となる疾病は、次の通りです。

【1】脳血管疾患
ア 脳内出血(脳出血)
イ くも膜下出血
ウ 脳梗塞
エ 高血圧性脳症

【2】虚血性心疾患等
ア 心筋梗塞
イ 狭心症
ウ 心停止(心臓性突然死を含む)
エ 解離性大動脈瘤

(2)脳・心臓疾患の発症要因

上記疾病の発症要因(リスクファクター)は、高血圧、高血糖値(糖尿病)、高コレステロール値(高脂血症)と肥満です。これらは、定期健康診断において把握することができます。

脳・心臓疾患の発症要因_今こそ確認しておくべき、長時間労働者の「健康管理」の実務

定期健康診断において、“所見あり”との判定を受けた労働者を「有所見者」といい、受診者に占める有所見者の割合を「有所見率」といいます。1994、1995年頃には34%ほどであった有所見率(全国平均)は、増加の一途をたどり、2007年には50%を超えました。

このため、2008年度を初年度とする第11次労働災害防止計画においては、死傷災害の減少に加え、第3の目標として「有所見率の増加傾向に歯止め を掛け、減少に転じさせる」との目標が追加されました。2013年度を初年度とする第12次労働災害防止計画ではこの目標は削除されましたが、2012年 の定期健康診断の有所見率は52.7%(同)です。

(3)健康診断実施は事業主の義務

雇入れ時の健康診断と定期健康診断は、事業主(企業)に実施義務が課せられています。実施義務がある以上、その費用も事業主負担です。

健康診断について、労働安全衛生法上、事業主は次の7つの実施義務を課せられています。

[1]健康診断の実施(労働安全衛生法66条)
[2]健康診断の結果の記録(同66条の3)
[3]医師等からの意見聴取(同66条の4)
[4]実施後の措置(同66条の5)
[5]健康診断の結果の通知(同66条の6)
[6]保健指導等(同66条の7)
[7]面接指導等(同66条の8)

これらの条文のほとんどに罰則があり、罰金の額は10~数十万円ですが、安全配慮義務違反をめぐる民事訴訟で億単位の賠償判決が出ている現状を、また、これらを実施する大前提に健康診断を実施したかどうかがあることを考えなければなりません。

(4)健康診断データの入手

近年、健康診断を実施する診療機関が、そのデータを実施主体(依頼主)である企業に提出せず、労働者の自宅に送ったり「親展」文書で会社に送ってきたりして、健康診断結果の把握に苦慮している企業が多いようですが、困難だからと言ってそのまま放置してはなりません。

健康診断データの入手_今こそ確認しておくべき、長時間労働者の「健康管理」の実務

労働安全衛生法66条5項において、「労働者は、前各項の規定により事業者が行なう健康診断を受けなければならない。ただし、事業者の指定した医師 又は歯科医師が行なう健康診断を受けることを希望しない場合において、他の医師又は歯科医師の行なうこれらの規定による健康診断に相当する健康診断を受 け、その結果を証明する書面を事業者に提出したときは、この限りでない」と規定し、労働者の受診義務を明文化しています。就業規則や安全衛生管理規程にこ のことを規定しておくべきでしょう。

そのうえで、診療機関から個人別データを入手するために、労働者全員から「会社が健康診断結果を直接入手することに同意する」旨の同意書を得ておく必要があります。これさえ示せば、診療機関は安心してデータを提供してくれます。

(5)保健指導と面接指導

労働安全衛生法において、保健指導と面接指導が、事業主の行うべき事項として定められています。

【1】保健指導

事業者は、定期健康診断(労働者が受診した場合を含む)等の結果、特に健康の保持に努める必要があると認める労働者に対し、医師または保健師による保健指導を行うように努めなければなりません(労働安全衛生法66条の7)。

健康診断の結果に基づき、健康管理上必要な指導を行い、生活習慣や運動習慣の改善に努めるということです。

【2】面接指導

長時間労働に関係するのはこちらです。直近1ヵ月に100時間を超える時間外労働行った労働者から申出があった場合には、事業者は、医師による面接指導を行わなければならないというものです(同66条の8第1項、労働安全衛生規則52条の2)。

労働者から申出がなければ実施する必要はないと考えることもできですが、産業医は、対象労働者に対して、「申出を行うよう勧奨することができる」と されています(同52条の3)。また、労働者からの申出を待つよりも、企業側から受診を働きかける姿勢が望ましいところです。面接指導の項目は、次の通り です(同52条の4)。

ア 当該労働者の勤務の状況
イ 当該労働者の疲労の蓄積の状況
ウ 前号に掲げるもののほか、当該労働者の心身の状況

保健指導にせよ面接指導にせよ、実施後には記録を作成し、5年間保存しておく必要があります。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載
今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載
悪質クレームに対応する従業員ケアの必要性と対策
年々増加する不当クレーム・悪質クレーマーから従業員を守るにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、クレーム対応の考え方や、体制整備の進め方について解説します。
2020/01/17掲載

関連する記事

カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート
待ったなしのハラスメント対策 防止と早期解決に役立つおすすめサービスと選び方
2020年6月から、いわゆる「パワハラ防止法」が施行され、企業には雇用上必要な措置を講じることが義務付けられます。職場におけるハラスメントは企業の組織風土を悪化...
2020/03/03掲載人事支援サービスの傾向と選び方
ハラスメントのないクリーンな職場への第一歩
管理職が自らのコミュニケーションを客観視する
管理職教育用Web適性検査「パワハラ振り返りシート」導入の手応え
パワーハラスメント対策の難しさは、当事者にその意識がなくても結果的にハラスメントになってしまうケースが多いことにあります。そこで注目されるのが、管理職がパワハラ...
2019/11/29掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(前編)
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?(後編)
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載人事マネジメント解体新書

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

東京都が運営するサテライトオフィスがOPEN

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

半導体の試験装置(テスター)を開発・生産し、世界中の顧客企業へ技術、商...